那覇市の模型屋さん「みぶろやさん」への行き方

というわけで電動スタビライザーを導入しました。
これです

上下振動はさすがに完全吸収とは行きませんが、お値段以上の優れものだと思います。

那覇市は一時模型屋さんが壊滅状態にあったんですが、今は何軒か復活しております。
そのうち一軒「みぶろやさん」への道順。
国際通りに面したいい立地なのですが今ひとつわかりにくいらしいので。

今見返すとすぐ右手にある階段を降りたほうがわかりやすかったなーと思いますがそれはまた次の動画で、ということで一つ。

みぶろやさんホームページはこちら→http://www.mibro83.jp/

昭和までのデマ

インターネット時代で一番有り難いのは確かな情報源を確保した人と知り合いになれることです。
私の知り合いの中で特撮ドラマに関しては、漫画家の蒼沼シズマ(こしじまかずとも)先生に勝る知識と情報を持っている人はいません。
この前も、「ザ・カゲスター」に関して長年「?」のついていた情報に関して正しい応えを頂きました。

実を言うと、私にはこの手の「間違った噂話」や「歪んだ豆知識」が結構昭和の時代に蓄えられている部分があって、暇を見つけては最近、インターネットで尋ねたり調べたりして情報を更新しております。
なんでこんなことになるのか?
昭和が終わるまで、沖縄と本土は(移動にかかる金銭的な意味でも)遠かったので、情報が半年遅れたり、本土に行き来出来る人の都合のいいようにオモシロおかしく歪められたり、というのはザラでした。SF大会やコミケに毎年行くだけなのに「私は○○社の編集さんと仲がいいから作品を見て貰った、すぐにでもデビュー出来る」と10年ぐらい言い続けて、最後は友だちのお金を盗んで消えちゃったひともいました。
彼もしくは彼女らの言うことが全て嘘だったわけではありませんが、彼ら自身も本土で根も葉もない噂や嘘を教え込まれて、それを事実だと思って戻ってきた、なんてことはあったと思います。で、そのデッドコピーのコピー知識を私が持ってる、ということも多々あるわけで。
そういえば最初のエヴァンゲリオン劇場版のとき「本当はあの作品はあと90分ある。庵野監督の完璧主義で完成後にカットしてしまうことになった。自分はその完全版のビデオを専攻で見せて貰い、ダビングして持っている」という人がいたので、毎週のように彼の所へ通い「どう?」と尋ねた所、三回目か四回目で、適当に携帯電話を開いて嘘の電話をかけるフリをし「テープが絡まって駄目になった」と言いわけした人もいました……まさか毎週数十キロ離れた所からやってくるバカだとは思わなかったんでしょう。素直に「いやあれジョークだよ」と笑ってごまかせなかったところがその人の純情さというか、愛嬌だったのかも知れません。
それとは逆に、インターネットの中で「なかったこと」にされる情報もあります。
昭和の時代、藤岡弘は仮面ライダーの話はNGで(事務所の方針か、本人のかは不明)それ故に各種ムックに彼のインタビューは載ってなかったとか、1stガンダムのブームは女性がメインで引っ張っていたとか、セーラームーンは放送当時ちゃんと対象である低年齢層の女性児童に絶大な人気を得ていた、とか。
まあ、話を歪めるのは大抵「そのほうが今目の前に居る観客に受けがいい」ということなんで、悪意はないんでしょうが、同時に善意もない話で、そこはちゃんと修正して記憶、ないし記録に留めておきたいところですね。

6月に上京してました

色々ありまして、緊急で東京に上がっておりました。
まあ、ついでだからということで色々撮影してみましたがやっぱ色々難しいですね。
これを気に電動スタビライザーを導入することにしました。

ちなみに購入したのはこれです。次からの動画で活躍して……くれるかな?

牧志第一公設市場が建て直しになります

那覇市民じゃないとピンと来ないと思いますが、牧志第一公設市場が半世紀以上に及ぶ営業を一旦終了し、現在の建物を取り壊して立て直すことになりました。
で、営業終了二日前に、ふと思い立って撮影してくることにしました。
以前はJALホテル裏に住んでいたこともあり、また祖母が周辺ではたらいていた上に母方の本家もあったので、公設市場は庭の一部みたいなものでした。
子供の頃は偉く広く感じたものの、今となっては狭いのがわかりますし、建物も老朽化してますから、仕方ないんでしょうね。
動画でもあるように、ここへは00年の沖縄コミケスペシャルの時に来られた方々と一緒にお食事をして「沖縄の何処がユニークなのか」を教えて貰い、ここを拾って書けばいいのか!と気付いて「南国戦隊シュレイオー」が生まれ、最初のヒット作にしてアニメ化もされた「あそびにいくヨ!」が生まれました。
なくなるのは寂しいですが、新しく生まれ変わった公設市場もまた繁盛するといいですね。

「警察庁私設特務部隊KUDAN」の大きなミスについて

お疲れ様です。

警察庁私設特務部隊KUDANですが、今とんでもない間違いを見つけまして。
のっけから主人公の乗る、日産のローレルをホンダの製品として記しております(汗)
これまでもいくつかの誤字脱字、小さなミスはありましたが、まさかこれほど大きなミスがあろうとは思わず……。
なんとも締まらない話ですが、校閲の時に指示されて直したつもりが、どうも指示を入れ忘れてたみたいでして……再版時には必ず直しますので、どうかどうか、ご容赦を…

平成も本日で最後ですね

30年間続いた平成の世の中も今日でおしまいですね。

この30年の間に祖母と父を失いましたが、なんとか作家デビューし、きょうだいは外に出て家庭を持ち、私は甥っ子と姪っ子を持つようになりました。
色々と親しくして下さっていたイラストレーター、漫画家の梶山浩さんも亡くなられました……仕事をした相手が亡くなるというのは初めての経験でした。
他にも親しくしていた先輩との悲しいお別れもあれば、思わぬ人との再会もありました。
新しい人との出会いも
米軍基地内でコミコンのお手伝いをするなんてことも平成が始まった頃には考えもしませんでした。

作品はなんとか再販されて専業作家でご飯が食べられるようになり、WFでキャラクターを作って下さるかたが現れ、夢に見たアニメ化作品が一本出、キャラクターがフィギュアやオモチャに成、それとは別に12巻も出るシリーズがあり、一昨年と去年は一般向けで初の文庫化される作品が出ました。

世の中はどんどん変わり始め、作家として、個人として、令和がどんな年になるかはわかりません。

でもきっと、生きてる間はなにかを書き続けていくと思います。どうぞ令和になってもご愛顧のほどを。

代金以上の面白さを持つ作品をこれからも目指していきますのでよろしくお願いいたします。

「幼なじみが反対しますが秘密結社を廃業することにしました 」続報

5月31日にも講談社ラノベ文庫さんからの新刊の続報です。
あらすじと表紙イラストが発表されました。
こういう形になります。

MC☆あくしずなどで有名な「みこやん」先生が挿絵を担当して下さいました!
凄く嬉しくもありがたいです!
最近のライトノベルと漫画は、ご存知の通り発売後一週間の初速が大事なので、ご予約や、ご友人、知人の方たちへの声かけなどよろしくお願いいたします!
幼なじみが反対しますが秘密結社を廃業することにしました

皆さんご存知のように発売後一週間の初速が大事ですので、何卒よろしくお願いいたします!

A&W古波蔵店、閉店

あそびにいくヨ!の中で、騎央やエリスたちが学校帰りによって喫茶店代わりに使っている、という設定だったA&W古波蔵店が本日付で閉店となりました。
とても残念ですが、最終日は混雑しそうだったので、平日の某日、お別れがてら食事をしてきました。

縫いぐるみのA&Wマスコット、ルートベアー。
ここは以前、ちょっと頑張れば歩いて行ける距離にあるのと、すぐ近くにBOOK JOYという便利な本屋さんがあったので、友人たちとの待ち合わせや、所属していた模型倶楽部の会合などで重宝させて貰っておりました。

9話「いだいなるさいしょのあしすとろいど?」でエリスが騎央に相談していた席ですね。ちょうど空いたので写真を撮らせて貰いました。
アニメではお芝居の都合上、店内はかなり広く描かれていますが、実際には50人も入るとかなり満席状態になるようなそこそこの規模の店舗です。

カウンター周り。上のメニューが並ぶ大きな写真に真奈美はチーフスペシャルを向けていたわけで、まあ物騒(笑)

お話によると、期限切れで地主の人に返すということで店舗ごと更地になるそうです。

アニメから10年が経とうとする今年、平成最後の日にここが消えてしまうのも、なんとなく色々の節目を感じます。
アニメ化の時はご協力ありがとうございました。
とっても居心地のいい、店員さんも親切な、よいお店でした。

バターコーヒーでほんとに痩せるか⑦

2019年3月17日
104.4㎏
昨日あれだけ飲んで食ってこの程度の増加、というのもやっぱり夜明け前までトイレに繋がれてたせいでしょうかね。
とりあえず自律神経が怖いので、昼まで寝て、起きたら外に出て日の光を数分間浴びてきました。
ついでに散歩。
色々撮影して、ちと足を伸ばして県立図書館(跡地)まで。
暫く県庁として機能するかも知れませんがやはり、最終的には取り壊しなんだろうなあ。

戻ってきてからローソンの牛丼牛皿。

夜は再びファニー・ファームさんのところでパンを購入。
それをひとつと普通の八枚切り食パン2枚にスライスチーズを載せたモノを。

人生の真実についての雑感

最近、数年前に知りあいに言われた「人生誰もが主役だと思うから『主役にはこんなこと起こらない』って決め付けて、色々間違いが起こるんだ、誰もがみんな一人残らず脇役だ、と考えれば理不尽なことや冗談みたいな幸運が人生に起こる説明がつく。だいたい、誰もがみんな主役なら何故人は死ぬんだ? 脇役には何でもある、だから用心しなくちゃならんのだ」という言葉が、実は正しいのではないかと思い始めてます。