工房いちか、2018年夏

終電を送り出した首里駅で、モノレールを降りた小さな影がゴロゴロと、身長と同じぐらい大きな旅行鞄を引きずって大嶺方向に首里の坂道を上る。
「沖縄のほうが東京より涼しいって、詐欺だよねえ」
しみじみと言いながら、猫耳尻尾付きの仙人、いちかはハンチング帽を被り直した。
「……オマケに当日台風直撃ってなによ? 東京と沖縄がひっくりかえってるっての……まあ、それでもギリ在庫が全部捌けてくれたから良かったー」
珍しくブツブツと言いながら歩く。
沖縄は数時間前に突然の土砂降りが続き晴れ上がった夜空の低いところを月がのんびり浮いている。
「……しかし、そろそろ旧盆かぁ。えーと25日からだっけ? 今年も旅士っち帰ってこないからあたしが仏壇担当なのよねえ……仙人なんだけどなあ」
途中、いちかはコンビニに入って昨今流行りのストロングなアルコール飲料を購入した。
「いやー、地元はいちいち身分証出さなくていいから楽だねー」
そんなことが口から出る。
「ありがとうございます」
の声を背に受けて、いちかはのんびり歩きながら最初の一本を開けた。
「久々に……疾(ジェイ)!」
ストロングな飲み物を片手に、空いた手の指を一本立ててひゅん、と振ると、彼女の引きずっていたキャスター付きの旅行鞄はぱっと輝き、コロコロと勝手に動き始めた。
「いやー、あたしって天才!」
そう言ってひょいと鞄の上に飛び乗ると、いちかは細い脚を組んで月を見上げつつアルコールをちびちびと干していく。
のんびりした速度で、鞄は人も車も絶えた首里の道を上っていく。
「いー月だぁねえ……あ、そうだスマホスマホ、メールチェックしなくちゃ」
慌てていちかはオールオーバーの胸ポケットからスマートフォンを取りだして操作した。
「うあ、結構来てるなー、ご新規の人からも感想メールが来てる……」
そう呟いて、いちかは嬉しそうに目を細めた。
「有り難いねえ……ありがたい、ありがたい」
ひょいと月を見上げる。
「さて、工房いちか、明日っからまた頑張るとしますかねえ」
そう言って、いちかはくいっと手にしたストロングなテイストのアルコール飲料をくいっと飲んだ。
「そういえば、騎央君とエリスたち、どうしてるかねえ……」
しみじみと、いちかは勝手に移動していく旅行鞄の上、明るく輝く月に向かって問いかけたが、答えが返ってくるはずもない。

雨が止んだら、防水作業なのね

この前の台風の後の大雨でうちの部屋の下の住人さんから「雨漏りがする」ということで調査が入り、原因はうちのベランダにあると判明。
正確にはベランダ側の壁。言われて見れば確かに亀裂が入ってます。
安くて広い所ですが築三十年以上、真面目に作ってある建物でも、沖縄は塩害が酷いのでこういうこともままあります。
で、亀裂が入ってるだけではなくコンクリ自体が膨らんでそこから水が入ってくる模様。
下の住人さんにも悪いので「さっさと工事して下さい」ということで今日工事前の調査が来ました。
……結果。
9月早々に工事になります。
単なる防水じゃなく、膨らんだコンクリ壁を「はつり」作業で崩し、コンクリ塗り直しで2,3日。
その後プライマー塗布×3回&防水加工×3回。
短くても1週間は作業するとのこと。
なお塗装作業の一種なので雨が降ったら延長戦。
最初の「はつり」作業とコンクリ塗り直し以外は1日数時間だそうですが……
これからバリバリ仕事するぞー!という時にホントに間の悪い……
それ以前に作業する人たちが通れるように部屋を片付けにゃならんのですが。

覚えてるつもりで……

10代から20代の終わりまで、とにかく映画を観まくっていた時期がありました。
丁度時代がβ、VHS戦争の末期のころ。
我が家の経済事情は高校卒業まで、ビデオデッキを買う程ではなかったのですが、それでも何とか大学に入るあたりから自力でVHSビデオデッキ(中古)を購入して以後、録画王とか色々買い変えつつ、片っ端から映画を借りてくる日々でした。
当時まだTSUTAYAはなく、沖縄では九州地方で最もチェーン店を展開していたBOOKBOXという書店とレンタルビデオの店が最大規模の勢力を誇り、山のような新作旧作のビデオがフル回転で押し寄せてきていました。
今と違い、一泊二日380円が「安い!」と驚かれる時代。何とかバイト代をやりくりして映画を観まくりました。
そうなるとガイドが必要です。当時映画雑誌はもちろんですが映画の本も多く出ていました。
最初にガイドにしたのは当時まだ連載されていた双葉十三郞先生の「僕の採点表」、そこから小林信彦先生のエッセイ。さらにそこから装丁の和田誠さんの「お楽しみはこれからだ」シリーズへ。さらにあちこちから出ていたビデオ雑誌や映像系、娯楽系雑誌に載っている映画の豆知識を一生懸命詰め込んでおりました。
台詞回しやストーリーの基礎の基礎をそこで学んでいたと思います。
で、そこで得た知識は確定しているモノだと思い込んでおりました。
ソビエト映画「戦争と平和」ではラストの大戦闘シーンでロケットを撮影に使っている、というのもそこで得たモノです。
で、その後「戦争と平和」をみる機会があり、ちゃんと確認した……筈なんですが。
何処の場面で使ったかを完全に記憶違いしておりました。

途中の3分45秒ぐらいに始まる砲弾視点のシーンだとばっかり思い込んでおりまして。
で、まあTwitterでこの話題が出たとき、意気揚々と書き込みまして。
暫くやりとりをしたあと、記憶の端っこに違和感を感じて最後まで見ると……実際には5分10秒あたりから始まる場面がそれだとようやく思い出しました。
いろんな人が「若い頃に得た知識は確定していると思い込みがちで」と書いたモノを読んでいるにもかかわらず……小林信彦先生でさえ「今は当時の資料とノート、日記を読み返す」と書かれる程なのに。
知識の基本は記憶ですが、それをどこかに出力するなら、事実確認を怠ってはダメですねえ。
色々反省しております。

日米ダクトテープ格差

アメリカ映画で、ドラマで「万能ツール」として使われるモノの筆頭は「ダクトテープ」だと思います。
あの銀色のダクトテープは時に破れたスタジャンの補修に使われ、時にマシンガンの弾倉を上下に結びつけて素早い弾倉交換を可能にし、時に貧乏人の車のバンパーを本体につなぎ止め、時にガーゼやタオルと共に傷口を塞いだりもします。
日本でもダクトテープは売ってますが、どうもアメリカの製品とは違って粘着力が弱く、丈夫でもなく、すぐ剥がれてしまい穴が開きます。
これなら同じ値段の布テープのほうが……と思ってたらどうやらアメリカで売られているものと日本で売られてるモノは根本的に違うようで……。
というのも知り合いにペイントボール(特にスピードボールというテニスコートぐらいの大きさのフィールドにバルーンで出来た障害物を使って左右から走り込みつつ打ち合う激しい動きのほう)をやってる人がいまして。
普通のサバゲーと違ってどちらかというとスカッシュとかラクロスみたいに走りまわり、スライディングをかましまくるので、ズボンの膝の部分が破れ、同じチームの海兵隊員(現役)からダクトテープを少々貰ってその穴を塞ぐことにしたそうで。
一試合全力でテニスコート二面分を走りまわるので、恐らく一試合か二試合(1試合10分以内に決着が付くので)保ってくれればと思ったらなんだかんだでその日10数回の試合をこなし、破れも剥がれもしなかったそうで。
で、基地の外のDIYでダクトテープを買ったら「別物だ」と気付いたそうで。
実際同じ番号で検索をかけてみると、アメリカAmazonと日本のAmazonでこんなにも値段が違います。
私もその人もビックリしました。
どういう理由かは知りませんがアメリカで売られてる9ドル弱の品物が日本に来ると5000円近い値段になるのです(※こちらは並行輸入品で、Amazon純正だと少し安くて3255円……それでも三倍ですが)。
日米ダクトテープ格差といいたくなる話です。
今度この高いダクトテープを手に入れてどれくらい凄いのか私もちょっと試してみたいと思っています。

マラソン最後の10メートル、梯子最後の三段目

「なんで今さらこの季節に70年前の戦争の話をするんだ、もういいじゃないか」という話がTwitterで流れてきて首を捻ってしまいました。
70年前に戦争は終わったけど、歴史は続いているので毎年この時期に戦争特集があるのは当たり前だろうと思ってました。
そりゃ敗戦したという事実は不愉快でしょうし、何度も繰り返して聞かさなくても、と思っていても、同じことを何度言えばいいんだ、耳にタコができた、もう飽きた、といったあたりからが本当に危ない。
マラソンは最後の10メートル、梯子は最後の三段目。車の免許は10年越えてからが危ない、慣れきった、もう理解した、と意識することなく「全て日常になったときが危ない」とよく学生時代バイト先の役所の職員の人が言ってました。
それに「知らない」で生まれてくる人たちに教える、ということも重要です。
私らは教育することで歴史記憶を受け継いで知恵を技術を研鑽し、蓄積し繁栄してきた種族であると同時に、すぐに忘れる動物でもあることを忘れてはいかんよなーと思います。

来る9月7日「カミカゼの邦」が文庫になります!

神野オキナの「カミカゼの邦」が文庫になります!文庫化に際し獅子猿先生を表紙に迎え、読楽」に掲載された前日譚「スウィッチブレード」も収録!さらに細谷正充先生の解説に加え、中国ファンタジー小説の傑作「僕僕先生」の仁木英之先生から解説を新たに頂きました。とてつもない読み応えとなり、徳間文庫より9月7日発売!

神野 オキナさんの投稿 2018年8月12日日曜日

神野オキナの「カミカゼの邦」が文庫になります!
単行本を買い支えてくださった方々のお陰で、文庫化に際し獅子猿先生を表紙にお迎えし、「読楽」に掲載された前日譚「スウィッチブレード」も収録!さらに細谷正充先生の解説に加え、中国ファンタジー小説の傑作「僕僕先生」の仁木英之先生から解説を新たに頂きました。
単行本も上下段組みで400ページでしたが、それ以上のとてつもない読み応えとなって、徳間文庫から9月7日発売です!
お値段少々高めになると思いますが、何卒よろしくお願いいたします!

高名なアニメの監督さんが亡くなって

その人はこういう感じでこだわりの鬼で、気まぐれで、あらゆる意味で美しいモノを生み出す為には何でもする、怪物のようなクリエイターでしたよ、という周囲に居た人のインタビュー記事を読みました。
あの名作の裏にはこういうおっかないコトがあり、彼はこういう風にして時に作品の為に人を潰し、ストレスの塊にさせ、さらに自殺願望やらなにやらに巻きこんだ、という話。
これを読んで大抵の人が感じるのは「あんな名作を作る人が、なんて酷い人だったのか」だと思います。
ですが私は何よりも「楽しいモノの本質の中に必ず含有されるものは冷酷であり、美しいモノの本質に必ず含有されるモノは残酷である」という事実を思うのです。
その本質に果てしなく近づけば近づく程、人はどうなるか、と。
こう思うようになった理由は、十年程昔、とある映画監督が今は亡い映像系雑誌で初監督の時に書いた文章でした。
今手元に雑誌がないので大意ですが、「監督とは最終的に脚本の内容やカメラの位置、照明の配置から役者の演技、仕出し弁当の中身まで全てを【決め】それ以外を【切り捨て、次の瞬間忘れ去る】仕事なのだ、尋常じゃつとまらない」と。
同じ様に私のような小説屋を含めた個人で物作りをする人間や、映像関係の監督は「決断する人」であり、「決断し続ける」ことはやっぱ一種の狂気の沙汰である部分もあり、集団作業であればあるだけそれは尋常じゃない所へ踏み込んで行くんだろうなあと某監督の話を読みながら思い、それすらも自身の装飾品にする語り手に人外のものを感じました……が、同時に出版も含めた興業の世界には人外の「ヒト」がいなければ成り立たない、これまた尋常ではない部分がどうしても存在するのは事実なのです。
もともと娯楽なんてモノは先代古今亭志ん生が言ったとおり「あっても無くっても、どころか、無くっても、無くっても一行に構わない代物」なのです。
それで生きていくというのは実は尋常のことの外に出る必要があるわけです。
「なぜ、そんな話(あるいはモノ)を書くのか(作るのか)」最後に決めるのは自分です。
物作りで生きていくということは常にその選択を繰り返し、プラスにせよマイナスにせよ、その報酬を受け取り続けるという意味でもあります。
いや、実はどんな仕事に就いていても、荒野の果てにひとりぼっちで生活していても選択はし続けねばならないのでしょう。
……世間がコミケで沸く中、なんかちょっとそういうしんみりしたことを考えておりました。

DCのヒーロー番組「フラッシュ」シーズン4を見ております

シーズン4ということはもう4年も続いてるんですな。
これぐらい長く続くとキャラクターの成長や因縁が本物になってくるんで凄いなーと。
個人的には今回、初登場したメタヒューマンの探偵、ラルフ・ディブニーがいいキャラになっておりました。
当初は調子のいい、趣味の悪いジョーク連打するだけが特徴の、アカン元刑事のロクデナシ、と思ってたら、実は「DC世界第二位の探偵(第一位は当然ゴッサムシティのコウモリなので)」エロンゲイテッドマンだと知って驚きましたが(笑)
ヒーロー稼業をはじめた当初は仲間たちからも冷遇されてて、スーツもこんな感じでスが……

次第にヒーローになっていき、なぜつまらないジョークを停められないのか、その捻くれたモノの見方はどこから来たのか、というのをちょっとコメディタッチ強めで描いていくというのが今回のフラッシュの中ではいい感じの息抜きキャラになってて楽しいです。
CW製作のDCヒーロー番組お馴染みのクロスオーバー作品は4作品まとめて3時間以上もあるもので相手が時空を越えてやって来たナチスということで随分お気楽になってはおりましたが、そこに出てこなかったのは残念です(訓練中だったので刑事のジョーたち夫婦と共に護衛も兼ねて避難させていた、という説明はあとでありましたが)。

偉いモン、貰ってしまいました……(下)

で、アドベンさんの銃はそれはそれで「デカイ、分厚い、確かにレプリカントも一撃!」と思うんですがやはりちょっと大きめ……というところで、高級モデルガンメーカーのハートフォードさんがデッカードブラスターを出す、ってんで驚きました。
確かにアドベンさんのブラスター、トリガーは動きますがそれは「動くだけ」であって、中に何かメカが内蔵されて動くために、ではないのでちょっと寂しい思いをしてたんですね。
その頃にはなんとか仕事も回り始めていたので「何とか購入しよう!」と思ってたんですが……どういうわけか最初に買い損ねて以来、とんとご縁がありませんでした。
で、東京に行った時、たまたま入ったガンショップで売られていたのが短銃身、スナブノーズバージョン。
「これはこれで!」と購入して愛でておりました。

(写真はハートフォードさんのホームページより)
そしてとうとう、「完璧版」が出る、なぜならチャーターアームズのブルドッグのモデルガンを内蔵出来るようになったから! ということで喜び勇んで購入したのが「高木式爆砕拳銃」ことエルフィンナイツ版デッカードブラスターでした。
もうね、嬉しかったですよ。
購入出来ないだろうなあと思っていたら大阪の榊一郎先生から不意に電話がかかってきて「今、行き付けのモデルガン屋さんにいるんですが一挺あるんですよ? ジェラルミンケースとかに入ってないですが要りますか?」と言われて二つ返事で代理購入をお願いしたのがこれ。

 

約30年以上憧れていた「本物」が来たんだー!とニヤニヤしながら握ってました。
その後より勝るとも劣らない完璧さを誇る「留之介ブラスター」も発売されましたが「私はこれでいい」と思いました……もっとも私生活ではそれどころではなく、父が倒れ、色々物入りになってしまったので、他のブラスターたち共々、この高木式も結局手放すしかなかったのが一昨年の話。
去年「ブレードランナー2049」も公開され、きっと高木式も再生産……と思ったのですが、この前とある所で「神野さんは高木式お持ちですか?」と言われ「いや、残念ながら……」と正直に事情を話したところ……数週間後に来てしまいました。


ジェラルミンケースに入ってます!
開けると中には……
……ということはなく(※上の写真はこのジェラルミンケースに同梱されていたモノです)、
 高木式爆砕拳銃が!
いやもう、来て数日になりますが、毎日取りだしては眺め、眺めては箱を閉め、箱を開けては眺め、握りしめ構え、の繰り返しです。
素晴らしい。本当に素晴らしい。
送ってくださった方には本当に御礼の言いようもありません。
こういう運を大事に次の作品でも頑張ろうと思っています!

なおエルフィンナイツには他にも色々と素敵なアイテムがいっぱいです。
WF会場などで一度訪れてみては如何でしょうか?

エルフィンナイツホームページ

個人的には、次にこのディフォルメ爆砕拳銃が欲しくて貯まりません。

(※画像はエルフィンナイツさんのホームページより)

偉いモン、貰ってしまいました……(上)

「ブレードランナー」という、80年代のSFのビジョンに決定的な変更を加えたエポックメイキングな作品があります。
フィリップ・K・ディックの小説「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」を原案に、「薄汚れて退廃した、キラキラしていない未来」を当時若手だったリドリー・スコットが見事に工業デザイナー、シド・ミードの協力によって具現化し、その中で古めかしいとさえ言えるフィルム・ノワールなストーリーを展開させ、最後の最後にひっくり返し、そして……というこの強弱のインパクトに私たちの世代はすっかり魅せられました。
で、何もかもリドリー・スコットとシド・ミードのコンビで生み出された「ブレードランナー」の中で、唯一、そうではない重要な小道具があります。
強力なレプリカントと呼ばれる人造人間を倒す為に作られたという設定の「ブラスター」。シド・ミードがデザインしたのは「高密度のエネルギー体を発射する」という「装置」で口の悪いファンから「まるでドライヤー」のようだ、と言われるものでしたが、リドリー・スコット監督はこれを「違う」として銃の小道具の専門家に即席で作らせたモノを使用しました。
世に言う「デッカード・ブラスター」と呼ばれるそれはステアー社ライフルの機関部と安物の「サタデーナイトスペシャル」と呼ばれながらその堅牢さで愛されたチャーターアームズのリボルバーを内臓し、さらにゴテゴテとならない、スッキリした「未来の銃器」としての美しさを持っていました。
そしてシド・ミードの工業デザイナーとしての魅力の集大成とも言えるポリススピナーと並んでファンの心をガッチリ掴むアイテムとなったのです。
が、銃が主役の作品では無いので、殆ど資料がなく、国内において、劇場で「恐らくステアー社のライフルの機関部を使ってる」と真っ先に見抜いたのは亡くなられたイラストレーターの明日蘭さんことイラコバさん(小林弘隆)だとか。
CS、ディスカバリーチャンネルの人気番組「あやしい伝説」のアダム・サヴェッジ氏は子供の頃に見たこのブラスターを何とか自作しようと四苦八苦してるのを自身のホームページで公開してたぐらいです。
で、当然日本でも色々出ました。「ダンクーガ」で獣戦機隊の持ってる銃とか、モロに影響を受けたデザインのモノもあります。
一番最初にこれを立体化した国内メーカーはアドベンさんでしょう。
元々塗料と素材を扱うメーカーさんでしたが、銃の無可動ガレージキットも出しておりまして。その中のヒット作のひとつがこの「ブレードランナーブラスター」でした。
私もWFに通い始めたあたりで一挺完成品を購入したことがあります。
とっても大事にしていたものを手放すらしく、それに見合ったいい出来の作品でした。
確かスニーカーの箱にちゃんとスポンジを切って埋め込まれてましたっけ。
ですが、当然情報があまりない時代のこと、シルエットは似ていましたが、さて大きさや厚みに関しては「?」がつく代物ではありました。(続く)