レディ・プレイヤーワンとパシフィックリム・アップライジングを観てきました(※パシフィックリム・アップライジング編)

「パシフィックリム・アップライジング」は前作が東宝と円谷特撮映画&テレビシリーズへのオマージュだったとしたら、今回は良くも悪くも完全に東映とピープロのアニメ&特撮テレビシリーズで、同時にエヴァンゲリオンをアメリカが実写化したら戦闘場面はどうなるかという予行演習にも見えました。
(以下はネタバレになるので読む方は反転してください)

とりあえず、決戦の地は地理的状況を見ても第三新東京市です(笑)
第三お台場(仮称)に立ったまま動かないイェーガーが一機いましたが、次回作は何とかしてくれるでしょう(笑)
今回ある意味敵が出てくる理由とかは、いかにも東映っぽいですし、初っぱなに出てきて後半大活躍するのはどう見てもボスボロット(笑)。
ただ、一機だけグレートマジンガーなのかしらと思っていたら実はブラックオックスでした、というのは楽しいサプライズでした。
あとガーディアン・ブラボーのマツモト14号っぽいのはなんでだろうと思ったら……等など、色々入っておりました。
イェーガーたちの共闘は「マジンガーZ」原作版に出てくるマジンガー軍団そのままな雰囲気で、これはこれで楽しかったです。
前作にあった重いモノをスッパリ棄てて、ひたすら明るく楽しくくすぐりの部分も多く……「東京」の場面でとあるものがちらっと映ったり、前作のイェーガーの拳がインテリアに当たるユーモアの拡大版があったり。
決戦場への移動手段はGガンダム最終回でロボジョックスでしたし、クライマックスへの移動手段は私らの世代にとっては「ジェットスクランダー出現以前のマジンガーZだ!」で、若い世代にとっては「フォーゼだ!」だったり。

ただ、それらを除くと、驚くほどキャラ立ちがなく、物語は観客にロボットバトルとBGM以外の高揚感や感情移入、モチベーションを与えてくれない作品です(これは110分の上映時間にまとめる際の大幅カットがあるから、とは思いますが)。

スクラッパーの製作者の女性キャラは後半「一癖も二癖もありそうだったけど大して何も行動しない」ほかのパイロットキャラ達に埋もれてしまうし、ジョン・ボイエガ演じる主役は行動のモチベーションが不明なままなんとなく戻ってなんとなく再びイェーガーに乗り、なんとなく最後「オヤジほど立派な演説は出来ないが」と前置きして演説して敵を倒す、という感じです。

無理やり「興行的配慮で」善玉キャラになるようにしか見えない財閥のお嬢様(あそこでお嬢様は協力者ということにして、スクラッパーに乗るのは制作者の女性キャラと最初対立した金髪の人であってほしかった)や、マコの戦死後、指揮をとる司令官代理もどんな人かよくわからないまま殺されたり「実は」で立ち位置を変えるので、盛り上がらないこと夥しい作品となりました。
決戦の地が日本、というのもタダの言い訳に見えるほど距離感が雑ですし(だから最初決戦の地は第三新東京市、と書いたわけですが)、ユニコーンを映すぐらいなら、日本側に伝説の機体となったジプシーデンジャーが修理保存(あるいは再建造)されていて、という展開がよかったと思います、ええ。
とはいえ、今回から完全にマイケル・ベイのトランスフォーマーよろしくフランチャイズで続編ガシガシやりますよ!という体制が整ったので次はどうなるのか、ここからどう盛り返すのか注目したいと思います。
あと、ヘルボーイさんは今回出ませんでした。残念。

見終わった後も基地内見物をして、変なノートを買ったりしてました。

「レディ・プレイヤーワン」と「パシフィックリム・アップライジング」を観てきました(レディ・プレイヤーワン編)

基地の中に「レディ・プレイヤーワン」と「パシフィックリム・アップライジング」を観に行きました。
英語のヒヤリングがまったく駄目な人間ですが、前者は原作を読み、後者は前作を見ているのでなんとか理解出来るだろうということで(笑)
「レディ・プレイヤーワン」はスピルバーグらしい手慣れた娯楽活劇で、原作の前半と中盤部分を大胆に省略して、未来社会のディストピア描写と主人公の底辺生活のところを削り、人死にも減らして、メインはVR世界における人死にのない大戦争&2時間あるDAICON4OPアニメ、に絞り込んだのが上手いなーと。
途中主人公たちが危機を切り抜けたり逆転したりする仕掛けに作る側にいる人間としては「えー!そんなヌルくていいの?」と思わないでもないんですが、そこはそれ、「何を見せたいか」がはっきりしているので、観客として納得は出来るという。
あと「VR内部の描写は未来社会なのにあの程度……ではない」という解釈はズルさと上手さの中間で、この辺は脚色の人とスピルバーグのセンスなんだろうなあと。
ただえーとですね、とりあえずですね。あれだけ予告等々で期待させてたガンダムに関しては言いたいことが山のようにあるんですがそれはまた公開後に(笑)
個人的に原作との相違で一番残念だったのは、「仕事をえり好みしないキティ姐さん」を保有するサンリオは当然ながら、東宝とサンライズとバンダイの版権は説得出来ても、「義理欠く恥欠く人情欠くの三角マーク」な東映は難しかったのねえと。
原作通り量産型エヴァ軍団とミネルバX、レオパルドンは出して欲しかった。スポーンも出たのに!
あと、クライマックスの重要アイテムはこれでした。

 

北崎拓先生「ますらお」各巻発売中!

北崎拓先生から「ますらお」の新装版と「波弦、屋島」編の2巻を頂きました!

それまで「悲劇の貴公子」としてしか描かれてこなかった源義経を、「美しい、繊細な獣」という側面から描き直したこの作品、北崎先生の各あるシリーズの中では最も長く、掲載誌を変更して続いている作品です。
北崎先生の流麗な絵で、源平絵巻というだけでも凄いんですが、「男と女」ことに「女性心理の神々しさと禍々しさ」に「男の高潔さとどうしようもないダメダメの部分」をごりごり描くことにかけて比類のない先生のストーリーラインやキャラクターの表情、なぜひょいと出てきた義経を、兄の頼朝があっさり認めた(ように見える)のか、という政治的なバックグラウンドや、史実で有名な「八艘飛び」や「一ノ谷の戦い」などこれまで華麗なる義経の戦歴とされていたファンタジックとも言える描き方のみをされてきた歴史上のことを、血肉を飛び散らせる生々しい「殺し合い」としての「いくさ」として描き直すという展開も燃えます!

……という内容に興味を覚えた方、まだ読まれたことがないかた、かつて読んでいたけどどこから読み直せば?あるいはもう一度最初から集めたい というかたは是非下のリンクで試し読みなどをなさってください!

購入先(※文字をクリックしてください)
とらのあな通販(紙の本のみ・送料必要)

Amazon (紙&電子書籍)
BookLive(紙&電子書籍)
BookWalker(電子書籍)
DMM(電子書籍)
DMM(紙の本)
Google play (電子書籍)
honto (紙&電子書籍)
i-books (電子書籍)
TSUTAYA (紙の本のみ)
紀伊國屋(紙&電子書籍)
セブンネット(紙&電子書籍)
ニコニコ書籍(電子書籍)
楽天(紙&電子書籍)

大迫先生が亡くなってからもう七年になります

作家の大迫純一先生が亡くなられてからもう7年になります。

ご存命でしたら今日がお誕生日で、まだ55歳。現役バリバリで書かれていることでしょう。
ライトノベルだけではなく、恐らく本格SFやハードアクション、そういう一般向けの著作もあったに違いありません。

そんなわけでちょっと思い出話を。

最初に私が知った時、80年代の大迫先生は「漫画家」でした。

魔を諭し邏る、という意味の「魔諭羅」の名を持つ謎の少女を中心にした伝奇アクション、そして「正義」を貫く狂ったヒーロー「デストマン」が強烈なインパクトでした。

そして、いつの間にかその人はゼネプロ(後にガイナックスに発展する母体となったSFカルチャーショップ)で「大迫てんちょー」の名で親しまれる人と同一と聞き、驚いていたら、次にお名前を目にしたときには実話怪談系の小説家になられていました。

そして、ゾアと呼ばれる「新人類」を狩るサイボーグ(というよりも義手義足の男、とでも言うべき無骨さなのが格好良かったんです!)を主人公にした「ゾアハンター」を皮切りに、


榊一郎先生が構築した壮大なシェアワールド「ポリフォニカ」シリーズにおいて、「大人の男」を主役にした「ポリフォニカ・ブラックシリーズ」さらにそこから枝分かれした「レオン・ザ・レザレクター」シリーズなど、熱い「漢」の物語を執筆し、さあまだまだこれからだ、という所で突然、この世を去って行かれました。


私の知る大迫さんは温厚で、いつもニコニコと、そして飄々としていながら芯の通った感じのある「兄貴」というイメージです。

私の個人的な縁としては今は絶版中のソノラマ文庫「封神機マカリゼイン」という作品で、大迫さんが作った「超演繹能力」というものを使わせてくれとお願いし、「私の名前出して下さるならいいですよ」という快諾を貰ったぐらいでしょうか。

実際にお会いしたのは二回、大阪でゲスト講師を行ったときと、GA文庫の謝恩会の時です。

大阪の時は人が多すぎ、GA文庫の時は「立っているのが辛い」と離れた場所にある椅子に腰を下ろし、お友達と話し込んでいるのを見て、「邪魔しちゃ悪い」と立ち去ったことを、今でも悔やんでいます。
是非、じっくり話し込んでみたかった。
特撮を愛するだけではなく、ちゃんと「欠点」を指摘しつつ、それを愛せる人でした。
その辺の葛藤や思考を是非お聞きしたかった。
この前も取り上げたイギリスBBCの「ドクター・フー」の9代目ドクター(クリストファー・エクルストン)が好きで、その孤高さを好み、ソニック・スクリュードライバーを個人輸入するぐらい熱心でした。
今、大迫さんが懐かしみ愛おしんだ過去の特撮作品がリブートされ、あるいはその新作が次々作られる状況で、どう思われ、どう見るのか。
Amazonの出資で「仮面ライダーアマゾンズ」が作られてますが、特に、それをどう思われるのか、是非聞いて見たかった。

何よりも、今、大迫純一という人が生きていたらどんな新作を書いていたのか、読みたかった。

残されたものは、忘れないことだけが逝った人に対する唯一無二の敬意の表れなので、つれづれ話をしていましたが、とりとめがなくなってきたので、今回はこの辺で。

そんなわけでワンフェスに行きました

一つ原稿の下書きを終えまして、冷却期間をおこうと‥‥そんなわけでワンフェスに三年ぶりに行きました。

このところ色々あって顔を出せなかったので嬉しかったです!

アシストロイドも外撮り用にちとカスタムしました。

といっても100円ショップのカードスタンドを切って足裏に貼り付けた程度ですが(笑)

 

とはいえ、おかげさまで、自宅警備員の方とたやすくツーショットが!

 

 

 

 

 

 

自宅警備員の皆様、ご協力感謝です。

ほかにも様々な方とようやくお会いできたり、再会したりと嬉しかったです!

 

 

 

中華なチキンで超合金

知り合いが新しい玩具を購入したので開封してもらいました。

新興メーカーの海外商品なので、私も注文しているのですが、新しいところはときおり「‥‥‥」な商品もあるので(それをつかむのもまた海外通販のだいご味ではありますが)、怖いもの見たさ&ダメならだめでちと覚悟したくてお願いした次第。

箱。思ったよりがっしりした作りで、海外輸送に耐えるためのクッションもみっしり。

img_3254

 

 

 

両手(翼?)と本体は分離してますがひっかけるようにして装着します。
鶏ボディはこのように分割スライド。腕は一度装着すると引き出して回転、というのがすごく楽です。

img_3279

 

 

 

鶏ボディはそのまま引っこ抜いてメカむき出しにもできます。
翼(?)部分は左右と前後にスライド稼働して内蔵している砲塔をむき出しにすることが可能。

%e7%84%a1%e9%a1%8c

 

 

 

塗りもしっかりしていて、可動もスムース、お値段も送料込みで1万弱というお値打ち価格でした。
こういうセンスが好きな方はぜひ。
なお友人は「ムーンベース」さんという通販サイトで入手しました。興味のある方は検索してみてください。

それではまた。

観てきましたよシン・ゴジラ

CoiYfhaUkAACqYv

 

正直に言えば予告の段階までは眉に唾をつけておりました。

でも朝イチで観に行った庵野監督嫌いの知り合いが「いいよ!」というメッセージを一つ出したので、大慌てで行ってみました。
いやぁ面白かった!
楽しかった!
次はどうなるんだろう、どうなるんだろう? とワクワクしながら観られました。

ずっと思っていた「ファンやマニアだけじゃなくて、洋画も邦画もドラマも観る一般のお客さん相手に作品を作って欲しい」という願いが叶った、という感じです。

特撮マニアとかじゃなくて、普通に一般人に「ちょっと難しく感じるかも知れないけど面白いよ!」と薦められる映画になりました。
そして、アメリカでは絶対に作れない映画でもあります。

Twitterでも言いましたが「褒めるにせよ、けなすにせよ、是非劇場の大スクリーンで観るべき』映画だと言えます。
これ以上は全部ネタバレになるので止めておきますが、有名ライターのマフィア梶田さんが非常に美味しい役を貰っているのと、高橋一生さん、市川実日子さん、髙良健吾さんがメインキャストの中ではかなり光ってて、津田寛治さんが押さえ役として美味く機能してちゃんと「チーム」に見えました。

あとここぞとというところでかかる音楽の選曲とか、ラストのあのクローズアップで映る物は余計だった、と後で言われるかも知れませんがそういう所を全部引いたとしても最後までエキサイティングな映画でしたよ!

 

加山雄三の時代劇というと

岡本喜八作品に「戦国野郎」という傑作がありまして。
戦国時代の荷運び人足連中をアメリカ西部開拓時代の「幌馬車隊」に見立てて、それに抜け忍の青年を絡めて……という痛快娯楽時代劇。


岡本喜八監督は時代劇でも傑作を幾つも撮ってて、遺作になった「助太刀屋助六」は元々白黒版で作った物のリメイクだそうです。
あとでご本人が「長すぎたのでカットしたテレビ放送版が完成品」と言い出すという普通のディレクターズカットとは真逆のことをした「EAST MEETS WEST」も含めテーマとして「時代劇とウェスタン」があったのは間違いないと思っています。

そんな岡本監督はUFOに絡めた陰謀論もの「ブルー・クリスマス」も作ってまして(ただ、これは脚本の倉本聰さんがワンカット、シーンはおろか、一言一句台詞を変えさせないため、現場に立ち会うので往生したそうですが)。

そういうことを踏まえると非常に感慨深い?のが日清の最近のCM

かつての「若大将」でもある加山雄三と、今何をやっても期待される佐藤健が共演というのもステキですが、こういう破天荒なCMにしちゃうあたりが日清。
よく見るとライティングは黒澤明風ですが、テンポの良さとかは岡本喜八っぽいといいますか、岡本監督がモダン過ぎたと言うことかも知れませんが、というか(笑)

 

個人的には岡本喜八時代劇は「戦国野郎」もそうですが、お話の大筋は「椿三十郎」と同じながらあちらと違ってほの温かい笑みで終わる「斬る」が好きです。

ここ数日

「リラム~密偵の無輪者~」の著者稿(最終)の処理をしておりました。
さらにマイナンバー登録だの何だのガタゴトと仕事前の事務処理をしつつ、50年以上前に今は亡き母親が高校生時代に出た地元番組の記事のサルベーションなども行っておりました。
「リラム」に関しては西E田さんのキャラでもいよいよ固まってきて、近いうちにジャケットを公開できると思います。
あとは「エルフでビキニでマシンガン!」のほうですね。こちらもお知らせできることが判明次第こちらで。

また、マイナビさんで復刊される「ダマスカス・ハート」上下巻ですが、下巻にはイラストレーションを担当して頂いた田沼雄一郎さんのメインキャラ三人のデザイン素案などの設定が掲載される予定です。これがまたいいんですよー。
どうぞお楽しみにー!