まあ、つらつらと

アメリカじゃ「来年の四月にはナントか社会は元に戻るんじゃないの」という予想を立てて動き始めているそうで。
恐らく日本は来年の夏手前ぐらいなんでしょうな。
ワクチンの摂取率もうなぎ登りで、まずは安心……なんですが、政府に感謝しましょう、という人が出始めてて首を捻っております。

個人的には、ですが政治家や政府には感謝するのではなく正しく評価する、が一番だと思っています。
感謝というのは現場で頑張ってる人たちには当たり前ですが、政治家や政府というものは、感謝という感情移入をしてしまうと判断を誤る相手だからです。
しかも「感謝」の中には「崇拝」という要素も入っていて危険です。
崇拝するのは神様扱いをするわけで、人は神様に対しては多生の理不尽やミスを受け入れてしまいがちです。
そもそも相手は人です。
おかしな話ではないですか。
それは評価できない相手になるということです。
というわけで直接に会ったことも無く、巨大な権力を与えている相手に対して、感情移入は危険だと思います。
悪口を言え、という意味ではありません。正しくその場その場の判断や決断を評価すべき、ということですね。
ワクチンを手配したことは正しい、それを色々と拡充させていったことも正しい。でも、感染対策を歌いながらオリンピックやパラリンピックを開き、子供たちを見学に行かせたりするのは正しくないと思います。
同じ様に出歩くなといいながら経済を心配するくせに、社会保障は後手後手で、未だに約束したのに支払われていないお金や、あまつさえ「なかったこと」にされるお金が出ていることに対して対策が及んでいないのは良くない。
人々に出歩くなと言いつつ、観光客を乗せて飛ぶ交通機関を規制しない……これも保障せねばならないからでしょうが、だとしたら命とお金とどっちが大事なのか、と。
「稼げる大学」なるものにいたっては「いま、この瞬間金が稼げるものと確定しているもの以外いらない」という学問というものが何故幅広く存在しているかを全否定するような愚策だと思っています。
政府は集団です、政治家も一人だけで何か出来るシステムを我が国は持ってません。正しく評価するのが政治家と政府に対する礼儀だろうと思っています。

ワクチン二回目から1週間

幸か不幸か運動不足のデブゆえか、副反応は1日経った後、38度の熱がちょろっと出てカロナールで下げた以外、何事もなく。ただ外に出られない鬱憤が食欲に向いてデブっただけというコントみたいなオチになりました。

あと一週間でとりあえず抗体は出来ているはずなんで、不織布マスクとうがい手洗いを忘れないように春までは用心しながら、でしょうかね。
12月の沖縄コミコンが無事に開けるぐらい、ワクチン接種が進むといいんですが。

オリンピックはやはり中断すべきだと思います。

招致されたときから、反対しておりました。出来れば落選して欲しいとも思っていました。

結局、ごりごりと全てが進み、開会式が開かれ、協議が始まりましたが、その横で感染者はがうなぎ登りでついには警護の警官の人たちにもCVID-19の感染者が出ました。

https://nordot.app/791565254840451072

私はやはり、今からでも中断中止もしくは再延期した方がいいと思います。オリンピック。

どう考えてもこの先に選手と現場関係者の健康危険の可能性が高すぎる。

競技場の外だろうが中だろうが入ってくる病原体という危険によって、発症し、重篤化し、結果、人生変わってしまうのは良くない。またそれが自分の知り合いや自分たちの身にも降りかかるかも知れない。

もちろん、かからないかもしれません。


ロシアンルーレット、というものがあります。
弾を入れたリボルバーを頭に向けて次々引き金を引いて誰かが弾を喰らって死ぬまでやる、という映画や漫画、小説ではお馴染みの「死のゲーム」ですが、今の状況はまさにそれを誰もがやっている状態です。しかも何連発の銃かも、何発弾が入っているかも判らない状態で。

間違いなくその引き金を引く回数を、毎日、選手や現場関係者にとってドンドン上げていく行為だと思います。

ここは上の人たちの英断をお願いしたい。

東京オリンピックは今からでも中止したほうがいいです。

「もう引くに引けない」で80年近く前にやらかしたことを、二度はやらないで欲しいです。

「引くに引けない」の結果が今の私の住む地元における最大の問題で、それも今だ解決出来ないのに、それを世界の、それぞれの国の至宝である選手や、善意で手伝ってくれているボランティアの人たち、警護の警官、無邪気に選手を応援しに来た観客に背負い込ませることは、良くない事だと思います。

取り返しの付かないことになる前に。どうか。と思います。

「塔を行く者」電書版全編

「塔を行く者」の全編をここに公開します!

https://choiyomi.info/cyapp/?author=9602&record=1119&index=0

上のURLをクリックすれば、「ちょい読み」システムで本編が始まります。
システムの操作方法は下記の画像を参照して下さい。


塔を行く者と自主流通本のこれからについて

ご無沙汰しております。
以前ご報告しました自主流通本「塔を行く者」ですが、初版全100冊、ほぼ無事に興味を持ってもらっていただける方たちの下へ、これから自主流通本にご協力願いした方、あるいはご興味を持っていただける方のところへと送り出されました。

この出版不況から来る混乱、そして「なろう小説」の大隆盛によって、営業と流通がこれに頼ってしまわざるをえない状況が続き、私らのような中堅どころはなかなか冒険できなくなってきた昨今のライトノベル&ヤングアダルト、ジュブナイル業界において、何ができるか、と考えた末にたどり着いたのが「ではまず作家が本を作って売って、その実績を重ねて編集部が営業や流通さんを説得させやすい状況を作ろう」というものでした。
幸か不幸か、そこへ今回のコロナ禍による文化庁さんの支援を受けられる状況があり、さらにこちらは、まちがいなく幸運にも協力していただける様々な方々を得て、100冊の無償配布本が完成した訳です。
この100冊でもうけようという気はありません、試算してみましたが、千部単位を売り尽くして、ようやく費用を回収し、食べ放題の焼き肉に数人を誘えるかどうかという程度のものにしかなりません。まして紙の本ともなれば、管理費用がさらにかかります。
商業出版がこの国に大きく存在するのにはちゃと理由があるのだなーと改めて思いました。
それでもなぜ、これをやるのかといえば、業界全体に対する投資、というのが私の考えです。これから先、自分が物語を書いて食べていくために、必要な投資だと考えています。
とはいえ、次回からはお代を頂戴しての作品となるので、ますます気を抜かず、頑張っていきたいと思います。

次回作がどうなるかはまだ未定ですが、決まり次第、またTwitterやこのページでご報告したいと思っております。

それではみなさま今回はこれにて失礼します。

「塔を行くもの」続報

来月、2021年5月半ば、令和二年度の文化芸術活動の継続支援事業補助金により、こういう作品を限定100冊無償配付します。 協力いただける書店さん、流通さんなどありましたらお声掛けください。 書き下ろしファンタジー小説です。