バターコーヒーでほんとに痩せるか①

2019年3月10日
2008年、父が心筋梗塞で担ぎ込まれ、嫌な予感がして私自身も病院へ行ったら「数値的には死ぬ病気にかかる手前まで来てるよ」と言われ、思い切ってダイエットして身長167センチ、130キロあった体重を、甘味断ち一ヶ月を経て、一日1000キロカロリー、73キロまで落としました。
問題はその後。
ジリジリと体重が落ちない時期に耐えかねて「ちょっとぐらい」と食い始めてリバウンド。
一時期115キロまで戻してしまいました。
今は105キロまで落としていますが、これでは駄目です。
もう一度ダイエットを……と思ったんですが、年を取ると精神が弱くなるのか、もうどうやってダイエットを始め、維持したのか分からず、また食欲や「口寂しい」から逃げる方法を忘れてしまいました(これは08年ダイエットの、細かくつけていた記録をPCのクラッシュで失ってしまったというのも大きいと思います)。
その後、どうしても「不安になったら食べる」「苛ついたら食べる」という状況から逃れられず。
私みたいなデブは、基本食わないでいることはできるのですが、食い始めたら停まらなくなります(※一種の過食症なのかもしれません)。
この「食欲を停める」方法はないものか、と思っていたんですが、「アリエナイ理科の実験」などで有名なくられ先生が「バターコーヒーダイエットはこういう理由で効くよ」と実証し、さらに知り合いの作曲家、来兎さんもそれで十キロ減量したとか。
食欲のリセット……は無理らしいので、そのごまかしと、痩せる喜びさえ再びやってくれば、何とかもう一度、痩せられるかも知れません。
そういうわけで近くのファミマで売ってたバターコーヒーを飲んでみました。
コリャ凄い……胸焼けするレベルで満腹感が来ます。
膨満感と言っても良いかも。
そんなわけで現在105.4キロ、どこまでバターコーヒーで食欲を抑え、カロリー摂取量を抑えられるかやってみようと思います。