那覇市の模型屋さん「みぶろやさん」への行き方

というわけで電動スタビライザーを導入しました。
これです

上下振動はさすがに完全吸収とは行きませんが、お値段以上の優れものだと思います。

那覇市は一時模型屋さんが壊滅状態にあったんですが、今は何軒か復活しております。
そのうち一軒「みぶろやさん」への道順。
国際通りに面したいい立地なのですが今ひとつわかりにくいらしいので。

今見返すとすぐ右手にある階段を降りたほうがわかりやすかったなーと思いますがそれはまた次の動画で、ということで一つ。

みぶろやさんホームページはこちら→http://www.mibro83.jp/

昭和までのデマ

インターネット時代で一番有り難いのは確かな情報源を確保した人と知り合いになれることです。
私の知り合いの中で特撮ドラマに関しては、漫画家の蒼沼シズマ(こしじまかずとも)先生に勝る知識と情報を持っている人はいません。
この前も、「ザ・カゲスター」に関して長年「?」のついていた情報に関して正しい応えを頂きました。

実を言うと、私にはこの手の「間違った噂話」や「歪んだ豆知識」が結構昭和の時代に蓄えられている部分があって、暇を見つけては最近、インターネットで尋ねたり調べたりして情報を更新しております。
なんでこんなことになるのか?
昭和が終わるまで、沖縄と本土は(移動にかかる金銭的な意味でも)遠かったので、情報が半年遅れたり、本土に行き来出来る人の都合のいいようにオモシロおかしく歪められたり、というのはザラでした。SF大会やコミケに毎年行くだけなのに「私は○○社の編集さんと仲がいいから作品を見て貰った、すぐにでもデビュー出来る」と10年ぐらい言い続けて、最後は友だちのお金を盗んで消えちゃったひともいました。
彼もしくは彼女らの言うことが全て嘘だったわけではありませんが、彼ら自身も本土で根も葉もない噂や嘘を教え込まれて、それを事実だと思って戻ってきた、なんてことはあったと思います。で、そのデッドコピーのコピー知識を私が持ってる、ということも多々あるわけで。
そういえば最初のエヴァンゲリオン劇場版のとき「本当はあの作品はあと90分ある。庵野監督の完璧主義で完成後にカットしてしまうことになった。自分はその完全版のビデオを専攻で見せて貰い、ダビングして持っている」という人がいたので、毎週のように彼の所へ通い「どう?」と尋ねた所、三回目か四回目で、適当に携帯電話を開いて嘘の電話をかけるフリをし「テープが絡まって駄目になった」と言いわけした人もいました……まさか毎週数十キロ離れた所からやってくるバカだとは思わなかったんでしょう。素直に「いやあれジョークだよ」と笑ってごまかせなかったところがその人の純情さというか、愛嬌だったのかも知れません。
それとは逆に、インターネットの中で「なかったこと」にされる情報もあります。
昭和の時代、藤岡弘は仮面ライダーの話はNGで(事務所の方針か、本人のかは不明)それ故に各種ムックに彼のインタビューは載ってなかったとか、1stガンダムのブームは女性がメインで引っ張っていたとか、セーラームーンは放送当時ちゃんと対象である低年齢層の女性児童に絶大な人気を得ていた、とか。
まあ、話を歪めるのは大抵「そのほうが今目の前に居る観客に受けがいい」ということなんで、悪意はないんでしょうが、同時に善意もない話で、そこはちゃんと修正して記憶、ないし記録に留めておきたいところですね。