台風、大丈夫でしたでしょうか?

本土は台風のお陰で大騒ぎだそうで、Twitterとかをみてると物凄い被害の有様が報告されてきて、心配になってきます。
沖縄は面積が驚く程小さい上、戦前戦後を通じて河川整備がかなりいいレベルまで行われたので、台風の雨風が極端に言えば「すぐに海へ流れる」のですが、本土は圧倒的に面積が大きいので、雨は貯まる場所があり、風は山や地形で増幅されるわけですから、その被害の持続時間、規模はどうしても沖縄より大きくなるわけで。
沖縄も「台風は慣れっこですよ」と笑って言えるようになったのはこの二十年ぐらいで、私が子供の時分は川の氾濫や土砂崩れ、赤土の流出は毎度毎度、時には死者も珍しくありませんでした。
今那覇のジュンク堂のあるあたりは今でも数年に一回床下浸水があるぐらいでしたし、与儀公園のあたりで川に落ちた子供がさらに流されて数キロ離れたその近辺で傷ましい姿で見つかったという話もあります。
何よりも農作物の被害はどれだけ技術や科学が進歩しても、やはり如何ともしがたく、農家の方たちは本当に大変だと思います……
皆様何卒ご無事で……と願わずにはいられません。
以前住んでいた部屋は風通しのいい場所に立っていましたか゛同時にそれは台風の時も強風が吹き付ける、ということで窓ガラスに内と外から×の字になるようにガムテープを貼って補強しておりました。
見栄えは悪いですが、おかげで縦横鉄筋入りの窓ガラスに何カ所かに亀裂は入ったモノの砕け散ることはありませんでした。
これからまだまだ油断出来ない状態が続きます、皆様お気をつけて……