ものの値段について。

趣味の世界において、生産者努力と有名税は、当人が「支払おう」あるいは「そうしないとねえ」と思うもので、他者から強要されるものではない。
趣味のモノは、売る側にはこの値段より下で売る権利も売らない権利もあるし、逆に買う側には買う権利もあれば買わない権利もある。
金払って価値を認めてくれる人にする感謝と、盲目的な服従と市場傾向の調査と、それに対応する努力は全て別物。
これ以下ではこの作品(商品)に品質は維持出来ません、というラインはそれぞれにあるし、規模による限界もある。そこに値札をつけてやりとりするのが健全な自由主義&資本主義経済ってものじゃないのかしらね。
「人の価値と自分の価値」のすり合わせで譲り合おうよ。
みんな幸せになりましょうよ。