アメリカドラマも疲れてるんでしょうねえ

ここ20年ぐらい、アメリカのテレビドラマというのは海外のドラマの中でも全世界を相手にするだけあって、大したレベルの脚本が上がってきます。社会問題も真っ正面から取り上げますし、最新テクノロジーに関しても貪欲に取り入れ、整理し、エンタメ的なディフォルメはあるにせよ完全に間違いというモノは驚く程減っています。
プロットは二重三重に絡み合い、一話完結作品も実はその背後に全編を貫く物語があり、シーズンの終わりにはそれが一気に動き出し、今までのお話の中で見過ごしていたことが実は……なんて展開をよくもまあ、と感心しながらチェックしてました。
ですが去年一昨年あたりから、これまでとはちょっと毛色の変わった作品が人気を博して日本まで輸入されるようになってきたようです。
またこれまでロングランを続けていた作品も方向を変えるモノが増えてきました。
単純明快で、キャラクターの掛け合いで展開し、毎回完結でとにかく明るい。
判りやすいギャグとお約束な恋愛展開、やり過ぎて登場人物の知能指数がえらく低かったり、前シーズンに比べて半分以下になってるように見える作品もありますが……
特に残念ながらシーズン1で終わってしまった「ラッシュアワー(J・チェン主演のアクション映画のテレビ化)」とこちらは第3シーズンからは主役ペアの片方が降板入れ替えという「リーサル・ウェポン(こちらも同タイトルの映画のテレビ化)」、そしてシーズン4にして唐突に打ち切りになってしまった天才チームの活躍を描く「スコーピオン」の3作品はその傾向が顕著でした。
視聴率的に苦戦してシーズン2こそなかったですが、シーズン1はちゃんと全話放送された「ラッシュアワー」は最初から明るく楽しく、で最後もみんな集まってささやかなホームパーティというハッピーエンドでした。
「スコーピオン」もシーズン2までは主人公の一人であるウォルターの姉の難病に絡む話が本編とは別の重大なお話として流れていましたが、彼女がシーズン2のラストあたりで亡くなると、シーズン3から、物語は一気に明るさを強調するようになりましたし「リーサル・ウェポン」のシーズン2もシーズン1にあった多少の陰鬱さは消え去って主演ふたりの知能指数どころか、他のキャラクターの知能指数まで半分になったような展開や場面が増えました(笑)
思えばこの20年、「ヒル・ストリート・ブルース」に現れた「複雑な脚本」は「ER」と「24」で遠慮なく主人公を追い詰める複数のドラマのラインになり、「クリミナル・マインド」や「パーソン・オブ・インタレスト」「第一容疑者」「シカゴファイア」に始まる「シカゴシリーズ」あたりまで複雑になり大きくなりジェットコースターになっていきました。
恐らく22話、十数時間もそれに付き合わされることにそろそろアメリカの観客は飽きているのかも知れません。
それは全米視聴率のトップが「CSI」シリーズが終了して以来、この数年連続1話完結で捜査チームを「家族」として描き続ける、判りやすい「NCIS」シリーズなのを見ると顕著という気がします(もっともCSIシリーズにも複数のお話のラインはあるのですが、それは全体を覆うほどの強さはなく、基本、判りやすい明るさが根底にあります)。
むしろ複雑な複数の話が同時に走る作品は「THIS IS US 36歳、これから」のような「普通の人たちのドラマ」や短い話数(それでも13話)の配信ドラマなどに主戦場を移していくように思えます。
さて日本の場合、どうなるんでしょうね。