WF2018夏

さて、今回の上京は殆どが営業回りと、これまで自分の本、特に「カミカゼの邦」を頑張って東京都内&近郊で売ってくださった書店さんへのお礼行脚でもあったのですが、唯一の例外は現在日本最大の造形の祭典(最近はAKガーデンも出てきましたが,それでも現状日本一だと思います)、ワンダーフェスティバルの見学でした。
見学と言っても毎回何らかの形で出費してしまうのですが……
問題なのはこちらでも書いたとおり、その直前の7月28日の土曜日の段階で関東、東京を昼過ぎから台風が直撃するということで怯えていたら、28日に予定されていた隅田川花火大会が翌日に「延期」。
延期ということは台風の影響は無し?と思いましたが、沖縄の台風も過ぎ去った後にも大雨を残したりするのでさてどうしたものか。
沖縄の友人たちと「いのまたむつみ展」にいったあと、それまでの疲労困憊(月曜日からずっとあちこち飛び回っていたので)がどっと出て、宿のベッドで倒れておりましたが、チェックしてると「WF夏は実行」とのこと。
同時に知り合いから一斉に「隅田川花火大会とかち合うと電車が大変な事になるのでもしもWF行くなら早めの撤収を」と忠告が次々と(笑)。
いつもはWFの前日に東京に乗り込み、WF以後営業活動をするので体力は充分なんですが、今回はWFをスケジュールの最後に置いています。
あんまり無茶をすると沖縄に戻って仕事をするまで、疲労困憊してひっくりかえり、仕事になるまで時間が掛かりすぎることがあります(今年の2月がその典型かつ重症状態で、丸数ヶ月調子がもどらなかったのです)。
そんなわけで、今回は活動限界時間を設け、会場後2時間で撤収、としました。
以前丁寧にカタログをチェックして行動しようとしたら大変な金額を吐き出そうとした前歴があるので、基本チェック無し、行き当たりばったり。開場してからは時間との狂騒、もとい競争です。そういうわけで色々見て参りました。
その一部がこんな感じです。

アパレル商品あり、手作りアリ、マイナーキャラあり、メジャーキャラ有り、ビックリするほど小さなものから見上げる程に大きなモノまで。
アマチュアとプロが混在し同じラインで眺められるというのは大変に面白いもんです。
……でまあ、結局そこそこに散財してしまいましたが……(汗)。
あとバンダイの旧プラモデルを物凄いディールアップしてTwitterで評判になった造形家、タンゲ・アキラ氏のコン・バトラーVを含めた他の作品も展示されていたんですが結局宿に帰ってから思い出すという。
そろそろ、地図はともかく、「回るべき場所」のリストは作ってスマホに入れておくべきなんでしょうねえ。我ながら勿体ないことをしました。
次は来年2月(ごろ)のWF2019冬、ってことになるんでしょうが、これから頑張って仕事をどんどんこなして、次こそはもう少し我慢しない予算が確保出来るようにがんばりたいなーと思っております。