ちょっと公開中


去年集英社ダッシュエックス文庫で出しました「イコライザー!」の第一巻には没原稿が100枚ほどあります。いくつかの場面は再利用したんですが本編はほぼ丸ママ載らないことになりました。
一種のパラレルということで楽しんでいただければ幸いです。
できればこれもどこかで続編を出したい所なんですが……

イコライザー! 没原稿(上)|神野オキナ|note(ノート) 

ちょっと調べてきました

1981年の夏に私は生まれて初めて東京(と京都に神戸)に行くことになったんですが(現地での案内は付きましたが、往復はひとり旅という変則型)、その時の新聞を調べに図書館にいくついでに、「沖縄で初代ウルトラマンはいつ頃、どのタイミングで放送されていたか」ということを調べることにしました。

以前、行き付けの模型屋さんのご店主から「日曜日のタケダアワーは沖縄にもあった」と聞いていたので昭和41年(1966年)の新聞を調べたらあっさりと「ウルトラQ」が見つかり、数ヶ月先の新聞を見てみたら、7月30日のラテ欄(ラジオ・テレビ欄)に「ウルトラマン ウルトラ作戦第一号」の文字がありまして、記事にもなってました。
東京での放送開始が7月17日だそうですから二週間遅れということになりますか。
ClIsbY6VAAE1OgD ClIsbY7UkAE6U_L

 

 

 

とはいえ
「科学特捜隊のハヤタ隊員(黒部進)がなぜウルトラマンの力を持つ様になったのか、その疑問の解明を中心に凶悪な宇宙怪獣ベムラーとウルトラマンの死闘、科学特捜隊が誇る新兵器の数々を紹介するはでなプロローグ番組み
<宇宙怪獣ベムラー>宇宙の凶悪な犯罪者 全長六十㍍ 熱光線で相手を一瞬にして炎上させる強力な武器を持っている」

という味も素っ気もない宣伝素材からの引用文を元に縮めたっぽい感じのものではありますが(なお番組、ではなく番組み、というのは当時の新聞記事のママです)。
しかし子供番組なんて番組のウチに入らないとテレビ局の人たちでさえ堂々と公言し「ジャリ番」という言葉がまかり通ってた時代、この大きさで記事になるというのは前番組のウルトラQと後に言う「怪獣ブーム」の大きさでしょうか。

興味深いのは「兼高かおる世界の旅」の前と五時台にある「高等弁務官のメッセージ」と朝10時40分にある「民政府特別番組み」いう番組。
民政府というのは当時米軍統治下にあった沖縄に存在した琉球政府のことだと思います。政府広報番組ですな。
高等弁務官は当時の沖縄における最高権力者でした。当時の沖縄の米軍基地は陸軍が一番面積を持ち、発言力も高かったので。
高等弁務官は「沖縄の自治は神話にすぎない」と公言し、復帰運動を弾圧するようなことをやらかしたジョージ・W・キャラウェイ陸軍中将の後任アルバート・ワトソン2世陸軍中将で、経済界の不正を糺すために弾圧政策にちかいことを平気でやったキャラウェイと違って融和路線の人だったと思うんでそういう番組があったんでしょうかね(もっともこの年の10月には退任しますけれども)。

それとNHKが存在しないこと(当時の沖縄は米軍統治下にあって日本では無いのですから当然といえば当然ですが)。
当時はNHKから番組を買って船便で送って貰ってたそうでNHKの番組といえどちゃんとCMが入ってたそうです。
しかしまあ、12時からは「少年ケニヤ(『アフリカだッ、ジャングルだっ♪』で始まる東映の実写版)」6時からは忍者部隊月光とハリスの旋風で裏番組がシャボン玉ホリデー、ウルトラマンが終わるとテレビアニメ「戦え!オスパー!」(現在はオープニングが東映のオープニング集に収録されてます)、その裏番組の「0012捕虜収容所」は原題を「HOGANS HEROS」という欧米ではかなりメジャーなコメディ番組で、ドイツ軍の捕虜収容所に収監されたホーガン大佐がその中にドイツ国内における情報収集センター兼セイフハウス(番組内では情報コンビナートと呼称、時代ですねえ)を作りだし、毎回そのためのドタバタを繰り広げ、ナアナアの関係にあるドイツ軍の収容所所長「わしゃ何も見なかった」というのがお約束、というものだそうで。
で、ウルトラマンとオスパーが終わった後OTVで始まるのが「ワイルドウェスト」。映画「ワイルド・ワイルド・ウェスト」の元になった西部劇の皮を被ったスチームパンクSFスパイアクションという奇妙な作品でした。
それだけではなく「0088/ワイルド・ウェスト」「ワイルド・ウェスト危機脱出」「隠密ガンマン」「西部のスパイ作戦」そして「ワイルドウェスト」と5回も邦題が変わって放送された奇妙な運の番組でもあります(またそれぞれにおいて主役の声優さんも変わってしまったお陰で80年代に情報が明らかにされるまで地方ではこれらを別々の番組だと思っている人も多かったそうで)
日本版では当初ケーシー高峰師匠の軽妙なナレーションが入ってたそうですが、この0012捕虜収容所もワイルドウェストも吹き替え音源はどこかに消えているそうで。それをいうとその後夜九時(!)にやっている大河ドラマの「源義経」も、ワイルドウェストの後にやっている「新番組み」である「あじさいの歌」も映像は殆ど残っていないという有様。
タイムマシンがあるのなら、この時代にいって録画しまくりたいもんですねえ……。

ワンカットかワンシーンか

長い間忘れてたコトがあるんでちょっとメモ書きを……今回はかなり他愛のない事です。
※他に言葉を思いつかないんで場面の分け方の一例として「ワンカット」「ワンシーン」という言葉を使っておりますが、本来の使い方では無いのでご注意ください。

物語を書く人たちはご存知のように「箱書き」という細かくお話を分割したあらすじのようなものを使うことがあります。

使うと言っても道具ではないんで自分ルールで決めたとおりにやるだけなんで、私は箱書きの代わりに野田昌弘先生提唱するところの右往左往シートというものを使ってこれまでやって来ておりました。
A4の紙を縦に3枚つなげて1枚と勘定するこいつを大体3枚から5枚書くと、良い具合に250ページ~350ページの長編小説の骨組みになります。
シリーズ物だと特にこれを使った方が早い。何しろキャラクターも世界観も全部頭に入っているので何が起こっているかを簡略化し易いんですね。

でもまあ、色々ありまして、シリーズ物も一旦落ち着いたので、新規の作品からはやり方を変えようということになり、また箱書きに戻ることにしました。

ところが右往左往シートというのはワンシーンを描くもので、ワンカットではない。例えば
「時間・昼間。
場所 屋上→ビルの途中→地上→駐車場
出来事・AがBの停めるのも聞かず、余裕の表情で屋上から飛び降り、落下しながら下の階の連中を次々撃ち殺していき、着地、拳銃を再装填しながら疾走して駐車場の車に飛び乗る」
というのがワンシーン。
ワンカットは
「時間・昼間
場所 屋上
出来事・AがBの停めるのも聞かず、余裕の表情で屋上から飛び降りる」
ということになります。
落下しながらの銃撃、着地して再装填しながら疾走、駐車場の車に飛び乗る、はまた別のカットということになります。
更に言えば箱書きはそのワンカットで状況が判るようにしなくちゃいけないんで(元々紙に書いて切って、箱を並べ替えるように場面を再構成するから箱書きと言うんだそうです)、人物の外見や感情も書き込んだ方がいいそうで。
「時間・昼間
場所・屋上
登場人物・A(コート、サングラス、拳銃×1・冷静)
     B(くたびれた背広・慌てている)
出来事  AがBの停めるのも聞かず、余裕の表情で屋上から飛び降りる」
という形式になります。
で、今までワンシーンを作ってたのを細かくカットで割る必要が出てきたので色々大変です。
ただ細かくカットを割るというのは「作ってる最中手を止めなくていい」という利点もあります。
この次の場面頭に浮かばないけどどうしょう、と思ったら空欄にして次に進んで頭に浮かんでいるワンカットを書いていけば良いわけです。
とりあえず最後まで書いてしまえば足りないパーツが見えてくるし、構成の難点も見えてくるので、場合によってはプリントアウトして並べ替え、切った貼ったを本当にやってみるのもいいでしょうし…………ということを私は先週、とある人に指摘されるまで気づかないまま「ワンシーン」で箱書きを作っているつもりでしたとさ、というお話。手癖というのは思い込みと慣れで出来てますねえ。

ここ数日

「リラム~密偵の無輪者~」の著者稿(最終)の処理をしておりました。
さらにマイナンバー登録だの何だのガタゴトと仕事前の事務処理をしつつ、50年以上前に今は亡き母親が高校生時代に出た地元番組の記事のサルベーションなども行っておりました。
「リラム」に関しては西E田さんのキャラでもいよいよ固まってきて、近いうちにジャケットを公開できると思います。
あとは「エルフでビキニでマシンガン!」のほうですね。こちらもお知らせできることが判明次第こちらで。

また、マイナビさんで復刊される「ダマスカス・ハート」上下巻ですが、下巻にはイラストレーションを担当して頂いた田沼雄一郎さんのメインキャラ三人のデザイン素案などの設定が掲載される予定です。これがまたいいんですよー。
どうぞお楽しみにー!

落書き供養

新作の準備やら何やらをしていたら疾走れ、撃て!12巻を書き終えた後、勢いに任せて書いたものが出てきましたのでちと供養。

まあ、落書きですので、正史とは関係ないですよ、ええ(笑)

この広い並行世界のどこかには、こうやって繋がってる所もあるかもしれませんが。

 

通話傍受記録オ/キ 20160611018014

20××年、沖縄首里某所

「へえい、どうもおひさー……ああ、誰かと思ったら。ごぶさたー。…………オーケイオーケイ今大丈夫……うん、でどうだった? 同窓会に間に合った? ……え? 六年もずれてたの……あーそうか、次元の流れ位相差を少々甘く見すぎてたわね。……同調用の次元レンズと集束率を変えるようにチャイカに伝えとく。うん……で、お仕事はどう? たしか宮内省陰陽課? ……え? 人殺ししない仕事は楽でいい? うんうん、人の生き死にはあんまり左右したくないもんねえ。で、おふたりさんはどう? ちゃんと元気?…… え? ひとり増えたの? ……そっか……六年も待ってくれてたんだ、なるほどねえ。そりゃつれて来ないとだわ。うん……あ、そうそう、今日ね、アントニアがそっちにエリスや騎央君も連れて行くから、挨拶してあげて。大丈夫みんないい子だから……うん、うん、よかった。わかった、次はもうちょっと早く行けるようにする、向こうの時間で半年後、ぐらいかな? ま、改良は早いと思うわよ? ……うん、それと例のアントニアのパワードスーツ、最後の調整は終わってると思うけどどう? …………よっしゃ、じゃああとは馴らしていくだけね……うん、その、新しい方の彼女に関しては南条さんにお願いすればいいわよ。大丈夫だって、だーいじょーぶ。宮内省陰陽課はその辺融通聞くもの……おっけー。じゃ明後日そっちいくからその時にでも。んじゃ、またねー♪」

ご報告

かつてソノラマから出ていた南国戦隊シュレイオーの完結編「ダマスカス・ハート」がマイナビさんから上下巻で出ることになりました。
今回上下巻共に表紙絵は田沼雄一郎さんの描き降ろしでの刊行となります。
発売日時など、具体化したらこちらでご報告しますので少々お待ち下さい。

K3400140
K3400140

ゆうべ不思議な夢を見た

新作の準備をしております。
今度は詐欺師ならぬ「謀略師」というお話。
それとは別に、ちょっと眠っていたらこういう夢を見ました。
とりあえず起きて、iPhoneの録音機能を使ってばーっと喋ったものをまとめてみるとこんな感じ。タイトルをつけるなら「地球最後のコミケ」ですかね。

主人公は作家。
世界は未来(少なくとも太陽系内に広がりつつあるぐらいの科学技術あり)。
銀河クラスの「敵」を相手にした(多分超古代文明が残した自動機械)全人類総力戦。衛星軌道上の学校で訓練を受けながらもプロ作家として頑張っているが、正直あまり有名では無い。
なおプロ作家になるかどうかは選択であり、解釈である。
AIに判断されてある程度の実力があるという計測結果(小説の場合、文章力や語彙力などの基準値を満たす)プロ作家としてのデビューも可能。

他の仕事(訓練)をする自由があるのがアマチュア、ほぼフルタイムで仕事をするのがプロ、という具合。兵士としてはアマチュアのほうが問題は無い。むしろ専業の方が訓練は短くなる分ハードだが、機動兵器のパイロットなどは余裕があるのでプロ作家の殆どはパイロット。

舞台となる衛星軌道上の学園は人類に残された最後の、同人活動、創作活動を行っても構わない場所でもある(旧ソビエトにあった作家村みたいな)。

主人公も商業作家として小説を出しているが「受けている」という実感はあまり無い(全てが配給制の世界で生活はまかなわれているので)。
自分の本を読んでいる人も見たことがない。
最初は自分の本が図書館(この世界に本屋は無い、電子書籍ダウンロードで紙の本は記念として図書館に寄贈され、本を手に取って読まれる、というのは作家にとって大変な名誉。売り上げの代わりにその閲覧数と図書館の常備本のダブった数が作家のステイタス)に入る度に見守っていたが、結局「見ず知らずの読者」を見ることは無く、いつしかダウンロードの再生数と、作品を何人がどこまで読み終えたか、などの細かいデータだけで「分析」するだけになっていた。
それ故に「プロ」という称号を受け取ることにした。

とはいえ昔からの知り合いは読んでくれているので(紙の本でも……だから彼の本を図書館で読むのは知り合いばかりだ)時折感想を貰うが、主人公にはそれが「付き合い」故の言葉なのか本当の感想なのか判らないまま悩む。
(プロ作家とは言え、担当編集はなく、AIが『出版に値する』と判断するか否かに過ぎないので打ち合わせレベルでも手応えは無い)。
だが、人類総力戦の日が来る。地球最後のコミケの開催日も決まる。
その戦いの日が人類最後のコミケになるかもしれない。
主人公は従兄弟との合体サークル、という建前でそれに参加するが、自分は商業作家で小説家だから売り子で、と遠慮するも(この世界においてもコミケで男性向け創作小説が一部を除いてアウトサイダーなのは変わらない)、周囲から「せっかくの機会なんだから本の展示だけでもしろ、お前のファンが来てくれるかも知れないじゃないか」と励まされ、学校内にある自分の本の表紙コピーを取って並べようと思いつく。
図書館にある自分の小説を回収すると、そこには挿し絵が入るはずだった空欄に(戦闘激化で絵が入らないままだった)誰かによってキャラクターの絵柄が精緻な筆で書かれていた。
絵に見覚えのある主人公。憧れていたクラスメイトの少女(漫画家)の絵。

自分の本を読んでくれている人間がいた、と確信が持てる。
急いで学園を抜けだしてコミケ用の資料(あるいは折り本)をつくろうと、仲間たちの協力を得る。
そして世界最後のコミケを開く。ツーマンセルの戦闘で、殆どのサークルが合体サークル。
本を売り、コスプレをするのは休憩の間だけ、相方は戦闘に赴いている。生きていれば戻ってくるが、来なければサークルを放っておいてでも戦場に行かねばならない(会場はバーチャル空間なのかもしれない、あるいは不在の間はAIが代わりを務めて受け答えとサインをするとか?)。
作家にスケッチブックを求めるファン(彼らは衛星軌道上の学園に通えなかったが、この最終決戦のために上に上がってきたオタク達で彼ら、彼女らもまた、休憩時間が終わればシフトで戦闘に赴く)に「スミマセン、○○先生はちょっと席を外しておりまして」と答える側も、そしてこの場にいない作者たちも、皆、「いつ戻って来られるか判らない」。

数日がかりで戦闘が終了し、人類は勝利する。

主人公の作家は自分の戦闘メカから飛び降りると、満身創痍のまま、クラスメイトの少女のサークルの元へ駆けていく……

 

というところで目が覚めました、とさ(笑)

ディズニーの「フラバー」みたいな

Facebookで流れてきたんですが、ちょっと面白そうなモンスターコメディ映画。

田舎町でオンボロトラックでレースをしてるけど貧乏なんで馬鹿にされている主人公の所に謎の生物がやって来て……でも結構こいつ、妙に良い奴なのでトラックの中に入って貰ったら……てな感じのものらしく。「モンスターがトラックの中に入ってる」というネタはそのままホラーにも振ってしまえるのに、そこをちょっと外してコメディに持っていくのが上手いと言いますか。
なんとなく、リメイクもされたディズニーの実車コメディ「フラバー」を思い出すのは私だけでしょうか(笑)

んなわけで、新刊の「星魔の砦」と来月半ば発売予定の「リラム~密偵の無輪者~」もよろしくお願いいたします。

 

そういうわけで7月に新刊が出ます

タイトルも正式に「リラム~密偵の無輪者~」というものになりました。

神も魔法も去った(でも魔法のような技術は残る)世界で、かつてのサムライの国の第三王子が、謀略諜報戦争を繰り広げるというお話。

Amazonではこちらで予約が出来ます

表紙絵は西E田さん、下にキャララフが小さく載っておりますが、今から期待大の良い本になりそうです!