「カミカゼの邦」文庫版再版を願って

ずっと「カミカゼの邦」文庫版発売記念で何かを作りたいなあと思っていたのですが、冬のワンフェスで購入したTRiCKYMANという香港のトイメーカーが作っているSEALs(シールズ) 6 TEAM GUNNERという商品を中心にミキシングビルドして登場人物の諸見座晄三郎フィギュアを作ってみました。

コレクション№2のガンナーの顔と№3のポイントマンの髪の毛パーツを元に、両方ともシンナーで塗装を落とし、ガンナーの眉毛モールドを削ぎ落とし鼻を削って低くしたあと、0.5ミリのタガネで顔の傷を彫刻、髪の毛は強力なプライマーZとタミヤの缶スプレー2種類で、顔は地元の模型屋のみぶろ屋さんで買ってきたソフカラースプレーでざっと塗装したあと、瞳は修正液(ペン型)で塗りつぶし、前から買い置きになっていたシタデルカラーの墨入れ用マッドカラーなどで墨入れ、最後にタミヤのフィギュア用ファンデーションを塗りたくりました。
イメージは獅子猿先生の描いた「人外なキャラ」。





実質数日の突貫工事によるものなので塗装も含めてかなり「荒い」ものになってしまいましたがそこはお許しを。

本日(2018年9月14日付)までに判明している紙&電子書籍購入可能なサイトは以下の通りです。皆様よろしくお願いいたします!

Amazon (紙&電子書籍)
honto (紙&電子書籍)
DMM(紙&電子書籍)
BookLive(紙&電子書籍)
紀伊國屋(紙&電子書籍)
オムニセブン(紙&電子書籍)
楽天(紙&電子書籍)

ブックパス(電子書籍)
Reder Store(電子書籍)
e-book japan (電子書籍)

BookWalker(現在紙のみ)
TSUTAYA (紙の本のみ)

暗源(JOY TOY)というメーカーが面白いです

ちとオモチャ話。
去年からちょっと注目をしている暗源というメーカーがございまして。
ゲーム「タイタンフォール」から影響を受けたと思しい「頭がないタイプの人型メカ」を出し続けてるところです。
一度大きいのを購入したんですが関節がその時はグニャグニャで、ろくに自立もしなかったんですが、今年の冬のWFで見かけたときにはえらくデザインも洗練され、自立もするようになり、「これはいいかなー」と思っておりました。
トドメになったのが最近発表されたこれです。

 

 

 

 

 

 

 

80年代のOVA「バトルスキン・パニック」とかがお好きな方なら判って貰えるこの「ごとん」としたラインが凄く格好良いと思ってしまったわけです。
で、気がつけばスケールを合わせたアクションフィギュアも出来が良くなっていて、「これなら買ってもいい!」と思いつつ……今年のワンフェスでは結局、こっちではなくとある計画のためのディフォルメ系フィギュアを購入することになってしまいましたが……。
まあそれはヨシとしまして。
アシッドトレインとこのメーカー、今後のアクションフィギュアの台風の目になりそうな予感がシマス。

それはまるでもう、コントのようで

何で昨日あんなものを書いたかというとですね。
まあ前回こういう話があったのを覚えてらっしゃいますでしょうか?
あの時「本社に問い合わせて購入した奴は無事につくかなあ?」と言ってたんですが、実は、ということがありまして。
最初に製品を出している会社のサイトにアクセス→品物を見つけて色々書き込み、発注ボタンを押す→メールオーダー受け付けましたの連絡がない→二日後、もう一回行ってみると会社のサイトリニューアル!→しまった、これはリニューアルの騒動に巻きこまれて発注が通ってない!→焦ってオーダーミス(したと思った)→もう一回全部書き直し→よし、発注ボタン!→その後、何故か3通の受注完了メール。
ということがありまして。「これどういうこと?」とメーカーさんに問い合わせたら。
「HAHAHA!安心しなよOKINA、君のオーダーはがっちり受けた! ちゃんとまとめて発送するから心配しないでYO!」
というお返事がありまして……
さてどうしたもんかと思ってたら……来ちゃいました。

こんな感じで。
いや、さすがにいいものなんですがこんなにいっぱい要らない!というかお金ー!
仕方がないので引取先を探していた……というのが昨日までの混乱ぶりというわけです。
いやー、まさかねー。
ホントにねー、こういう馬鹿なことを自分がするとは思わなかったですよ。
数年前、海外通販をはじめたときのほうがよっぽど慎重でした。
有り難い事に全部引き取り手が見つかったのでこの在庫はこの記事が載る頃には全部お嫁(婿養子?)に旅立っているはずです。
なお、新しく来た黒い「アーガス」もなかなか格好良く、デザイン的には桑田次郎(エイトマンなど)のデザインした巨漢ロボットという感じでしょうか。
構造はほぼ「アポロ」と同じで、手の甲に銃身らしいパーツがついている分ちょっと手首の反り返る角度が浅くなっている、という程度でしょうか。
早速二体並べて写真を撮ってみました。

どっちも出来がいいのが嬉しいですね。

というわけで次は戦闘場面

可動させて指と指ががっちり組み合うのはいいですよねー。

今の所商品は売り切れらしいので、次回生産を待ちたいところです。武器とか増えるといいですねー・

背景でモロばれかも知れませんが(笑)

ちょっとした企み(笑)のために前回の「アポロ」と同時期に購入したtrickyman社のSEAL6 GUNNER 、色々な意味で凝ってて楽しい玩具です。
大きさは大体これくらい。

足裏のネオジウムはクレイマンさんとかガレキメーカーでもすでに試してるトコがあるけど本当便利、付属の鉄板ベースがあればここまで反動再現できます。

 

 

 

 

 

日本のディフォルメフィギュアもこの辺は是非装備していただきたい……

なお髭と髪の毛は外せます。髭を外すと意外とイケメンですが、髪の毛が外れるのはそうしないとヘルメットを装着出来ないようになっているからで、ヘルメットを装着するともみあげのない変な横顔になってしまうのは残念。

 

 

 

 

 

さらにヘルメットの暗視装置の電源はメットの中で、装着すると外から点灯&消灯できないのが玉に瑕。あと説明書通りにヘルメットの後ろと後頭部を合わせるようにしてはめ込まないと上手く行きません。
電池交換のためか、電源ユニットは簡単に外れます。

驚いたのはSIGのレールマウント下の装備がちゃんと外れること。ライトは眩しすぎて顔全体が光って見えるのはちょっと「?」と首を傾げますがまあディフォルメですしご愛敬。

関節がポロリしやすいのは水溶き下木工用ボンドなどで対処できると思います。
あと手榴弾、スモーク弾、銃口に取り付ける銃火を表現したクリアパーツや、弾着パーツ(対象物に両面テープで固定)もついてきたりと、お値段でギリギリ以上の頑張りがあって、これ、このまま続けて欲しいですね。
女性隊員とかもだして欲しい。
ただ細かいパーツの取り付け用のタボに変なバリ(↓の写真の右下参照)があるのでニッパなどで切るのは必須です。

Amazonだと今五千円台+送料でメーカーさんが直販してるので同じメーカーさんの出している「暗源シリーズ(こちらはミニフィギュアとパワードスーツ系のメカが格好いいです!)」のフィギュアと一緒に購入して……というのも手かと。
あともう一種類M4ライフルをもったタイプもありますので、選べるというのがまた嬉しいですね。

久々に海外で買い物をしました。

…といっても、別に海外旅行したと言うわけではありません。

1年ほど前だったでしょうか、Twitterで流れてきた記事で、恐ろしくかっこいいアクションフィギアのロボットを見かけました。

詳しい事情はよくわからないのですが、どうやらインドにある3D CGの会社が、例にデザインして3Dプリンターで出力したアクションフィギアらしく、早速そこのホームページに行って、買おうとしたのですが既に売り切れ。とても残念な思いをしました。

ところが今年の初め、どうやら本格的な通販が始まるらしいと言うことで、toynotchいう会社が代理店を買って出たと言う事らしく、早速購入してみました。

で今月発売だったのですが、たまたま中国に出張に行っている知り合いが、向こうのトイショップで見かけたと言うので、代理購入をしてもらい向こうから送ってもらったのですが、それより10日前に発送されているはずの本家からの品物はまだ届かず、代理で買ってもらったものは3日とたたずにやってきたと言う不思議な状態になってしまいました。

これがそのロボットのアクションフィギュア「アポロ」です、

去年から色々と調べてみたのですが、どうやらこのキャラクターオリジナル玩具として、コミックの展開なども考えているようで「アーガス」と言う敵キャラというかライバルキャラもいるようです。

しかし、逆立ちができるアクションフィギアと言うのもすごい話ですよね。後はToynoch本社へ発注した品が、無事に私の手元に届くように祈っているだけです。

現在、当サイトにある番外編小説一覧

一足遅いプレゼントということで、「エルフでビキニでクリスマス!」を再掲しましたが、当サイトにはこれまで発表してきた小説の外伝や落書きなどがいくつかありますので、そのリンクを下に張っておきます。いずれもそんなに長い話ではないので、今年新たに神野オキナ作品を手に取った方は「オマケ」をお楽しみ下さい。

「リラム~密偵の無輪者~」関連

「エルフでビキニでマシンガン!」外伝「魔法使いの憂鬱」

「エルフでビキニでマシンガン!」外伝「若き女王の旅立ち」

「エルフでビキニでマシンガン!」外伝「鬼神キリノ御年七歳」

「EXMOD~思春期ノ能力者~」外伝「ある日の小日向家」

「EXMOD~黒ノ追撃者外伝」華社美月の風景」

 

番外「疾走れ、撃て!」資料公開

番外2「イコライザー!」没原稿公開

番外3「疾走れ、撃て!」落書き

また「note」にもいくつか番外編的なものを載せています。
いずれも無料公開ですのでお気軽に(ここにタイトルのないものの中には有料掲載のものありますが、外伝系ではありません)

note「アシストロイド写真漫画 ハロウィン2015」

note「アントニアの冒険」(現在未完)

note「プロトタイプ・あそびにいくヨ!」

note「アシストロイド写真コマ漫画その1」