リラム販促用短篇その1「献立と来訪者」

三つの海を分ける大海障{大海障:バルバドン}唯一の抜け道の先にある南の圏{圏:エスティズ}、ロキオルスは短い春の季節を迎えていた。
首都、リューシュの外れにある森の中、小さな、しかし位主{位主:ルヴァー}の一族が本来使うための豪奢な館の一室で、美しい影が机に向かって書き物をしていた。
窓は大きく開け放たれていて、青い空の下、吹き抜ける風が窓に掛かった、光を遮るための紗を優雅に波打たせながら涼しさを流しこんでいた。
その机の上に、小さな装置がある。
掌に載ってしまいそうなその球状をした機械――――びっしりとあらゆる数字と記号が刻まれたその小さな球体は、この世界における特殊な技術によって持ち主として登録された人間の損得を計算し続ける。
最初に、そしてことが始まってからも随時入力していく数字さえ間違えなければ、それは不確定要素を考慮しなければ、大抵において正しい――――低く見積もっても七割の確率で――――結論を導き出すはずだ。
神の居ないこの世界で全てを決定する、その指針がこの計算球{計算球:レドゥラ}だ。
「さて、どうしたものかな」
羽根筆を停め、美しい影は顎に手を当てた。
21,2歳。中性的な美貌ながら、意志の強い目の輝きが「漢」を感じさせる。
ゆったりとした衣類はこのロキオルスのものではなく、大海障を抜けた先、ヒウモトという名で知られる、特殊な戦士の一族が支配する「圏{圏:エスティズ}」のものを彼なりにこの「圏」にある布地で再現したものだ。
「明日来る姫様の献立なのだが、食麺麭{食麺麭:フォナム}の生地に何か柔らかい木の実を砕いたやつか、乾果物を細かく切ったやつでも入れるか、それとも無地のものにするか、ちと迷ってる。バウサン、どっちがいい?」
ちら、と切れ長の目が彼の背後、正確に言えばこの部屋の窓側の壁の隅、紗が翻っているその陰をみつめた。
「いやだなあ、ご存知でしたか。一刻も黙ってるとはお人が悪い」
そういう暢気な声がして、青年とも中年とも付かぬ古貴人族{古貴人族:エルフ}の男が、のっそりと姿を現した。
巧みな隠形の技で、気配を隠し、視界に入らないようにしていたのである。
「てっきり今度こそ上手くお命を頂けるかと思ってたんですが」
「簡単に取られては困る」
「ちぇっ、レイロウ様にはかなわねえ」
「で、どう思う?」
レイロウと呼ばれた青年は、机の上で書きかけになった品書きをバウサンと呼んだ男に見せた。
手に持っていた短刀を腰の後ろの鞘に収め、薄く無精髭の生えた顎に手を当て、バウサンはもっともらしい顔でその品書きをのぞき込む。
「そうですねえ。山赤鶏{山赤鶏:レッカン}の卵と胸肉を燻製にしたものと、香辛料をたっぷりきかせた土梅牛{土梅牛:バンザ}の尻尾のスープ……これなら食麺麭{食麺麭:フォナム}に何か入れるより、塗った方がいいんじゃないですかね」
「では卵の白身に香料を少し入れて……いや、入れない方がいいな、照りと食感だけでいいか」
品書きを自分に向け直し、長い脚を組んで考えはじめたレイロウの喉へ、手首の飾りから小さな針を音もなく取りだしたバウサンの腕がするりと動いて……停まった。
「何をしている」
その背後、脊髄の上に鋭い長剣の切っ先が微かに触れている。鋭く磨がれた先端はそのまま持ち主が一歩前に進めばバウサンの延髄を切断するだろう。
「いえ、な、なにも……」
バウサンは引きつった笑顔を浮かべ、ゆっくりと、相手を刺激しないように後ろを向いた。
そこには長身で豊満な胸以外は引き締まった体つきの、彼とは違う戦に長けた戦古貴人族の女性が侍女服を纏って立っていた。
「失せろ」
じろりとしなやかな獣の様な美貌が命じると、バウサンはひと息に窓の外へ跳躍して消えた。
「ご主人様、御酔狂が過ぎます。暗殺者を殺すどころか『隙があればいつでも殺せ』とは」
そう言いながら長身の戦古貴人族の美女は長めの首に填められた首輪の後ろ、鞘代わりの鉄輪に剣を納めた。
「まあ、そう言うなリンザ。お陰で明日のお姫様への献立が出来た」
にっこりと、レイロウは微笑む。
「それに、僕の背中はお前が守ってくれる」
それだけで、リンザと呼ばれた侍女は顔をほのかに赤く染めた。(終劇)

新盆も終わったので

父の新盆も済み、これからようやく平常運転です。
「きんどるどうでしょう」さんの記事のお陰でこちらへの来訪者も増えて頂いて本当に有り難く。
毎日更新とは行きませんが二日にいっぺんぐらいの更新で頑張ろうと思っております。

で、「リラム~密偵の無輪者~」の電子書籍版がこの前発売されましたが、実は紙の本が出たときに販促用の短篇をふたつ書いております。
明日と明後日はまず、それを連続して掲載しようかと(なお販促用に使って下さった所から許可は得ております)。

これを機に、お手にとって頂ければ幸いです。

また、来月は新作「エルフでビキニでマシンガン!」が発売されます。
こちらは打って変わって脳天気なコメディです。
どうぞお楽しみに。

今月は電子書籍で「リラム~密偵の無輪者~」が発売です!

お疲れ様です。
沖縄では明日から旧暦でお盆をするんでドタバタしておりますが、関東ではコミケが開かれていて、このホームページをご覧になってる方の中には参加為されている方も多いと思います。どうか無事にお戻りになられますように。

で、先月紙の本が発売された「リラム~密偵の無輪者~」ですが、今日からKindleなどの電子書籍版が発売となります。

というわけで、Amazonにおける本のソムリエ、「きんどるどうでしょう」さんのサイトに販促話を書かせて頂きました。

『疾走れ、撃て!』神野オキナ最新作はファンタジー世界のスパイ物 「リラム〜密偵の無輪者〜」

すみません、書いていて日和りました(汗)。
電子書籍の未来について、かなりあやふやな、どっちとも取れる発言にしています……ただ、電子書籍と本は違うジャンルの「読み物の媒体」としてこれから併走していくのではないかと思います。

腰痛対策

恥を忍んで申しあげますと、もとから熱中し始めると姿勢を気にしないたちというのもあり、また「あそびにいくヨ!」「疾走れ、撃て!」完結や親の入院、葬儀までのドタバタという「上手い逃げ道」ができてしまったためこの数年、130キロから70キロ台へと、せっかくダイエットしたのにリバウンドで太りまして(現在とうとう105キロでございます)。
それでも痛みがあったのは左右の肩胛骨、特に左側の内側で、何とか膏薬とかで誤魔化し誤魔化しやっておりましたが、今度は腰にも来るようになりまして。
で、腰痛が「筋肉の疲労」から「ヘルニア」へと嬉しくない進化を遂げました。
そしてこの一週間ほど、僧帽筋から首にかけてが偉いことになりまして。
で、その前に…………特に先月発売になった「リラム~密偵の無輪者~」の中盤や九月発売の「エルフでビキニでマシンガン!」の後半の一部を「パソコンデスクの上にローテーブル置いて立ち作業」にしたらその間は確かに身体の調子が良かったんですよね(足は酷く疲れましたが)。

これまでどうしようか悩んでたんですがやっぱり暫く、騙されたと思って立ち仕事をしてみることとしました。

幸い、こういうお手頃値段のハイデスクも発売されたので。

さて、これが具体的にどうなるかはまたここでレポートしたいと思いますです。ハイ。で、あとは来年の末までに70キロ台になれるようにダイエット頑張りますです……

観てきましたよシン・ゴジラ

CoiYfhaUkAACqYv

 

正直に言えば予告の段階までは眉に唾をつけておりました。

でも朝イチで観に行った庵野監督嫌いの知り合いが「いいよ!」というメッセージを一つ出したので、大慌てで行ってみました。
いやぁ面白かった!
楽しかった!
次はどうなるんだろう、どうなるんだろう? とワクワクしながら観られました。

ずっと思っていた「ファンやマニアだけじゃなくて、洋画も邦画もドラマも観る一般のお客さん相手に作品を作って欲しい」という願いが叶った、という感じです。

特撮マニアとかじゃなくて、普通に一般人に「ちょっと難しく感じるかも知れないけど面白いよ!」と薦められる映画になりました。
そして、アメリカでは絶対に作れない映画でもあります。

Twitterでも言いましたが「褒めるにせよ、けなすにせよ、是非劇場の大スクリーンで観るべき』映画だと言えます。
これ以上は全部ネタバレになるので止めておきますが、有名ライターのマフィア梶田さんが非常に美味しい役を貰っているのと、高橋一生さん、市川実日子さん、髙良健吾さんがメインキャストの中ではかなり光ってて、津田寛治さんが押さえ役として美味く機能してちゃんと「チーム」に見えました。

あとここぞとというところでかかる音楽の選曲とか、ラストのあのクローズアップで映る物は余計だった、と後で言われるかも知れませんがそういう所を全部引いたとしても最後までエキサイティングな映画でしたよ!

 

リラム~密偵の無輪者~発売記念短篇「北方の訪問者」その7(完結)

image

 

 

 

 

 

 

「ああでも素晴らしいよ、こんなに心が浮き立つのは生まれて初めてだ! きっと世の中にはもっと楽しいことが一杯あるんだろうなあ。お前は世の中を旅しているのか?」
不意にレイロウに言われ、「なにか」は少し首を傾げた。
「そでしね」と立て札が掲げられる「しょうしょうならよのなかをみておりまし」と。
「広いだろうな、世界は」
少年は遠い目をした。
「僕はヒウモトの小さな城下町の娼館で育った。小さいけど、温かくて、優しい場所だった…………でも七歳の時に、お前は将位主の息子のひとりだと言われてそこを後にした……あとで訊いたら、その年の冬に火事を出して焼け落ちたってさ……そこを出ていらい、あちこちを流れてきたけど、『遠い』と感じても『広い』と思ったことは滅多にない。
だが、この北方辺境まで来てようやくそう思った……そしたら、彼女に出会った」
どうやら少年は本当にその「北方辺境の魔女」に心を奪われたらしい。
それからは酔っ払いの常で、レイロウの言葉はぐるぐると同じ言葉にたどり着く。
「僕は彼女に惚れた」
「絶対に彼女を僕の伴侶にする」
「そのためにはどんな手段だって使う」
「彼女を僕のものにできるなら、彼女に生涯恨まれても構わない」
この言葉が10分から数分で繰り返される。
これが成人男子であれば、その美しさも相まって空恐ろしい意味になるのだが、僅か14歳の少年が酒精の力を借りて満面笑みを浮かべてコロコロと笑いながら言うのだから、微笑ましいと言えば微笑ましい。
だが、「なにか」は「しゅだんわえらばねばだめでしよ」とか「うらみつらみにあいはないでしよ」とか言わないでもよいような言葉を立て札に書いて掲げる。
これもまた、言葉が発せられていたら一騒動になったかもしれないが、ぐでんぐでんの酔っ払いが文字の読めるはずがない。
そんなわけで、少年は自分の生まれて初めての恋心をのろけ、「なにか」はひたすらそれをたしなめて正しい形の情愛を薦めるという、なんとも微笑ましいままの状況が続き、ついに少年の体力が酒精に負けた。
「とにかく、かのじょは……きれ……」
い、と言い終える前に敷物の上に突っ伏して少年は寝息を立て始めた。
すでに大の男でも半分飲み干せば倒れるといわれた火酒の瓶は、3本も空になっている
「なにか」はしばらく首を傾げて少年の姿を見ていたが、やがて立ち上がり、とことこと部屋の中を歩いて、最初にかけてやった毛布を少年の身体にしっかりとかぶせ、さらにすでにパリパリに乾いた汗ふきを、土間にある井戸(これは高位者用宿泊施設ならではの贅沢であった)から汲んだ水で濡らし、暖炉の鍋にも水を満たして火にかけると、暖炉の薪を奇妙な形に組み上げた。
不思議な形に組み上げた薪は燃える側から崩れ、朝までこの暖炉の火を絶やさないように、しかし燃えすぎないように自然に炎の中に倒れ込む。
「なにか」は再び頭からすっぽりとぼろ布を纏うと部屋の周囲をゆっくりと見回した。
ややあって、少年が寝ている広間の奥に何か気配を感知して「なにか」はトコトコとと歩いていった。
最初にレイロウが「なにか」を見つけた場所。
その机の上に、小さな「歪み」ができている。
ある角度から見たときだけ、その周辺だけ風景がぐにゃりと歪んで見えるのだ。
「なにか」は、恐れることもなく、椅子のうえに「よっこいしょ」とのぼり、壁越しにレイロウの方をみやってぺこりと頭を下げると、ひょいとその「歪み」の中心へ飛びこんだ。
「なにか」のまとったぼろ布の裾から覗いていた尻尾の先までその「歪み」の中に、まるで水の中に入るようにつるりと飲み込まれると、「歪み」は消えた。
後にはレイロウのみが残され、寝息を立てている

レイロウが目を醒ますのはこの日の夕暮れ、酷い二日酔いに三日間悩まされ、また家臣の中でも一番の忠義物のタグロという青年から「若にお酒は早すぎます」というお小言も頂戴し続けた。

以後彼は決して一日二杯以上の酒を飲まず、それはのちにヒウモトの最大の権威である皇位主の暗殺を計画したとして国を追われて転がり込んだ、火酒の国、ロキオルスにおいても変わらなかった。

「何しろ、変な物とずっと会話してたんだ」

数年後、二十歳をとうに越えたレイロウは彼の傍らにいることになった「北方辺境の魔女」こと、リンザに言った。
「赤ん坊のような、丸い目だけで鼻も口も無い、でも妙に愛嬌のあるそうだな……子供のおもちゃみたいなのと。だから酒はやっぱり過ぎれば毒だと思う」
と。
彼は生涯、自分が見たものを「酒精の見せた幻」だと信じて疑わなかった。

 

さて、あの時「歪み」の中に飛びこんだ「なにか」はといえば……


飛びこんだ瞬間、「なにか」はどたばたと今度は金属で出来た廊下の上に転がり込んだ。
きょろきょろと周囲を見回す。
「なにか」のセンサーは周囲を見回し、ここが彼の目指すべき場所と、また違ったことに気がついて落胆した。
ここは宇宙船、あるいはそれに似た乗り物の中であり、動力源は「なにか」のいるべき場所には存在し得ないとされる物質だったからである。
通路の上に腰を下ろし、短い足を投げ出して、溜息をつくようにうなだれる「なにか」の上に影が差した。
慌てて「なにか」はぼろ布で頭を覆う。
甲高いセンサーの音がして、青い光が彼を照らし出した。
「ほう、アシストロイドの客とは珍しい。キャーティアはとっくに滅んだと思っていたが……いや、君は多次元宇宙からきたのか?」
「なにか」は顔をあげてその人物を見た。
背の高い、片眼鏡をかけ、唾の大きな帽子をかぶって身体にぴっちりしたコートを身に纏った少女だ。
「ということは迷い人だな?…………随分たくさんの世界を回ってきたのだね。元の世界の番号が読み取れないぞ…………? まあ、よかろう」
少女は立ち上がると腰に手をあててふんぞり返った。
「この『ロスティニア』は君を歓迎する。君の次元番号が判るまでここにいるがいい」
そう言って、少女は微笑んだ。
「ちょうどこの船は乗員がいないのでな、たまに修理とかも手伝ってくれると嬉しい。ついでに言えばドーナッツが作れるともっと有り難い」
こっくりと「なにか」はうなずいたが「しかし、わりらはほんらいのあるじにおつかえするもの、どうかあしすとろいどのなまえでよぶのはごかんべんを」と立て札…………プラカードを掲げて頼むと、少女は頷いた。
「ではそうだな、修理もしてくれるというのであれば『をやかた』というのはどうだろう? そうそう、名乗るのが遅れた、私の名はパーシィ。見ての通りの時空調停者だ」
そういって少女は満面の笑みを浮かべて「なにか」あらため「をやかた」の手を取って握手した。

 

「北方の訪問者」おしまい

リラム~密偵の無輪者~発売記念短篇「北方の訪問者」その6

CoKvmYlUAAU-qid

「そうか、今日はめでたい日だ、この中にある物全部お前にくれてやっても良いぞ」
そういって、珍しくレイロウは高位者の年相応の子供らしく反っくり返って、自分の滑稽さにまた笑った。
そして火酒をまたひと口。
「今日は本当にめでたい日なんだ。僕はようやく、生涯の伴侶を見つけた」
本当に嬉しそうに、無邪気に、少年は華やいだ笑みを見せた。
この場にまっとうな人間がいれば、間違いなく顔を赤らめてしまうほどに、それは美しい笑顔。
普段は氷のような能面なのに、酒精の力と己のうちからあふれ出てくる歓喜の泉が相まって、彼は年相応の子供の様相を呈していた。
「北方辺境の魔女、ってしっているか?」
ふるふると、「なにか」は首を横に振った。
「この北方辺境を納めている女王だ。背が高くって、美しくて、強い。もの凄く強い。今日、初めて本人を見たんだ……僕は、彼女と添い遂げる。夫婦になる!」
しばらく首を傾げ二頭身の「なにか」は「あいてはおいくつでしか?」
「まあ、戦古貴人族だから、僕より一〇〇歳は年上だと思う。でも多分、僕のほうが彼女より先に死ぬだろうね。ヒト族と古貴人族はそういう落差があるし。僕はサムライだから、そこで戦場で先に死ぬかもしれない。相手だって先に死ぬかも」
一瞬そこでレイロウは黙り込んだが、すぐに頭を振った。
「でも、今回そういう悲観的な考えは浮かばないんだ。だから昨日からずっと計算球に僕らの数字を入れてどうなるか計算させているんだけど、計算球は一週間後以上の計上利益以外は予測出来ないから、まあ無理だよね」
あははは、と笑い声をあげる。
いっぽう「なにか」は腕組みして首をひねり、「そいつはたいへんむずかしもんだいでしね」と立て札を掲げた。
「僕は、自分から欲しいと思える人が初めてできた! これまでいろんな人が僕に好意を寄せてくれたり、そうじゃなかったり、色々あって、どれも嬉しかったけど、自分から欲しいと思える相手ができるなんて思わなかった!」
楽しげに少年は笑った。
「素敵だ、とっても素敵だ。人に恋い焦がれるというのが、こんなに楽しいなんて!」
表情のないはずの「なにか」の顔が、あっけにとられたように少年を見つめる。
「素晴らしい、恋は計算球では測定できない! 今の僕なら、これまでもの何倍もの戦いを繰り広げても大丈夫だと思うんだ! きっと、どんなに間尺に合わない戦いでも勝ってみせる! そんな自信があるんだ。判るかい?」
すなおに「なにか」は「わからないでし」と立て札を掲げた。
「わからないだろうな、うん。僕も昨日まで判らなかった!」
あははは、と少年は高々と笑った。心の底からの笑い声。(続く)

リラム~密偵の無輪者~発売記念短篇「北方の訪問者」その5

image-1-1024x1024

「だが今の世界は違う。全ては調律集が決めた査定に従って権威者たちも査定され、評価され、あたわぬ物は重臣部会によって立場を追われる。場合によっては圏に与えた損害を孫や曾孫の代まで支払い続けることもある……まあ悪くはないな。僕もそういう意味では結構『お高い』んだぞ?」
そう言って、レイロウは紐で首に提げた小さな金属の塊を取りだした。
球体状で、表面にみっしりと数字が浮き彫りになっていて、それが規則正しい動きで出たり引っ込んだりを繰り返している。
「僕の価値は……今の所交易金貨で9800万とんで3枚分だ。まあ当然と言えば当然だけどね。10歳の時から軍を指揮して、一度も負けたことがないから。とはいえ勝っても次の戦場、次の戦場で碌な報償も貰ってないから実感はないけどさ」
ふっと少年は寂しげな目をした。
人生に諦観を覚えつつある疲れた老人のような目。
「兄上はどうしてこんなことをするんだろうなあ……」
呟く彼の言葉を聞いているのか、いないのか「なにか」はちょこんと正座したまま、杯を口元に持っていった。
何処へ吸い込まれていくのか、するすると火酒が消えていく。
「お前、飲み食い出来るのか?」
こくん、と「なにか」は頷いた。
「そういえば、この毛布はお前か? あの椅子にかけた布も?」
同じく、こくん。
「そうか、ありがとう」
レイロウは歳の離れた弟にするように「なにか」の頭を撫でた。
「お前は優しいなあ」
そういって微笑む。さらに火酒を煽った。
「酒のアテがもう干し肉ぐらいしかないが、いいか?」
と訊くと、相手の返事も構わず、部屋の奥から合戦時に携行するための干し肉を数枚出してくる。
「山梅牛の首肉だ、岩塩が染みてて美味いぞ」
それを両手で持ってパクパクと口元に消し始めた「なにか」を見て、レイロウは微笑んだ。
「うまいか?」と訊ねるとまた頷いた。
「そうか、今日はめでたい日だ、この中にある物全部お前にくれてやっても良いぞ」
そういって、珍しくレイロウは高位者の年相応の子供らしく反っくり返って、自分の滑稽さにまた笑った。

 

リラム~密偵の無輪者~発売記念短篇「北方の訪問者」その4

通常のレイロウであれば、即座に斬って棄てようとする相手だったが、酒精と浮かれた嬉しさに、彼は苦笑しながらその侵入者の頭にぽん、と手を置いた。
相手も逃げずにレイロウの掌を受け容れる。
撫でると、相手の頭から布が外れて、三角形の奇妙な紅白に色分けされた「耳」らしきものが立ち上がる。
「ふむ、いい撫で心地だな、お前。緑山猫みたいだ」
撫でるだけでは飽き足らず、レイロウはひょいとその生き物を抱え上げ、抱きしめた。
「うむ、柔らかくっていいな、お前」
相手は「そりわこーえーでし」と下手なヒウモト文字で答えたが、酔っ払いのレイロウには関係が無い。
「よし気に入った、お前、僕の酒の相手をしろ。口がないってことは静かでいい」
そう言ってレイロウはその奇妙な生き物を暖炉のある部屋まで持って行ってしまった。
「さぁ、飲め」
そう言って少年は耳と尻尾の生えた奇妙な「なにか」の前に杯を置いて火酒を注いだ。
「外は寒いぞ。お前、どこから来た? ……なに、わからない? 落っこちてきた? まあいいや。ここは北方辺境、お前みたいな変なのは他にも一杯いるんだろうな。だが、人の言葉を話す奴もいるとは思わなかった……いや、人獣族は獣に変しても人語を喋ると言うが……ん、お前ひょっとして赤狸か?」
すると「しつれーな」と「なにか」は立て札を掲げた。「ゆいしょただしいわれらはぬこでし」
「ほう、ぬこと言うのか、お前らは」
こくこくと「なにか」は頷いた。
「まあいい。神も魔法もこの世界を去って数千年。それでも魔法のような技術は残り、世界は銭金を中心に回っている……知っているか? 神と魔法がこの世界にあった頃、人々は『国』と呼ばれるものに束縛され、『国』に君臨する『王』というものが絶対的な権力を握っていたらしいぞ」
心なしか暖炉の明かりに照らされた白い「モチ」のような顔が興味深そうに首を傾げた。
「だが今の世界は違う。全ては調律集が決めた査定に従って権威者たちも査定され、評価され、あたわぬ物は重臣部会によって立場を追われる。場合によっては圏に与えた損害を孫や曾孫の代まで支払い続けることもある……まあ悪くはないな。僕もそういう意味では結構『お高い』んだぞ?」