832ページ

……これが「カミカゼの邦」文庫本のページ数です。

単行本版では上下二段というワザが使えるので445Pですみました。
当初はそれでも780ページですむ予定で、定価もなんとか1千円ジャストで抑える予定だったんですが、徳間書店の編集部さんが何故かとてもこの作品を気に入ってくれて、
「どうせなら前日譚の【スウィッチ・ブレード】も入れましょう」
そして
「『僕僕先生』の仁木英之先生が解説書いて下さいますよ! 単行本の時の細谷さんの解説と並んで収録になります!」
ということになりまして、気がつけば832ページという、京極夏彦先生の単行本ばりの作品となりました。
オマケに表紙絵は獅子猿先生!今手元に見本が来ていますが、まあ格好いい!
単行本の表紙も象徴的で静謐、かつ美しかったですが、こっちはまた別の美しさと格好良さがあります。
えーと、ちなみに832Pが具体的にどれくらいの厚さになるかというと。

色校(色のチェック用の試し刷り)の帯、背表紙部分に定規を当てたところ、こんな感じです。
単純に計って3センチ、実際には紙の厚みでもう少し折り曲げ位置は変わりますから約3.2センチということになるだろうと思います。
誤字脱字、言葉の乱れ等々も直しましたので、より読みやすくなったと思います!
9月7日、よろしくお願いいたします!

「カミカゼの邦」文庫版書影!&予約可能サイト速報

徳間書店さんからお許しが出たので、本日ただ今付をもって
「カミカゼの邦」書影を公開します!

獅子猿先生の渾身の一枚です!
素晴らしいです!

それだけでなく、クリックすると徳間文庫のページにも飛べます!いよいよ後二週間後には店頭に並びます!
どうぞよろしくお願いいたします!

現在(2018年8月24日)予約可能なサイトは以下の通りです。

Amazon
honto
TSUTAYA(※まだ訂正前の価格なので修正されると思います)
オムニ7セブンネットショップ
楽天ブックス

<物語>
東京オリンピック終了後、にわかに緊張感の高まる日本と中国。

そしてある日、ついに、沖縄は戦火に包まれた。
総力戦に突入するかと思われた日中戦争はなぜかそのまま終結。日本は「勝利」した。
地元県民で構成された民兵「琉球義勇軍」の小隊長、渋谷賢雄は戦後の処理を終え、自分の生まれ故郷かも知れない東京へと流れていく。
そこで「紙の風(カミノカゼ)」と呼ばれる組織の暗躍に巻きこまれ、彼は「見えざる戦場」という新しい戦いの場へと誘われていく。
神野オキナが描く、国際謀略アクション小説!
さらに文庫版には本編の前日譚「スウィッチブレード」と作家・仁木英之氏(『僕僕先生』シリーズ等)の解説も収録

カミカゼの邦文庫化についてその4

徳間文庫版で「カミカゼの邦」が出ます。
単行本からの文庫化は普通2年から3年、最低でもかかるものですが、徳間書店さん英断でこうなりました。
さらに税抜き1200円の定価に相応しく、細谷正充先生の単行本版解説に仁木英之先生の解説に加え、「読楽」での読み切り前日譚「スウィッチ・ブレード」も収録されて、厚さ3センチもの本になりました!
この前、カバーと帯の色校をいただきまして、束見本を作って見たんですが我が家にあるどの本よりも厚く、ダブついてしまいました。
今週末には徳間文庫にも書影が出るのでそれに合わせて公開しようと思いますが、まあ大変なモノです。
カバーも特製で、かなり希少なモノになると思います。
ああ、早く何とか公開したいものです!
もう少々お待ち下さい!

 

来る9月7日「カミカゼの邦」が文庫になります!

神野オキナの「カミカゼの邦」が文庫になります!文庫化に際し獅子猿先生を表紙に迎え、読楽」に掲載された前日譚「スウィッチブレード」も収録!さらに細谷正充先生の解説に加え、中国ファンタジー小説の傑作「僕僕先生」の仁木英之先生から解説を新たに頂きました。とてつもない読み応えとなり、徳間文庫より9月7日発売!

神野 オキナさんの投稿 2018年8月12日日曜日

神野オキナの「カミカゼの邦」が文庫になります!
単行本を買い支えてくださった方々のお陰で、文庫化に際し獅子猿先生を表紙にお迎えし、「読楽」に掲載された前日譚「スウィッチブレード」も収録!さらに細谷正充先生の解説に加え、中国ファンタジー小説の傑作「僕僕先生」の仁木英之先生から解説を新たに頂きました。
単行本も上下段組みで400ページでしたが、それ以上のとてつもない読み応えとなって、徳間文庫から9月7日発売です!
お値段少々高めになると思いますが、何卒よろしくお願いいたします!

カミカゼの邦が文庫になります!(続報2)

表題通り「カミカゼの邦」が文庫になります。
まず単行本版の細谷正充先生の解説のみならず、中国ファンタジー小説の大傑作「僕僕先生」シリーズで有名な仁木英之先生が新たに解説を書き下ろしてくださいました!

カミカゼの邦が文庫になります!(続報1)

去年出ました神野オキナ渾身の一冊「カミカゼの邦」が文庫本になります。

まず表紙がイラストレーター獅子猿先生の重厚なものに!
最初のラフ画の段階でもう「これはいい!」と!
実は深見真先生の「アフリカン・ゲーム・カートリッジズ」の文庫版の表紙を拝見したときから「是非一般向けのハードアクションをやるなら表紙をお願いしたいなあ」と願っていたので、凄くありがたくも嬉しいです。
また筆者の図々しいお願いを聞いていただいたりもう……(涙)
とにかく凄いです!