EXMOD2 外伝「華社美月の風景」その2(全8回)


☆第2回

華社美月が小日向亜世砂に出会ったのは小学校四年生のころだ。
理宇以外では今なお付き合いのある唯一の「幼なじみ」と言える。
親の都合で転校してきた美月と理宇に、一番最初に話しかけてきたのが亜世砂だった。
当時は美月も亜世砂も、男子顔負けの行動派で、髪の毛もザックリ短くしてたし、肌も日に焼けて真っ黒だった。
そのせいか、最初からふたりは妙にウマが合った。
美月は母親をその1年前に事故で亡くし、亜世砂たちは離婚で母を失った。
半年ぐらい、お互いに「母親がいない」ことはうっすら理解していたがその原因は知らなかった。
ある日、互いにそのことを口にする機会があった。
その時、
「お前のカーチャン、生きているから羨ましいよなあ」
と思わず美月が口を滑らせた。
次の瞬間、知り合って以来初めてキッとこちらを睨んだ亜世砂の口から
「死んでいるほうがいい。綺麗なままのお母さんだもの」
そう言い返されて大喧嘩になったことがある。
大喧嘩をして美月は理宇に、亜世砂は世衣と真之斗に引き剥がされるようにして、家に帰った。
理宇に連れられて家の玄関までの道程で、美月は初めて亜世砂の母が「浮気」をして家を出て行ったと知った。
言葉の重さは子供心に理解出来た。
親に裏切られる、ということはどういうことか。
「お父さんやお母さんが僕らよりも『好きな物』が出来たからいなくなっちゃうって、怖いよね」
亜世砂がわの事情を説明した理宇が、最後にそういったとき、美月は答えられなかった。
自分の部屋に戻った後、美月なりに亜世砂はどんな気持ちなのか、自分だったらどう思うか、一生懸命考えて、眠れなくなってしまったのを覚えている。
翌朝、先に謝ってきたのは亜世砂のほうだった。
顔を合わせてこっちが一瞬、寝不足もあって美月が躊躇した次の瞬間には、もう頭を下げられていた。
「ごめん、オレが悪かった!」
躊躇した美月の背中を理宇が叩いた。
「わ、悪いのは俺もだ!」
そう言って美月も頭を下げた。
娘が喧嘩をしたという話を聞いた美月の父親が、空手道場の入門を進めたのはその翌日のことである。
母親が死に、色々と荒れそうになっていた美月は空手の中にその発散場所と自分の理性の道を見いだした。
とはいえ、そうそう上手く物事は進まない。
元来短気で大雑把で、そのくせ寂しがり屋の美月が、たびたびその道から転がり落ちそうになるごとに、亜世砂が、そして理宇が支えてくれた。
そして亜世砂と美月は同じ中学に進み、理宇もまた同じく。そこで亜世砂は陸上競技に熱中しはじめた。
それでも何かにつけてふたりは一緒に遊んでいたし、お互いの家を行き来したりもしていた。
理宇は変わらず、同じマンションの階に住んでいるので、こちらも普通に友達として付き合っていた。
そんな美月が、理宇を「友達」ではなく「男」として認識したのは高校受験を控えた中3の冬。
その年も、いつものように亜世砂と世衣に「バレンタインデー手作りのチョコレートを作るから一緒にやらない?」と誘われ、いつもなら適当な理由をつけて断るのを、なんとなく「いいよ」と約束した。
元から美月は甘い物は好きだったが、料理のレパートリーにお菓子類はまだなく、そろそろそういうものを学ぶのも楽しそうだ、と思ったからだ。
自分でも思いがけず上手く作れたガトーショコラを手に、小日向の家から帰りつつ、なんとなく理宇の通う学習塾に寄り、なんとなく理宇にガトーショコラを手渡した。
「ほら、疲れてるときは甘いモンだろ」
軽く言ったはずが、受け取る理宇の顔が真っ赤になるのを見て、妙に動悸が激しくなった。
「じゃ、じゃあなっ!」
押しつけてさっさと雪の降り始めた道を走って帰った。
雪が降るほど寒いのに、身体はかあっと熱くなっていて、美月は後悔と恥ずかしさと、微かな嬉しさを感じていた。

※第三回へ続く

※第一回はこちら

EXMOD2 黒ノ追撃者外伝「華社美月の風景」その1(全8回)

☆第1回
電車の中、あちこちで鉄道会社とリンクしたアプリが警報を鳴らした。
「?」
華社美月{華社ミヅキ:はなやしろ・みづき}は自分のスマホを取りだしてそれを停止させる。
電車の昇降口付近に設置された広告用液晶モニタでニュース速報が流れた。
ここ数年、定番になった飛行型無人機{飛行型無人機:エアドローン}からの空撮が美月の目に飛びこんできた。
電車が脱線、転覆したという事故のニュース映像だ。
先頭の車両のいくつかは脱線して、なだらかな川べりを滑り落ちたらしく、濁った水面に二両ほど車体の一部が覗いている。
残り半分は内部から上がる炎と煙に包まれていて、どうなっているか分からない。
やがて画像全体が煙に包まれて意味を成さなくなった。
美月はそれを見て、嫌な予感に背中を撫でられるのを感じた。
詳細な情報をスマホのニュースサイトで確認する。
美月が血相を変えたのは、その電車事故がどこで、どの路線で起こったのかを知った時だった。
「待て、それって亜世砂の乗ってる路線だろうが!」
思わず声を上げ、自分が乗っている電車の路線図を見上げた。
間違いない。
美月の親友である小日向亜世砂{小日向亜世砂:こひなたあずさ}とその姉、世衣{世衣:せい}、そして弟分の霧山真之斗{霧山真之斗:きりやままのと}の3人は亜世砂の早朝練習がない限りは毎日、この時間、今事故が起こったという電車に乗って通学している。
それは機械のように正確だ。
今なお、何の連絡もメッセージも来ないのは何故か。
次の瞬間、美月は亜世砂のスマホに電話をかけようとしたが、思いとどまる。
緊急時の通信回線が混雑する上、大事故の現場に着信のベルやチャイムが鳴り響くというのは、その場にいる人々の思わぬパニックを招くことがある。
「だから、電話をかけることもメッセージを送ることも、やってはいけないんだ」
と「恋人」に教えられたことを思い出し、スマホを制服のポケットに戻した。
次の駅で人をかき分けて電車を飛び降りると、美月はホームを小走りに移動しながら、「理宇」の表示のあるスマホのアドレスをタップして電話をかける。
今は「恋人」の田上理宇{田上理宇:たがみ・りう}は幼稚園時代、同じアパートの階に引っ越してきて以来の付き合いだ。
理宇の父親と、美月の父親は職場が一緒で出世もほぼ同じだった。
小学4年生にあがったころ、生活に余裕が出来て今も住んでいるマンションに引っ越してきて……だから、かれこれ15年を超えている。
「理宇!」
『亜世砂ちゃんたちのことだろ』
そん長い付き合いだから、ふた駅先で合流予定だった恋人は、こちらの心を読んでいたらしく、切迫した声で前置きも、挨拶もなしに言った。
「ああ、ちょっと確認に行ってくる」
『僕も行く』
「ダメだ、お前ェまで巻き込めない、悪いけどひとりで学校行ってくれ」
『分かった』
こういうところでベタベタしないのがこのふたりの距離感である。
『でも気をつけて、心配事があって急ぐと、自分が怪我をするから』
「去年のお前みたいにか?」
去年、美月の家の近所で火事があり、心配した理宇が駆けつけようとして自転車で転び、擦り傷だらけになったのを思い出して美月は苦笑した。
『茶化さないの!』
「わかった、御免。じゃあ後で」
電話を切って、今度は学校の担任に電話をかける。
「華社ッす、電車事故に陸上部の小日向亜世砂さんが巻きこまれてるかも知れねえんで、その確認に行ってくるんで!」
『お、おい』
「親友なんス! 遅刻すんでご報告まで! 確認取れ次第、また御電話します!」
言うだけ言って、美月は素早く電話を切ってマナーモードにした。
学校に無断で休めば問題になるが、前もっての報告があれば、教師たちはまず「自分たちに報告したが暴走した」ということで面子が立つ。
これで折り返しで電話が掛かってきても取らなくていい。
こういうやり方を教えてくれたのは恋人の理宇だ。
他人や大人の勝手と、それに折り合いをつけて、味方には出来ずとも、とりあえず敵には回さない方法。
こういうことを理宇や美月の周囲にいる大人たちが教えてくれなければ、美月は小学校の終わりから問題児童という扱いを受けていたに違いない。
美月は階段を降り、どのホームの電車に乗るべきか考えた。
すでに美月の中で、亜世砂が事故に巻きこまれているということは確信に近い物になっている。
もしも乗り遅れた、あるいは1本早い電車で被害を免れた、事故に巻きこまれても無事だったなら、今ごろ亜世砂から連絡が入っているはずだからだ。
(まず、どこの病院に送られたか、だよな)
今さら事故現場に駆けつけても混乱に拍車をかけてしまうだけだ。
美月はスマホから、去年稼働しはじめたばかりの警視庁の事故被害者情報アプリにアクセスした。
自分のマイナンバーと携帯番号を登録する。
個人情報の流出よりも、亜世砂の身が心配だった。
「……あの駅で事故が起きたはずだから……ここか」
救急病院を幾つか特定すると、美月はそこに近い駅へ向かう電車をさらに乗り換えアプリで検索し、ホームへ向かった。


※第2回はこちら
※第3回はこちら
※第4回はこちら
※第5回はこちら
※第6回はこちら
※第7回はこちら
※第8回はこちら



「軍師/詐欺師は紙一重」宣伝ポスターを作りました。

この不況の折なので宣伝素材というのもなかなか大変です。
特に地方だと、常に書店員さんの手書きポップに頼りっきりというのも心苦しく……というわけで、今月31日発売の私の新作「軍師/詐欺師は紙一重」(画・智弘カイ先生!)の
書店様用ポスターを作りました。
セブンイレブンは私の地元にないため、ローソン、ファミマ等で使えるネットプリント ()に登録してあります。
番号 GPFNT9KA56  を入力してご活用下さい。

3月31日「軍師/詐欺師は紙一重」が出ます!

書影も出たので宣伝デス。
講談社ライトノベル文庫さんから今月末、智弘カイさんの挿絵で「軍師/詐欺師は紙一重」という作品が出ます。
父親の急死で何もかも失ったゲーム制作者志望の主人公が、詐欺師だった祖父の遺産で異世界に行って「軍師」として活躍するという物語。
「エルフでビキニでマシンガン!」と違う、ド直球な異世界転生ものを素直にやってみよう!ということで面白い物ができたと思います。

書いていた時期はほぼ一緒ですが、変奏曲である「エルフでビキニでマシンガン!」のほうが先に出るということになりました、そういう意味でも楽しめると思います。

「EXMOD:思春期ノ能力者」電子書籍版発売記念読み切り短篇「ある日の小日向家」

休日の小日向家の朝というのはのんびりしている。
理由は簡単で、学校がない。
学校がないから早く起きる必要がない、起きる必要がないから朝ドタバタしなくて良い。
……というのは理由の半分になる。
実際には小日向家の向かいにいる霧山真之斗が朝寝坊できるから、が理由の半分である。
小日向家には今ふたりの姉妹が生活している。
長い黒髪を腰まで伸ばした才色兼備の小日向世衣。
ショートヘアで天真爛漫活発な上に高校総体の中距離走におけるレコードブレイカー、小日向亜世砂。
母は幼い頃に離婚して家を出て、父は故あって今ロンドンに単身赴任中。
二年前までは通いのお手伝いさんがいてくれて面倒を見ていたのだが、最後の二年ぐらいからはほとんどの家事を世衣がこなせるようになったため「世衣ちゃんという後継者もできたし、年金生活も始まるので」と円満退職したぐらいだ。
つまり、小日向世衣は文武両道家事手伝い、全部出来る万能の少女というわけだ。

が、妹の亜世砂は知っている。

実際の世衣は、異様なほどの「心配性の世話焼き姉さん」なのだ…………いや、自分にではなく、霧山真之斗に対してのみ、なのだが。
だから真之斗が活動してないときは、真之斗のための次のなにかを黙々と準備をしているか、自分も休んでるか……だから静かになる、はずなのだが。

その日、日曜の朝から、小日向家はドタバタとしていた。

正確には一階である。
「…………?」
足音の慌ただしさになんとなく亜世砂は目を醒ました。
まだ四月で、寒の戻りでこの三日、再び気温が一気に下がったので亜世砂はパジャマ代わりのジャージを着て眠ってる。
「何してんだ、姉貴?」
二階の部屋から下りてきて声をかけると、青ざめた世衣がこっちを見た。
品行方正清廉潔白を絵に描いたような普段からは想像ができないほど取り乱し、髪の毛も心なしか乱れていた。
「どうしよう、亜世砂」
この世の終わりみたいな顔で世衣は告げた。
「?」
「真之斗が風邪ひいたの」
もうちょっと亜世砂の頭がしゃっきりしていたら、その場でコケるぐらいのリアクションはしただろうが、何しろ日曜の朝、寝坊するつもりで起きてしまったから反応が鈍い。
「風邪……ああ、風邪か」
「風邪か、じゃないわよ! 真之斗が風邪をひくなんて!」
(まあ、確かに珍しいよな)
ぽかんと亜世砂は思う。
何しろ世衣の面倒見の良さは真之斗の私生活にも半ば及ぶ。
さすがに就寝時間にまで口出しはしないが、食べ物は朝昼晩彼女が作り、少しでも具合が悪そうなら付き添って家にまで行くことさえある(さすがにこれは真之斗が中学生になってからは滅多なことがない限り遠慮するようになったが)。
自分たちより頭一つ低い身長150センチちょいで細っこい真之斗が、滅多に病気ひとつしないのはある意味、世衣の健康管理が徹底してるからだ。
今の高校に入るときは数学と英語が苦手な真之斗の為に家庭教師まで引き受けた。
つまり、小日向世衣にとっての「万能の少女」と呼ばれる部分は、最初からなにもかも霧山真之斗の為にある。
(しかしよくもまあ、マノの奴も姉貴の管理下で風邪がひけたもんだよなあ)
ぽかんと亜世砂は思う。
(まあ、どうせ新作のVRゲームにハマって徹夜でもしたか、うっかりリビングで寝て身体冷やしちまったんだろうけど)
それぐらいの想像が付くぐらいには、亜世砂も真之斗の家には出入りしていた――――時には世衣の代理として「お使い」にも行かされるのだ。
(…………ったくホント、世話の焼ける話だわな)
もっとも、口では色々言うものの、亜世砂にとって真之斗はあくまでも弟分だし、昔からの付き合いだから当然だとしか思っていないのだが。
「そんなこの世の終わりみたいな顔するもんじゃないと思うけどなあ」
「何言ってるの! 熱が38度9分もあるのよ」
世衣が眉をつり上げた。
「なァる……そりゃちょっと心配だなぁ」
まだ寝ぼけのうっすら残る頭で世衣は考える。
40度ならインフルエンザだが、重い風邪なのは間違いない。
「でしょう?」
「で、何を慌ててるのさ?」
階段の終わりあたりに腰を下ろして亜世砂は尋ねた。
「いえ、えーととりあえず真之斗に何か食べさせ……いえ、それともお薬が先かしら? それとわたし、髪とか整えなくちゃいけないし……」
「……姉貴」
本当にこの少女が学校では楚々とした美人で、頭も切れて行動力もあり、誰にも頼られるあの小日向世衣か、と思うと亜世砂はさすがに呆れた声になる。
「落ち着きなよ、深呼吸!」
こういう時の調整役が不思議に自分に回ってくる…………まあ、年に一回もないのだが。
「あ、え、ええ」
大きく息を吸って、吐く。
「落ち着いた?」
「ええ」
ほっと世衣は溜息をついて微笑んだ。
「やることの順番、決まった?」
「とりあえず真之斗のご飯作って、お薬用意して、身だしなみを整えたら出発。熱が39度になったら病院へ連れて行く」
スラスラと世衣は答える。
「はい良くできました」
亜世砂がそういって偉そうに胸を張ると、数秒たってからふたりの少女は笑い合った。
世衣が長女、亜世砂が長男、そして真之斗が末っ子。
そういう役周りで、関係なのだ。
だから普段はしっかりものの長女役の世衣が引き締めて、だらしない長男役の亜世砂がちょっと緩め、世衣が取り乱したら、普段はだらしない亜世砂がフォローして軌道修正。
それが小日向姉妹にとっての、霧山真之斗への担当の割り振り。
「じゃ、オレ寝るね」
あくびして亜世砂は自分の部屋に引き上げた。
「明日からまた朝練だし…………オレも後で真之斗のとこ行くよ。姉貴もあんまり根詰めて看病なんかするなよ。姉貴が風邪引いたらそれこそ目も当てられないかんな」
「ええ」
言いながらもう世衣はエプロンを身に纏っている。
(ま、言っても無駄だけどなあ)
苦笑しながら亜世砂は部屋に戻っていった。
真之斗の風邪は、その日のうちに平熱になり、三日ほどで完治した。
「白いコートの少年」が引き起こす「あの事故」に巻きこまれるまで、まだ二週間もある、そんな朝の出来事。

(「EXMOD:思春期ノ能力者」電子書籍版発売記念読み切り短篇「ある日の小日向家」完)

神野オキナ「イコライザー!」全三冊が合本になってお安くなりました!


今から二年前、ダッシュエックス文庫さんから「イコライザー!」というシリーズを出しました。

テーマは「スピーディに、馬鹿馬鹿しく壮大なお話を繰り広げて、アクションとコメディをめいっぱい詰め込む」。
そんなわけで時間と空間を行き来出来る、ドーナツ好きの残念美少女、パーシィとフツーの少年(もっとも後半そうではなくなりますが)タグル君のコンビで、幕末に行ったり、学校の体育館でスク水少女そっくりなエイリアンと戦ったり、人類をすべてバニーガールに改造しようとする天才少年から世界を救ったり、かと思えば幕末で死んだ筈の芹沢鴨とチャンバラしたりという、ある意味「あそびにいくヨ!」よりも脳天気でハチャメチャなお話をやりました。
全3巻ですからそれなりのお値段がしたんですが、最近になって合本になりまして、800円分ほど値下がりしたお求めやすいお値段となりました。

連作短篇となっているので読みやすいですし、お値段も手ゴロ、寒い時期にぽけっと読んでみて「馬鹿だなー」と笑ってくだされば幸いです。

で、もしもそれをご覧になられたら是非、この作品もご覧になって頂けると嬉しいです。

ドクター・フー
http://www.hulu.jp/doctor-who

私が何を目指してこの作品を描いたのか分かると思いますんで。

ガガガ文庫「EXMOD:思春期ノ能力者」発売です!

本日よりガガガ文庫さんから「EXMOD:思春期ノ能力者」が発売になります。

小学館さんのサイトから、冒頭見開き12枚分(24P)が立ち読み出来ます。
下の「こぞう」さん描く表紙絵をクリックするとそこへ飛びます。

また近いうちにpixivノベルさんでも立ち読みが出来る様になるそうです。
こちらも確定しましたらご報告します。

立ち読みされて、お気に召しましたら是非お買い上げを!
何分最初の一週間が要なので!

電子書籍版「エルフでビキニでマシンガン!」発売記念掌編・その1

 

エルフでビキニでマシンガン!外伝「若き女王の旅立ち」前編

国中の男子が全て死ぬという「大呪詛」から数年、王と男の王族亡き後、小さな国の独立を外交手腕でなんとか守りぬいたテ=キサスの女王が病に倒れ、あっという間に亡くなられて半年、王女……いや、戴冠式をつい二ヶ月前に終えたのでもはや女王と呼ぶべきか……の姿はこの一週間、王宮からも、バルコニーからも見られなくなった。

彼女はどこにいるのか。

地下にいた。

この国の王宮の歴史は長い。保存魔法のお陰もあって建物自体が千年。その下に広がる空間は数千年の長きにわたって保存されているという。
その一室に彼女は閉じこもっていた。

この国には男子がもういない。

それはこの剣と魔法が支配する世界において、「滅び」の道を真っ直ぐに歩き始めたということに他ならない。
幸い、その後生まれた赤ん坊たちは四歳になる今まで死ぬことも無く育っている。
これはこの国にかけられた呪詛の影響が消えたのか、それとも……という話があったが、昨日、この呪詛の効果範囲の外にいたドワーフの男が、宿屋の女将と「深い仲」になるまでは存命だったことから「変質」したということは分かっている。
だとしたら、数年もしないうちに呪詛そのものが消え去るかも知れない。
若き女王は焦燥を微笑みに押し隠し、大呪詛がこの地にもたらされてからずっと打つ手を城の図書館と古老たちの話の中に求めた。
この年若いエルフの少女が賢明だったのは「過去」のみならず「現在」にも目を向けていたということだ。
あくまでも「過去」の伝説や秘宝は、国民の心を安んじさせる手助けになるだろう、と考えたのである。
彼女はそうやって過去の伝説や記録に「救い」を求めながら、同時に外交政策をテキパキとこなし、「男の居なくなったこの国」に対する諸外国の「保護」という名の支配をなんとか避けてきた。
それが変わったのは十日前。王宮の地下に収蔵された品の目録と、図書室にある書物の一文が一致したからである。
「異世界門」
この世界ではない、どこか別の世界に人を送り出し、この世界で三日。別の世界では半年の間そこに居る事ができるうえ、その世界の物を結界をおいた範囲内で持ち帰れる、というものだ。
嘘か誠か、これまで二回、この王国の危機を彼女の先祖はこの門を通じて入手したもので救ったと書物には記録されていた。
ひとつは空を飛ぶ翼。
もうひとつは地上を恐ろしい速さで、馬なしで疾走し、鎧すら貫く魔法の矢をはじき返し、古竜すら撃ち倒す火球を魔法なしで発射する馬車。
どれも王国の危機を逆転させ、その後に壊れて(あるいは壊されて)廃棄されたという。
信じがたいが事実だろう、と今現在、若き女王は考えてる。
なぜなら、今目の前にその宝物があるからだ。
発見したのは四日前。
その巨大な門に彼女が手を触れると、全て精緻に加工された金属の組み合わせで出来たものが青白く輝き、滑らかな女性の声で何事かを告げた。
言葉の意味が判らず、彼女が翻訳魔法を自分にかけると、やがて言葉の意味が判った。
「ようこそ我が主、このシステムゲートへようこそ。移動先は現在運任せ(アト・ランダム)の状態です。移動先を選びますか?……繰り返します」
と、あとは同じことを繰り返した。
彼女は息を呑むほどに驚いた。
エルフの女王たるもの、魔法の扱いはしっているし、彼女自身も魔法を使える。
だから断言出来る。
この門は魔法で作動していない。

(続く)

Kindle版発売中!

「エルフでビキニでマシンガン!」制作資料のお話

幸いにも、「エルフでビキニでマシンガン!」皆様に好評を持って迎えられているようで、Twitterなどでも「買いました」報告やご感想などが来ていてとても有り難く、嬉しいです。

ありがとうございます。

「エルフでビキニでマシンガン!」は阿呆な話をどこまで真面目にバックグラウンドを構築して、どれだけ馬鹿なものをその上にてんこ盛りできるか、というのが非常に大事なものだと思いました。
で、もうひとつ大事なのは「この世界には美男美女(あるいは渋いオッちゃんと妖艶な美女)しかいない」というところをどう徹底させるか、ということでありました。
特に種族で言えば「ドワーフ」は長年「ひげが生えるのが普通」とか「男女の区別が付かないぐらい厳つい顔と姿」とかいう設定がまかり通ってて、「それは違うだろ」とずーっと思ってました(数少ない例外としてグループSNE版のハイパートンネル&トロールズにて北沢慶先生が設定した「ドワーフの細工師が多種族から見ても見事な女神像を作るのは彼らの女性が他の種族同様に美しいからであり、ドワーフは同族の女性を守る為に髭などを着けさせてそのことを隠している、というものぐらいでしょうか)。
ですので、bobさんにもそのことが伝わるよう、そして「先輩」が憧れる「勇者の戦装束」や、普段耳慣れない衣装「チャップス」がどういう物なのか、そして一転して露出の少ない彼女の普段着や彼女の「引き締まってるけど筋骨隆々ではないプロポーション」などを伝えるためアホみたいにwebで拾った資料をお送りしました。
その一部がこれです。
%e3%82%a8%e3%83%ab%e3%83%95%e3%81%a7%e3%83%93%e3%82%ad%e3%83%8b%e3%81%a7

 

 

 

こんな資料を大量に送り付けられたbob先生も大変だったと思いますが、その甲斐はあったということは、すでに本を手に取られた方はご存知の筈です。

bob先生、ありがとうございました。

というわけですので皆様どうぞ「エルフでビキニでマシンガン!」お買い上げの程を!

「エルフでビキニでマシンガン!」発売中です!

そういうわけで、新作「エルフでビキニでマシンガン!」
ついに書店で発売開始です。地方は多少遅れますがもう少しお待ちください!
そんなわけで恒例のPVを作りました!
まだお買い上げ間だの方は是非! なお電子書籍版は来月の配信開始となります!もう少しだけお待ちください!