リラム~密偵の無輪者~発売記念短篇「北方の訪問者」その6

CoKvmYlUAAU-qid

「そうか、今日はめでたい日だ、この中にある物全部お前にくれてやっても良いぞ」
そういって、珍しくレイロウは高位者の年相応の子供らしく反っくり返って、自分の滑稽さにまた笑った。
そして火酒をまたひと口。
「今日は本当にめでたい日なんだ。僕はようやく、生涯の伴侶を見つけた」
本当に嬉しそうに、無邪気に、少年は華やいだ笑みを見せた。
この場にまっとうな人間がいれば、間違いなく顔を赤らめてしまうほどに、それは美しい笑顔。
普段は氷のような能面なのに、酒精の力と己のうちからあふれ出てくる歓喜の泉が相まって、彼は年相応の子供の様相を呈していた。
「北方辺境の魔女、ってしっているか?」
ふるふると、「なにか」は首を横に振った。
「この北方辺境を納めている女王だ。背が高くって、美しくて、強い。もの凄く強い。今日、初めて本人を見たんだ……僕は、彼女と添い遂げる。夫婦になる!」
しばらく首を傾げ二頭身の「なにか」は「あいてはおいくつでしか?」
「まあ、戦古貴人族だから、僕より一〇〇歳は年上だと思う。でも多分、僕のほうが彼女より先に死ぬだろうね。ヒト族と古貴人族はそういう落差があるし。僕はサムライだから、そこで戦場で先に死ぬかもしれない。相手だって先に死ぬかも」
一瞬そこでレイロウは黙り込んだが、すぐに頭を振った。
「でも、今回そういう悲観的な考えは浮かばないんだ。だから昨日からずっと計算球に僕らの数字を入れてどうなるか計算させているんだけど、計算球は一週間後以上の計上利益以外は予測出来ないから、まあ無理だよね」
あははは、と笑い声をあげる。
いっぽう「なにか」は腕組みして首をひねり、「そいつはたいへんむずかしもんだいでしね」と立て札を掲げた。
「僕は、自分から欲しいと思える人が初めてできた! これまでいろんな人が僕に好意を寄せてくれたり、そうじゃなかったり、色々あって、どれも嬉しかったけど、自分から欲しいと思える相手ができるなんて思わなかった!」
楽しげに少年は笑った。
「素敵だ、とっても素敵だ。人に恋い焦がれるというのが、こんなに楽しいなんて!」
表情のないはずの「なにか」の顔が、あっけにとられたように少年を見つめる。
「素晴らしい、恋は計算球では測定できない! 今の僕なら、これまでもの何倍もの戦いを繰り広げても大丈夫だと思うんだ! きっと、どんなに間尺に合わない戦いでも勝ってみせる! そんな自信があるんだ。判るかい?」
すなおに「なにか」は「わからないでし」と立て札を掲げた。
「わからないだろうな、うん。僕も昨日まで判らなかった!」
あははは、と少年は高々と笑った。心の底からの笑い声。(続く)

リラム~密偵の無輪者~発売記念短篇「北方の訪問者」その5

image-1-1024x1024

「だが今の世界は違う。全ては調律集が決めた査定に従って権威者たちも査定され、評価され、あたわぬ物は重臣部会によって立場を追われる。場合によっては圏に与えた損害を孫や曾孫の代まで支払い続けることもある……まあ悪くはないな。僕もそういう意味では結構『お高い』んだぞ?」
そう言って、レイロウは紐で首に提げた小さな金属の塊を取りだした。
球体状で、表面にみっしりと数字が浮き彫りになっていて、それが規則正しい動きで出たり引っ込んだりを繰り返している。
「僕の価値は……今の所交易金貨で9800万とんで3枚分だ。まあ当然と言えば当然だけどね。10歳の時から軍を指揮して、一度も負けたことがないから。とはいえ勝っても次の戦場、次の戦場で碌な報償も貰ってないから実感はないけどさ」
ふっと少年は寂しげな目をした。
人生に諦観を覚えつつある疲れた老人のような目。
「兄上はどうしてこんなことをするんだろうなあ……」
呟く彼の言葉を聞いているのか、いないのか「なにか」はちょこんと正座したまま、杯を口元に持っていった。
何処へ吸い込まれていくのか、するすると火酒が消えていく。
「お前、飲み食い出来るのか?」
こくん、と「なにか」は頷いた。
「そういえば、この毛布はお前か? あの椅子にかけた布も?」
同じく、こくん。
「そうか、ありがとう」
レイロウは歳の離れた弟にするように「なにか」の頭を撫でた。
「お前は優しいなあ」
そういって微笑む。さらに火酒を煽った。
「酒のアテがもう干し肉ぐらいしかないが、いいか?」
と訊くと、相手の返事も構わず、部屋の奥から合戦時に携行するための干し肉を数枚出してくる。
「山梅牛の首肉だ、岩塩が染みてて美味いぞ」
それを両手で持ってパクパクと口元に消し始めた「なにか」を見て、レイロウは微笑んだ。
「うまいか?」と訊ねるとまた頷いた。
「そうか、今日はめでたい日だ、この中にある物全部お前にくれてやっても良いぞ」
そういって、珍しくレイロウは高位者の年相応の子供らしく反っくり返って、自分の滑稽さにまた笑った。

 

リラム~密偵の無輪者~発売記念短篇「北方の訪問者」その4

通常のレイロウであれば、即座に斬って棄てようとする相手だったが、酒精と浮かれた嬉しさに、彼は苦笑しながらその侵入者の頭にぽん、と手を置いた。
相手も逃げずにレイロウの掌を受け容れる。
撫でると、相手の頭から布が外れて、三角形の奇妙な紅白に色分けされた「耳」らしきものが立ち上がる。
「ふむ、いい撫で心地だな、お前。緑山猫みたいだ」
撫でるだけでは飽き足らず、レイロウはひょいとその生き物を抱え上げ、抱きしめた。
「うむ、柔らかくっていいな、お前」
相手は「そりわこーえーでし」と下手なヒウモト文字で答えたが、酔っ払いのレイロウには関係が無い。
「よし気に入った、お前、僕の酒の相手をしろ。口がないってことは静かでいい」
そう言ってレイロウはその奇妙な生き物を暖炉のある部屋まで持って行ってしまった。
「さぁ、飲め」
そう言って少年は耳と尻尾の生えた奇妙な「なにか」の前に杯を置いて火酒を注いだ。
「外は寒いぞ。お前、どこから来た? ……なに、わからない? 落っこちてきた? まあいいや。ここは北方辺境、お前みたいな変なのは他にも一杯いるんだろうな。だが、人の言葉を話す奴もいるとは思わなかった……いや、人獣族は獣に変しても人語を喋ると言うが……ん、お前ひょっとして赤狸か?」
すると「しつれーな」と「なにか」は立て札を掲げた。「ゆいしょただしいわれらはぬこでし」
「ほう、ぬこと言うのか、お前らは」
こくこくと「なにか」は頷いた。
「まあいい。神も魔法もこの世界を去って数千年。それでも魔法のような技術は残り、世界は銭金を中心に回っている……知っているか? 神と魔法がこの世界にあった頃、人々は『国』と呼ばれるものに束縛され、『国』に君臨する『王』というものが絶対的な権力を握っていたらしいぞ」
心なしか暖炉の明かりに照らされた白い「モチ」のような顔が興味深そうに首を傾げた。
「だが今の世界は違う。全ては調律集が決めた査定に従って権威者たちも査定され、評価され、あたわぬ物は重臣部会によって立場を追われる。場合によっては圏に与えた損害を孫や曾孫の代まで支払い続けることもある……まあ悪くはないな。僕もそういう意味では結構『お高い』んだぞ?」

リラム~密偵の無輪者~発売記念短篇「北方の訪問者」その3

奥の部屋から気配がしていた。ヒウモトから来る各種の書類、書簡、そしてレイロウが暇つぶしに持って来た書物が収めてある部屋だ。
密偵だろうか。
レイロウはワキザシを握りしめ、ゆっくりと扉の取っ手を引いた。

ゆっくりと扉の取っ手を引いたレイロウの目に、細く部屋の中の光景が見えた。
文机の上に、何かちいさなものが乗っかって、書物をめくっている。
子供にしては小さすぎ、生き物にしては大きい。
レイロウの腰よりも低い高さの生き物だろう。
布きれを頭からすっぽりとかぶり、熱心に書物の頁をめくっている。
その書物が、軍事的な重要書類ではなく、レイロウが持ち込んだ読物語の一冊だと気づいて、レイロウは力を抜いた。
「おい、何してる?」
扉を開けて話しかけると、相手は驚愕してこちらを向いた。ついでに足を滑らせてすってんころり、と転がり落ち、わたわたと起き上がると、頭の布が外れて中身が見えた。
なんとも奇妙な顔だった。
ヒウモトには「コメ」と呼ばれる独自の穀物があり、これを水につけ、煮立てて蒸して主食とするのだが、「モチゴメ」と呼ばれる種類のものは、さらに蒸して杵と臼で突くことで「モチ」と呼ばれる甘くて柔らかいものになる。これに砂糖と小豆を煮て蒸して潰したものを包むと女子供が喜ぶお菓子の一種になる。
丸く作った「モチ」をちょっと潰したような輪郭に、ちょんちょんと黒小豆をふたつ左右に載せたような目。
鼻も口も何もない。
前髪のような赤いものが何か文字の書かれた額から左右に分かれて垂れている。
そしてそれは、親指だけが別れた手袋を填めたような手に、棒と板を貼り合わせたような立て札を掲げた。
「…………こばわ? ああ、こんばんはと挨拶をしているのか…………お前、字が下手だなあ」
通常のレイロウであれば、即座に斬って棄てようとする相手だったが、酒精と浮かれた嬉しさに、彼は苦笑しながらその侵入者の頭にぽん、と手を置いた。
相手も逃げずにレイロウの掌を受け容れる。
撫でると、相手の頭から布が外れて、三角形の奇妙な紅白に色分けされた「耳」らしきものが立ち上がった。

リラム~密偵の無輪者~発売記念短篇「北方の訪問者」その2

瞬く間に酒精が少年の血管を駆け巡った。
椅子の上ではなく、毛足の長い敷物の上に直接腰を下ろし、普段は頭の高い位置にまとめた髪も解いて、少年は身体の中の熱と、周囲の暖かさの落差を楽しみながら手足を広げて横になった……普段の馬上においても地上においても、すっと背を伸ばし、男とも女ともつかぬ美貌を引き締めた、凛々しい姿しか知らぬ物は目を疑うほどの自堕落ぶりと言える。
「ああ、いいなあ……」
そう言って少年は寝転んだまま、娼館の酔っ払いがやるように瓶から直接火酒を飲んだ。
塩味を足した野菜の漬け物は、懐かしいヒウモトの匂いも相まって、辛い酒を甘くしてくれる。
いくらでもツルツルと喉の中に流れ込んだ。
「幸せだ…………うん、こういうのを幸せ、っていうんだろうな」
満面の無邪気な笑みを浮かべてレイロウは呟いた。
「幸せが、自分の中から出てくるなんて、思ったことも無かった」
それから暫く、レイロウは床に転がったまま、楽しげに鼻歌など歌いながら目を閉じ……いつの間にか寝入っていた。
どれくらい寝ていたのか、目を醒ますといつの間にか身体に毛布が掛けられ、目の前には水の入った杯と水差しが置かれていた。
「…………だれが、来たんだ?」
暖炉を見てみると、明らかに薪が足され、普段書き物に使っている椅子の背もたれに、濡れた汗拭布がかけられている…………確かにこうしておかないと冬場には喉を痛める。
思わず入り口を見るが、閂は掛かっていた。
窓は何処も開いていない。
火の燃えさかる暖炉から侵入は無理だろう。
「?」
首を捻りながらレイロウは、それでも腰に差していた短いカタナ…………ワキザシを抜いて目を半分閉じるようにして気配を探った。
暫くすると、何かが動いている気配が感じられる。
レイロウは、ワキザシを手にしたまま、ゆっくりと立ち上がった。
すでに酒精は抜けている…………と思ったが、まだ揺れていた。
奥の部屋から気配がしていた。ヒウモトから来る各種の書類、書簡、そしてレイロウが暇つぶしに持って来た書物が収めてある部屋だ。(続く)

リラム~密偵の無輪者~発売記念短篇「北方辺境の訪問者」その1

201607-02

その日の朝、ついにレイロウ・トクゼは生まれて初めて、己の欲しいものを人生に見いだした。
まだ13歳の少年は、これまで文字通り何かを「恋い焦がれて求める」ことがない人生だった。
だから戦で勝ち続けて「幼き名将」と謳われることも、それを兄である次期将位主が疎ましいと考え、全土平定を目の前にしたヒウモトから、海を越えたはるかな北の大地、北方辺境に飛ばされ、蛮族と呼ばれる連中を相手にしろと言われても「そういうものだろう」としか思わなかった。
それが、この北方辺境で生まれて初めて「欲しい」と思うものを見た。
それが嬉しくて、彼は日が落ちると同時に滅多に飲まない酒を口にすることにした………ヒウモトにいた最後の年、12歳で成人の儀式を終えているので酒を飲むことは許されている。
北の大地は常に凍るような寒さだ。夏はほんの数週間しかなく、雪が解ける次期が春であり、地面が乾ききった数日を秋と呼び、あとは全て冬になる。
だから酒もはるか南方のロキオルスの火酒と呼ばれる強いものだ。
飲み慣れないものが、強い酒を飲めば酩酊となるのも早い。
そして一軍の将として、レイロウはみっともない姿を部下に見せるわけにも行かなかった。
だから今日一日は「報告書を書くから誰も来るな」と命じ、1年がかりでようやく完成した軍の指揮官用の個人宿舎に鍵をかけてから酒の封を切った。
それぐらい嬉しい気分だった。
すでに彼には忠臣が数名いたが、彼らに話すのは明日にしたかった。
今日はこの気分をずっと自分の中で味わっていたい。
12年の間、浮かれた気分になったことなんてほぼ無いのだから、たまにはいいだろう、と。
そしてレイロウはかねてから用意してあったヒウモトの野菜を、独特の半固形化した漬け汁の中につけたものを取りだし、ほどよく水分と塩味と、独特のうまみが染みこんだそれをポリポリと囓りながら火酒を煽った。
胃の中に熱い塊が落ちていく。(続く)

「リラム~密偵の無輪者~」本日発売となりました!

お疲れ様です、そんなわけで「リラム~密偵の無輪者~」無事に発売となりました。

CnVBhmzUAAIVbls CnVBhmwUIAErDW9

昨日もお知らせしましたが、こんな感じで帯が外れて外で読むときも恥ずかしくない外観にできます(笑)

内容としても今までとはちょっと違う、既存のファンタジーものではなく、ゼロから作り直したフルカスタム仕様、お話も捻った部分のある作品であります……とはいえ、過去の主人公の年齢がまちがえている箇所があるんですが、これは皆様がお買い上げくださり、無事再版が決まりましたら必ず直すこととさせて下さいm(__)m

というわけで、是非お買い上げの程を!

また、現在電子書籍が各所におきまして(Amazon、紀伊國屋、BOOKWALKER等)半額セールとなっております。
特にAmazonだとまとめ買いができるので楽です。

あそびにいくヨ!が原作版で全巻そろえても六千円少々

888先生のコミカライズ版だと3千円弱

外伝のキャットテイル・アウトプット!も半額。

疾走れ、撃て!も3千円ちょっとで買えるというのはお得だと思います

 

電子書籍ですと場所を取りませんし、買い逃していた方もこれを機にそろえて下さると嬉しいです!

「リラム~密偵の無輪者~」明日発売です!

201607-02

 

 

 

 

 

 

いよいよノベルゼロ初お目見え&新刊の「リラム~密偵の無輪者~」明日発売となりました(地元沖縄を含む一部地域では遅れますが……)。

「神々と魔法と魔法使いが去り、経済が全てを支配する異世界」という今までに無かった舞台で、権謀術策の中を、流浪の元王子が身を寄せた国の為に戦うという物語。

もちろん、神も魔法もないですが異世界であることに代わりは無く、「魔法のような技術」は存在しえるので、色々とこれまでにないギミックやガジェット、世界が描かれています。

大人向けのファンタジーでアクション物、ということで色々工夫し、ストーリーもキャラクターも含め、かなり面白い物が出来上がったと自負しております。

ですが売れなければ意味がなく、皆様の元に届かねばさらに意味がありません。
できれば地元の本屋さんで、と申しあげたいところですが、地元本屋では入荷数が少ないという方は是非下にあるAmazonの広告からご購入をお願いしたい次第です。

なおこのノベルゼロ、文庫形態でありますが、表紙絵の部分が帯になっているので、取り去ると文字だけの一般系小説、あるいは海外文学系文庫のようなジャケットになるのが利点です(笑)。

そういう意味でも「大人が読んで恥ずかしくない」本となっております。

どうぞよろしくお買い上げをお願いいたします!

なお電子書籍化は一ヶ月後になる予定です。紙の本は無理、という方でも、是非、

今から地元FMさんの番組に

でます。

image

タイフーンFMさんの「小ネタ超特急」という番組です。

午後7時からの生放送ですが、放送範囲外の所、圏外の方でも以下の場所から聞けますので興味のある方は是非。

小ネタ超特急

今回は「リラム〜密偵の無輪者〜」や、今後の予定とかになる予定です。

 

「リラム~密偵の無輪者~」続報その3

IMG_1714

 

 

 

 

 

さて、起こる事件と物語はすでに決まっていましたし、あとは主役たちのキャラクターです。

今回は頭が切れて、異様に強くて、面倒くさがり屋だけど人情の持ち合わせはちゃんとある……という少年が成長したらどうなるか、という、今までに主役に据えたことのないキャラクターを使うことにしました。
それがレイロウです。
もとから「陰険狡猾淫乱美少年と無骨無愛想美女」のコンビで何か書きたいと思っていたところもあり、今回は「そんな彼らの数年後」というイメージで始めました。
まずはバックグラウンドです。
何よりも重要だったのは「その国の人間ではない」こと。
この世界には「国」が無い以上「愛国心」のようなもので主役が動くのは似合わないですし、もっと地に足の付かない理由が欲しかったので、彼は舞台になる国の出身ではなく、そこに流れ着いて、流れ着いた先が気に入っただけの人、ということにしました。
何処の国の人間でもなく、この国の人間でもない人間がただの義侠心と「縁」を理由に命がけで戦う……というのは格好良いな、と。
ではそういう人物がファンタジー世界で生まれるにはどういう経緯をもって生まれるか……というわけで彼のモデルが決まりました。
貴種流離譚となると源為朝、源義経、松平忠輝……このあたりの「異能異才で当時の権力者に理解しがたい存在」。

 

レイロウ素案

 

 

 

 

 

西E田さんのデザインもその辺かなり汲んで貰って良い感じのイケメンさんに仕上がっております。

 

そしてメインヒロインのうちひとりは彼とともに戦場にあった女性、ということでリンザが生まれました。

リンザ

 

 

 

 

高潔なエルフの元女王で、主人公レイロウが少年だった頃に敗北し、服従した後に色々なことがあって愛し合い、魂で結ばれた存在。

そして、彼らふたりを騒動に巻き込むお姫様は単にか弱く美しいだけの存在では困ります……マリエイラのキャラクターは「一筋縄ではいかないけど、可愛らしいお姫様」を目指しました。

 

マリエイラ

 

 

 

 

 

その三人を今回、西E田さんの筆で描いて貰っています。
レイロウは妖しく格好良く、リンザは凛々しく、マリエイラは可愛らしいながらもどこか小悪魔めいて美しく…………彼らと彼らに率いられた仲間たち、敵対する者たちがどう活躍するか、どうぞお楽しみに。