Amazonプライムに「あそびにいくヨ!」が戻ってきました!

Amazonプライム見放題が始まった初期に存在したんですが1年たったら消えてしまった「あそびにいくヨ!」アニメ版が見放題の枠に復活しましたー!(※画像をクリックすると該当ページに飛びます!)

もうね、ありがたいです!
北米版は結局中の文字やスタッフキャストの紹介クレジットが全部英語ですし!
これをご覧になって原作にも興味を覚えましたら、是非よろしくお願いします!
アニメは原作の本のさわり……全20巻+外伝4巻のウチ6巻分しか映像化してないのです!


そして同じ世界で無関係な他の沖縄県民はなにしてたか、というのが9月から一斉に電子書籍になるHJ文庫の「うらにわのかみさま」シリーズです!

こちらも是非よろしくお願いします!

あそびにいくヨ!英語版第一話が公式に見られます

アニメ版あそびにいくヨ!の英語版はFunimationさんが作り、配信しておりまして、このようにBlu-rayも同じくFunimationさんから出ております。


で、第1話はどうやら全世界に向けて無料開放されてるらしく、昨日環望先生のダンス・インザ・ヴァンパイアバンドの何話かが同じくFunimationさんのYOUTBEの公式ページから視聴可能ということで調べて見たら、あそびにいくヨ!もあったという次第。
英語吹き替えだけでなく、字幕なども変更されてます(さすがにアオイの強化装甲服におけるHUDの漢字表示までは直せなかったのか、書体の版権の問題なのか、そこがまっさらになっているのが国内版との最も大きな違いでしょうか)。※あとで比較したらちゃんと表示されてました(恥)
騎央が男性声優になっている以外、日本版の伊藤かな恵さん、花澤香菜さん戸松遙さんたちにかなり似た声質の声優さんが、かなりこちらに寄せた演技をしていて興味深いです。
日本語版の1話をご覧になったかたは英語の言い回しだとどうなってるのか、聞き比べてみるのも一興かと。
以下のURLをクリックして下さい。
https://youtu.be/xSYH6l71gTE

仁木英之先生から御本をいただきました

仁木英之先生から御本をいただきました!

「僕僕先生」シリーズとはまた違う手触りで、江戸時代の下町情緒や風景も含めスルスル読めて、開封してちょっと読んでまた明日、のはずが今に至るもずっと読み続けています。

こういうのを手練れの切れ味というんでしょうか。

●飯綱颪: 十六夜長屋日月抄 (徳間時代小説文庫) 徳間書店

 

新しいドクター・フーも予告編が登場しました

そういうわけでピーター・カパルディの、原点に戻ってちょっと気むずかしいお爺ちゃんになった12代目ドクターから、今度はとうとう女性のドクターへとリジェネレーションしたわけですが、同時にスタッフも総入れ替えになったそうで。
予告を見ていても、毎度お馴染みかつ、ドクター・フーのターディスに並ぶアイコンとなっているダーレクやサイバーマンの姿がないのが逆に「新しいドクターを作りますよ!」という意気込みのようで。
今回のコンパニオンの中に「ロー&オーダーUK」のベテラン刑事ロニー・ブルックスを演じてたブラッドリー・ウォルシュが出ているのがイギリスドラマ好きとしては嬉しい……そういえば「ロー&オーダーUK」の第3シーズンまでは10代目ドクターのコンパニオンのひとり、マーサ・ジョーンズを演じていたフリーマ・アジェマンがレギュラーで登場し、その後検事側に5代目ドクターのピーター・デイヴィソンが登場したりしてましたっけ。
なおドクターの持つ「魔法の杖」、ソニックスクリュードライバーも一新して、バイオメカ的なデザインになりました。
日本ではHuluさんの配信でしょうが、無事うまいこと吹替版がつきますように。

魔法少女サン&ムーン~推定62歳~

TLに流れてきたんでひょいと観に行ったらみるみる読んでしまい、慌ててKindleを買いました。
淡々としてて、颯爽とした魔法少「女」のお話。
「まどかマギカ」に端を発した「残酷な」魔法少女ものというのは数々ありますが、それは戦闘や社会、あるいは宇宙そのものという大きなものが彼女たちに牙を剥いていたら、というお話。
ここに描かれているのは「魔法少女という永遠の時間」を手に入れてしまった少女たちのその後と「老い」と「おしまい」の物語。
社会は彼女たちのことを知りつつもいつもと変わらず流れ、残酷に牙を剥いたり襲いかかったり、魔法少女同士が殺し合うこともない。
でもそこにあるのは「時間を止めた永遠の少女」であることの意味、そして「永遠の時間を続けること」への「彼女たちの結論」。
地に足のついた「重さ」のあるお話なのに、さらっと描いているのが凄いです。

北崎拓先生「ますらお」各巻発売中!

北崎拓先生から「ますらお」の新装版と「波弦、屋島」編の2巻を頂きました!

それまで「悲劇の貴公子」としてしか描かれてこなかった源義経を、「美しい、繊細な獣」という側面から描き直したこの作品、北崎先生の各あるシリーズの中では最も長く、掲載誌を変更して続いている作品です。
北崎先生の流麗な絵で、源平絵巻というだけでも凄いんですが、「男と女」ことに「女性心理の神々しさと禍々しさ」に「男の高潔さとどうしようもないダメダメの部分」をごりごり描くことにかけて比類のない先生のストーリーラインやキャラクターの表情、なぜひょいと出てきた義経を、兄の頼朝があっさり認めた(ように見える)のか、という政治的なバックグラウンドや、史実で有名な「八艘飛び」や「一ノ谷の戦い」などこれまで華麗なる義経の戦歴とされていたファンタジックとも言える描き方のみをされてきた歴史上のことを、血肉を飛び散らせる生々しい「殺し合い」としての「いくさ」として描き直すという展開も燃えます!

……という内容に興味を覚えた方、まだ読まれたことがないかた、かつて読んでいたけどどこから読み直せば?あるいはもう一度最初から集めたい というかたは是非下のリンクで試し読みなどをなさってください!

購入先(※文字をクリックしてください)
とらのあな通販(紙の本のみ・送料必要)

Amazon (紙&電子書籍)
BookLive(紙&電子書籍)
BookWalker(電子書籍)
DMM(電子書籍)
DMM(紙の本)
Google play (電子書籍)
honto (紙&電子書籍)
i-books (電子書籍)
TSUTAYA (紙の本のみ)
紀伊國屋(紙&電子書籍)
セブンネット(紙&電子書籍)
ニコニコ書籍(電子書籍)
楽天(紙&電子書籍)

ちょっと環望先生の「ソウルリキッドチェインバーズ」を応援

明日、環望先生の「ソウルリキッドチェインバーズ」の第3巻が出ます。
こういう表紙です。

 

 

 

 

 

 

これで「第一部」が終了となっていますが、第二部に続くには条件があると編集部から言われたそうで。
どういうものかというと、この3巻の売れ行きが一ヶ月で在庫の70%、つまり発行部数の7割を一ヶ月で売り切らないと第二部の続行はないんだそうです。
そもそも「ソウルリキッドチェインバーズ」って何? というとですね、ポストアポカリプスな未来、ゾンビが徘徊し文明が滅びかけた世界で「情報」を携えて旅をする青年にとある少女が仕事を依頼してきます。彼女はいかにも深窓のご令嬢らしい心の優しい穏やかな性格の少女なのですが、常に肌身離さずな熊の縫いぐるみは妙に口が悪く、しかも彼女を狙う連中もいて、それはこの世界にゾンビが溢れた秘密と関わりがあるらしく。
かくて逃避行の最中、ついに追い詰められた青年と少女、絶体絶命の最中、少女の手足が「取り替え」られたとき、チェインソーが死のエンジン音を奏で、ゾンビどもの手足が飛び散り涙が流れ、悪を滅ぼす死の舞踏(ダンスマカブル)が始まる……というようなハードアクション。

うちの作品が好きな方なら絶対に気に入ると思います。

正直、ここで終わるには惜しいですし、「続きが書きたいしそのポテンシャルもある作品なのに売れ行きで中断」という悔しさは嫌というほど、作家としても読者としても知っているので、ここは勝手に応援させて貰うことにしました。

環先生の代表作のひとつ、「ダンス・イン・ザ・ヴァンパイアバンド」の第二部「スカーレット・オーダー」が世に出たとき「普通に続くだろう」と思っていたら、結局「売れ行き」を理由に打ち切られ、一ファンとして唖然とした思いをしました。

最近も加遠宏伸先生の格闘アクションでありながら国際紛争ものというユニークな「大行者ナギ」とか、道明宏明先生のスペースオペラ「さよならジュリエッタ」とか続いて欲しい作品がありました。(興味のある方はタイトル名をクリックすると無料で一話が読めるところに飛べます)。

どんなに「いい作品」であっても「それを探している」人の所に届かねば売れてくれない、そういう現実があるのです。

さて、3巻が売れるには1巻が売れねばなりません。だって最初からお話を知らない人は、3巻からは買わないでしょ?

というわけで、まず第1巻の立ち読みが出来るソク読みのリンクから

ソク読み

面白いと思ったら是非書店発注、もしくはwebで紙の本、もしくは電書でお買い上げを。

Amazonのリンクから。

ソウルリキッドチェインバーズ1/環望 とらのあな通販

楽天ブックス/ソウルリキッドチェインバーズ・環望

ソウルリキッドチェインバ-ズ 1 / 環望 – 紀伊國屋書店ウェブストア 

e-honya ソウルリキッドチェインバーズ1巻・環望(電書もここで)

TSUTAYAオンラインショッピング ソウルリキッドチェインバーズ① 環望(店舗受け取りも可能)

大迫先生が亡くなってからもう七年になります

作家の大迫純一先生が亡くなられてからもう7年になります。

ご存命でしたら今日がお誕生日で、まだ55歳。現役バリバリで書かれていることでしょう。
ライトノベルだけではなく、恐らく本格SFやハードアクション、そういう一般向けの著作もあったに違いありません。

そんなわけでちょっと思い出話を。

最初に私が知った時、80年代の大迫先生は「漫画家」でした。

魔を諭し邏る、という意味の「魔諭羅」の名を持つ謎の少女を中心にした伝奇アクション、そして「正義」を貫く狂ったヒーロー「デストマン」が強烈なインパクトでした。

そして、いつの間にかその人はゼネプロ(後にガイナックスに発展する母体となったSFカルチャーショップ)で「大迫てんちょー」の名で親しまれる人と同一と聞き、驚いていたら、次にお名前を目にしたときには実話怪談系の小説家になられていました。

そして、ゾアと呼ばれる「新人類」を狩るサイボーグ(というよりも義手義足の男、とでも言うべき無骨さなのが格好良かったんです!)を主人公にした「ゾアハンター」を皮切りに、


榊一郎先生が構築した壮大なシェアワールド「ポリフォニカ」シリーズにおいて、「大人の男」を主役にした「ポリフォニカ・ブラックシリーズ」さらにそこから枝分かれした「レオン・ザ・レザレクター」シリーズなど、熱い「漢」の物語を執筆し、さあまだまだこれからだ、という所で突然、この世を去って行かれました。


私の知る大迫さんは温厚で、いつもニコニコと、そして飄々としていながら芯の通った感じのある「兄貴」というイメージです。

私の個人的な縁としては今は絶版中のソノラマ文庫「封神機マカリゼイン」という作品で、大迫さんが作った「超演繹能力」というものを使わせてくれとお願いし、「私の名前出して下さるならいいですよ」という快諾を貰ったぐらいでしょうか。

実際にお会いしたのは二回、大阪でゲスト講師を行ったときと、GA文庫の謝恩会の時です。

大阪の時は人が多すぎ、GA文庫の時は「立っているのが辛い」と離れた場所にある椅子に腰を下ろし、お友達と話し込んでいるのを見て、「邪魔しちゃ悪い」と立ち去ったことを、今でも悔やんでいます。
是非、じっくり話し込んでみたかった。
特撮を愛するだけではなく、ちゃんと「欠点」を指摘しつつ、それを愛せる人でした。
その辺の葛藤や思考を是非お聞きしたかった。
この前も取り上げたイギリスBBCの「ドクター・フー」の9代目ドクター(クリストファー・エクルストン)が好きで、その孤高さを好み、ソニック・スクリュードライバーを個人輸入するぐらい熱心でした。
今、大迫さんが懐かしみ愛おしんだ過去の特撮作品がリブートされ、あるいはその新作が次々作られる状況で、どう思われ、どう見るのか。
Amazonの出資で「仮面ライダーアマゾンズ」が作られてますが、特に、それをどう思われるのか、是非聞いて見たかった。

何よりも、今、大迫純一という人が生きていたらどんな新作を書いていたのか、読みたかった。

残されたものは、忘れないことだけが逝った人に対する唯一無二の敬意の表れなので、つれづれ話をしていましたが、とりとめがなくなってきたので、今回はこの辺で。

「この業界には時間外労働が必要よ」「それは家庭でも同じです」

CSでの初回放送時、大雨のお陰で殆ど観ることが出来なかった「エージェント・オブ・シールド」の第2シーズンの1話2話を見ようとレンタルしてきたら、オマケに「エージェント・カーター」の第1話が入ってました。
「キャプテン・アメリカ」の永遠の恋人、元イギリス情報部のペギー・カーターが戦後、シールドの前身になるSSRのエージェントとして活躍する、というお話。

実は「エージェントオブシールド」のシーズン2を動かす「とある品物」は彼女がヒドラからは捕獲した物資という設定なので、この「エージェント・カーター」は設定の背後を描く意味で「エージェント・オブ・シールド」の中程辺りの時間帯で放送されたとか。

1948年、戦後3年という東京は焼け野原、バラックと闇市の時代ですが、そこはアメリカ、無傷の高層ビルが立ち並び、「人類最後の大戦争(当時はこう思われていました)」に勝ったという喜びに湧いてて、社会は戦時体制を解かれ、かつ戦時中に工場で働いていた女性達が戦地から戻ってきた男性を雇用するために次々と首切りにあっていた時代でもあります。

男尊女卑が認識さえされていない時代と街並み、人の暮らしをてきぱきと活写しながら、「キャプテンアメリカの恋人だから出世したんだろ?」と軽く見積もらつつ、そんな頭の悪い偏見をはねのけるべく背中を真っ直ぐ伸ばしているカーターの姿が恰好イイのです(中には彼女の立場に同情的で庇おうとしたりする同僚も居ますが『好意は嬉しいけれど、自分の事は自分でやらないと意味がないから』とはね除ける潔さ!)。
ただ少々意固地になってる部分があるというのがまた彼女なりにキャップの喪失を埋めようとしているのかしら、とも取れるのが上手い。

1話の特別ゲストという形で「アイアンマン」の社長こと、トニー・スタークの父親も「キャプテン・アメリカ」から引き続き登場しますが、実は若い頃は息子に負けず劣らず女ったらしだったこのスターク父が、カーターにだけは「友人」である、という所がまた、「キャプテン・アメリカ」とこのお話が地続きであるという証明になっております。

そして意外なキャラクターのモデルと思しき人物も登場。なるほど彼をモデルにするわなーという人物でもあります。今回のタイトルはカーターとその人物の会話からの抜粋。

さらに「アイアンマン2」に絡む人物まで登場というのがまた。

個人的には40年代後半~50年代頭にかけての風俗や小道具、セットなどの豪華さはやっぱりアメリカだなあと思います。日本ではまず同じ時代の小道具をそろえるだけで大変でしょう。

「自動送受信型タイプライター」やら「腕時計型金庫解錠装置」などのスパイガジェットも盛りだくさんで見ていて楽しいです。

2月にはレンタルが開始されますかねえ。それともBlu-rayを買ってしまおうかしら。