沖縄コミコン当日

2017年10月15日
ウトウト眠って6時起き。
念の為着替え用のTシャツを二枚、展示用模型を移送するためのバッグに放り込む。
余裕があるんで、とのんびりした結果、時間遅れて玉盛さんにピックアップしていただく。

08時前に現地到着。今年はゲートで揉めることなくスムースに入れた。
設営、といっても今年の荷物はふたつなので大変暢気。
なお場所は体育館。バスケコートが四面入るぐらいの大きさですが建築が古いのでクーラーが無いという地獄の開始でもあります……(当日気温32度)
今年は近くの角ふたつに工場用スポットエアコンを作ったので……と思ったらその効果をあげるためかガッシャンとシャッターが閉まり。結果無茶苦茶な汗を掻くことに。
もうこめかみの辺りに幾つか穴が開いていて、そこからどばどば水が出る玩具になった感じで汗が噴き出る。
そんな中、QuestionNo.6先生と横田守先生、ザマ・ケイ(座間慧)先生にご挨拶。SHAZAM!のSEN先生への手土産を忘れて後悔。
何か大きなイベントがあるとき、必ず細かい忘れ物をするのは何故か。
楽団の演奏はリハーサルからチェック。
ただし回線が細いのか全然投稿がTwitterにもFacebookにも上がってくれない。
仕方ないのでWi-Fiをきる(これが間違いの元で、さらに回線が細くなった上、恐ろしく早くバッテリーを消耗する一因になった)。
そしてまた充電用バッテリーは持って来たのケーブルを忘れる私。
かくて開場。
一発目はど定番の「スターウォーズのテーマ」
そして日米友好の代表曲として、例年通り真っ先にこれがかかるので感無量。
https://twitter.com/OKina001/status/919530739451834369
その次がこれ。
https://twitter.com/OKina001/status/919566334358298624

カウボーイビバップの「TANK!」も演奏してたけどこっちは微妙なアレンジな上、動画が何故か縦長になっていた。
楽曲では「進撃の巨人」の海外での人気の強さを再確認。コスプレイヤーも多数。
どんな体型の人も、どんな出来の衣装の人もみな一様に「楽しんでる」感が半端なく、見てるほうもニコニコしていられる。
模型展示コーナーは盛況。県内模型サークルの模好人(もすきーと)さんの展示はユーモア系もあり、ガンプラメインと言うことで若い世代からお年寄りまで。
そしてマシーネンクリーガーの大ファンでワンフェスではオリジナルキットまで出すディーラーでもあるHさんの展示はやっぱ渋いものが好きそうな人が注目(中に「レゴでマシーネンを作ってる人をwebで見て興味が湧いた」という人あり)。
面白かったのは70近いお祖父ちゃんが「ガンプラは素晴らしいから作るが、ガンダム本編のアニメは見ないんだ!子供っぽすぎてね!」力説してたこと、ナゼそれをいうのよ?……いやとりあえず「自分」を語るのはあちらの方らしい「好き」の表現ではありますが(笑)
私がお邪魔したTさんの卓はオールディーズSF&オタメカがメインと言うことで、懐かしの模型メーカーオリジナルなプラモデルや、ケナーの「お友達サイズ」エイリアンなどが多数並ぶ。「マッドマックス」のインターセプターと「カリ城」のフィアットが人気の被写対象。
フォトフォト
フォト
マクファーレントイズのフィギュアとバイクを改造&改良した「アキラ」の有名なイラストを再現したものは、やっぱ渋いもの好きそうな人の熱い視線を受けておりました。

で、もう一つ熱烈な視線を集めていたのが「ロボテック」の展示物。ウチのモンスターもこれに入りますが、中でもタカトクのバルキリーの完全変形玩具をレストア&再塗装したものが「俺これ持ってたよ!」「まんだらけで買い直した!」という人が続出。
中には「子供の頃から大事にこれ持ってたんだけど、別れたカミさんに喧嘩の時、粉砕されたんだ……」というアメリカンな事情を語りつつ遠い目になる人も……。
フォト
そしてお隣のStudio Gazeroさんのディフォルメガンダムシリーズは万人に大人気。個人的には一緒に展示されていた『エージェン・オブ・シールド」のコールソンとメイが素敵でした。特にメイの目つきの悪さ!(笑)
フォトフォト
さてトコトコと会場内を回ってて、玉盛さんと保里さん(地元で活躍しているイラストレーター)が主催したお絵かきコーナー、落書き用の大判紙に、ひとつだけ大人げないぐらい上手いワン○ースのイラストが描かれていて「?」と首を捻る※。
フォトフォト
そして唐突に生・野沢雅子。アイデンティティのひとじゃないです、モノホンです。
ホントに来てました。ただし一般客による撮影録音一切禁止、何を受け答えしたかの記録禁止(契約上の理由だそうで)。
ふだんは温厚そうなMCCSの人たちが鋭い目つきで警備してました。
考えてみればうちの小説、「カミカゼの邦」の主人公、渋谷賢雄もパラレルワールドではこのコミコン会場にいる可能性があるわけで。
願わくば何事もなく、来年も再来年も、数十年後もこうしてコミコン開催されてるといいなぁ、と柄にもないことを思ったり。
それはさておき。
同じ敷地の別の場所にいる知り合いのご夫婦が野沢さん目当てに来ていたので電話をかけるが一切応じないので慌ててそこまで走って呼びにいったので、舞台を見ていられたのは数十秒、それでも生の野沢雅子さんでしたよええ。
戻ってくると野沢さんはすでに退出(正直あの暑さは、普段中東いってるはずの海兵隊員でもウンザリ顔するぐらいなので、60を超えた人には危険だから当然の対処だと思います)。もっと涼しいレストランの入った別施設でのパネルディスカッションと握手会の開始時間と注意事項をMCCSの人に説明して貰いました。
ご夫婦はそちらへ早めに移動。無事にパネルディスカッションに参加出来たそうですが、もの凄い盛況だったそうで(後で青ニプロのTwitterに写真が上がってました)
https://twitter.com/aonipro_kaigai/status/919496561955966976
18時閉会。私は持ち込んだ荷物はふたつだけなので気楽に身支度を終え、玉盛さんのお車で送って貰うことに。
途中ラジオから「声優の○○さんは○○年生まれ……」と国民的人気番組の主演声優さんのプロフィールが流れ、このところ漫画家さん、作家さん、役者さんの訃報が多かったので。「おいおいまさか!」とふたりして緊張しましたが、そのアニメの展示会をやるため、ロングインタビューが流れるその前振りで安堵。
そして苦笑。人間幸せな気分の時ほど不幸を怖れるものなんですな。
さらに、この時点でまだ20時にもなっていないと知ってふたりとも改めて驚く。
ふたりとも東京にいるときの体感時間になっているため、もう22時を過ぎている気がしていました。
家に戻り、荷物を置いて、取り急ぎ風呂には行って身体中に膏薬を貼り付け(特に団扇で扇ぎ続けた両腕と足の裏)、倒れ込むように眠りに。
まあ、しんどいけど楽しい一日でした。来年は個人ブースで出展出来るようなネタがあるといいなぁ。

※閉会後、東○の作画監督の人がたまたま遊びに来て描いたものと判明。

沖縄コミコンまでの数日間

2017年10月12日
愛用していたクロックスの底がすり減って、穴が開きそうになっているので、新しいのを買いに行く。
中途半端な値段ものより、と言うことで一番安い980円の安物を買ってみる。
コミコン出品用(今回も去年に引き続き模型サークル枠なので)に三日前からチマチマ組み立て、スプレーでオリーブドラフ塗装まではしていたメタルボーイ製SD版デストロイドモンスター(数年前WF会場で購入)を完成させる……が、最後の仕上げ段階でシタデルの塗料が死んでいて、塗膜が透けて厚塗りになり偉い酷い出来になってしまう。
ウェザリングでもごまかせぬ。筆ムラも酷い。再塗装だなあ。
腰痛までし始めたのでさっさと寝る。

2017年10月13日
今回沖縄コミコンに参加なされる横田守さんかQuestionNo6さんたちにお会いしたときのためにぶたりめとちんすこうを購入。
いつのまにか「ぶたりめプレミアム(牛で作ったぶたりめという、豚肉で作ったあたりめ=ぶたりめという名称からは本末転倒だがとても美味しい)」が製造停止になっていることを知る。
那覇市の模型屋「みぶろやさん」によって昨日塗り損ねたモンスターの再塗装用にシタデル再購入。
Vカラーも扱いはじめたのは有り難いが、今は手を出せない。
明日、もう一点(ハコルーム)の内容点検をして、新規であと二部屋組み立て、屋根作って再塗装して終わりにしようと思う。

2017年10月14日
再塗装開始デストロイドモンスター完成。完成と言ったら完成。物作りは締め切りに対する諦めが肝要。
出品予定のもう逸品、バンダイのこさえた対シルバニアファミリー駆逐兵器「ハコルーム」の部屋を二階建てにするつもりだったが、もう一部屋作る気力がないので、屋根を延長パーツで誤魔化して三部屋に変更。Question No6さんが来ることに引っかけて、ドクター・フーの「ターディス」とうちのアシストロイドを配置。
移送用の箱を作り、スタイロフォームなどで移送中に固定できるようにする。

11時に寝るつもりがなんだかんだで2時に就寝。

「諸見座曹長くん」制作記


「あそびにいくヨ!」のアシストロイドのお人形はすでに私のアイコンとなっておりまして、漫画家の高津ケイタ先生からは「いつもリアルでお会いする時『あれ?アシストロイドじゃない?』と思ってしまいます」と言われるほどです。

今はなきCMsさんの作ってくれた三体セットアシストロイドはその後、なんだかんだで1カートン分を所持して、多分死ぬまで私の回りでアレコレ代理役をやってくれると思っていますが、良くできた商品でも使い続ければ破損は起こります。
特に耳の部分の付け根が折れやすいのは構造上仕方の無いことですが、誤って足の付け根が折れる個体が出まして。
「このところ手を動かして造形物作ってないから久々にちょっと遊んでみよう」ということで「カミカゼの邦」の「諸見座曹長くん」を作る事にしました。
本編を読んだ方たちが真っ先に「印象に残るキャラ」に指名する彼ですが、当初の案では途中退場するはずでした。
書いていて「こいつは生き残らせたほうがいい」と判断して彼は結局「カミカゼの邦」のなかでは一、二を争う人気キャラとなっておりますから不思議なもので。

こり始めるとキリが無いので、三日以内に終わらせる、ということを目処に、ひたすら手を動かしてさっさと作る事にしました。

制作方法は簡単です。
○頭部・まず横の「ビンタ」部分を残してアシストロイドの前髪ディティールを金ヤスリと超音波カッターで削り、ウェーブのエポパテの食いつきがいいようにピンバイスで穴を開け、そこにエポパテを盛り、あとは耐水ペーパーで磨いて、頭は完成。
○胴体・付け根がもげた左足をに軸打ちし直し、足から胴体側に差し込むように変更。足首部分にエポパテを盛って整形、ブーツ風に見える様に。
首回りの鈴とリボンのディティールはニッパーとヤスリで削除。
背中にはエポパテで日本刀を背負わせるためのラックになるような部品を作りました(結局タイムオーバーでこのパーツは無駄になりましたが……)
○手
ひとまわり金ヤスリで削って、さらに武器の保持のために穴を広げました(左右共に削りすぎて結局武器は接着固定になりましたが。
左手は実験的に超音波カッターで切れ込みを入れて曲げて表情を付ける事に。接着は普通にタミヤのプラモ用接着剤が効きました
平手パーツは以前同じCMsさんのエリスのフィギュアについてた、同じ原型師さんが作ったビックリポーズをしたアシストロイドの平手を複製したものを流用。
○武器類
最初は12分の1のSCAR-Hを切った貼ったして、と思いましたが時間がない&キットが手元にないので、LEGO系のブロックトイについてくる兵士の銃をプラモのランナーで適当に改造、銃口に穴を開けてアサルトライフルと言うことに。
同じく、ランナーを金ヤスリで適当に削って日本刀の刀身と持ち手を。一応「はばき」のような部分もあります。鍔はランナーの番号表示部分に柄と同じ太さの穴を開けて切り取り、整形して刺しました。時間がないので緩やかなカーブのない直刀になったのは残念。

■塗装
全体をシタデルのケイオスブラックのスプレー(プライマー)で塗装。あとはシタデルのサンドイエローや水性ホビーカラーのマホガニーなどで迷彩を適当に。腰のラインはサインペン。
武器も同じくシタデルカラーです。
最後にサインペンで額に諸見座をあらわす「も」の字を書き、目つきを悪くして、「へ」の字口を書き込んでお終い。

……まあ写真をご覧になれば判るとおり「キッツイ」出来ではありますが、老眼の身では「1メートルも離れればそれなり」に見えるので満足しております。
いずれ時間が出来たら再チャレンジしたいですが……。

「カミカゼの邦」電子書籍続報

 


刊行元の徳間書店さんの御厚意で、「カミカゼの邦」の電子書籍が以下の所で序章のラストまで読めるようになりました。
通常、電子書籍による「立ち読み」は全体の5%が基本だそうで、今回の事は異例の措置です。ありがとうございます。
「もうちょっと読んでから判断したい」というかたは是非、以下にあるサイトへ飛んでお読みください!
追加されていけばまた更新いたします!
※あらすじ
東京オリンピック終了後、にわかに緊張感の高まる日本と中国。
そしてある日、ついに、沖縄は戦火に包まれた。
総力戦に突入するかと思われた日中戦争はなぜかそのまま終結。
県民で構成された民兵「琉球義勇軍」の小隊長、渋谷賢雄は戦後の処理を終え、自分の生まれ故郷かも知れない東京へと流れていく。
そこで「紙の風(カミノカゼ)」と呼ばれる組織の暗躍に巻きこまれ、彼は「見えざる戦場」という新しい戦いの場へと誘われていく。
神野オキナが描く、国際謀略アクション小説!

徳間書店紹介ページ

「立ち読み」機能で序章の終わりまで読める所(※文字をクリックしてください)
Amazon (紙&電子書籍)
i-books (電子書籍)
紀伊國屋(紙&電子書籍)