DCのヒーロー番組「フラッシュ」シーズン4を見ております

シーズン4ということはもう4年も続いてるんですな。
これぐらい長く続くとキャラクターの成長や因縁が本物になってくるんで凄いなーと。
個人的には今回、初登場したメタヒューマンの探偵、ラルフ・ディブニーがいいキャラになっておりました。
当初は調子のいい、趣味の悪いジョーク連打するだけが特徴の、アカン元刑事のロクデナシ、と思ってたら、実は「DC世界第二位の探偵(第一位は当然ゴッサムシティのコウモリなので)」エロンゲイテッドマンだと知って驚きましたが(笑)
ヒーロー稼業をはじめた当初は仲間たちからも冷遇されてて、スーツもこんな感じでスが……

次第にヒーローになっていき、なぜつまらないジョークを停められないのか、その捻くれたモノの見方はどこから来たのか、というのをちょっとコメディタッチ強めで描いていくというのが今回のフラッシュの中ではいい感じの息抜きキャラになってて楽しいです。
CW製作のDCヒーロー番組お馴染みのクロスオーバー作品は4作品まとめて3時間以上もあるもので相手が時空を越えてやって来たナチスということで随分お気楽になってはおりましたが、そこに出てこなかったのは残念です(訓練中だったので刑事のジョーたち夫婦と共に護衛も兼ねて避難させていた、という説明はあとでありましたが)。