背景でモロばれかも知れませんが(笑)

ちょっとした企み(笑)のために前回の「アポロ」と同時期に購入したtrickyman社のSEAL6 GUNNER 、色々な意味で凝ってて楽しい玩具です。
大きさは大体これくらい。

足裏のネオジウムはクレイマンさんとかガレキメーカーでもすでに試してるトコがあるけど本当便利、付属の鉄板ベースがあればここまで反動再現できます。

 

 

 

 

 

日本のディフォルメフィギュアもこの辺は是非装備していただきたい……

なお髭と髪の毛は外せます。髭を外すと意外とイケメンですが、髪の毛が外れるのはそうしないとヘルメットを装着出来ないようになっているからで、ヘルメットを装着するともみあげのない変な横顔になってしまうのは残念。

 

 

 

 

 

さらにヘルメットの暗視装置の電源はメットの中で、装着すると外から点灯&消灯できないのが玉に瑕。あと説明書通りにヘルメットの後ろと後頭部を合わせるようにしてはめ込まないと上手く行きません。
電池交換のためか、電源ユニットは簡単に外れます。

驚いたのはSIGのレールマウント下の装備がちゃんと外れること。ライトは眩しすぎて顔全体が光って見えるのはちょっと「?」と首を傾げますがまあディフォルメですしご愛敬。

関節がポロリしやすいのは水溶き下木工用ボンドなどで対処できると思います。
あと手榴弾、スモーク弾、銃口に取り付ける銃火を表現したクリアパーツや、弾着パーツ(対象物に両面テープで固定)もついてきたりと、お値段でギリギリ以上の頑張りがあって、これ、このまま続けて欲しいですね。
女性隊員とかもだして欲しい。
ただ細かいパーツの取り付け用のタボに変なバリ(↓の写真の右下参照)があるのでニッパなどで切るのは必須です。

Amazonだと今五千円台+送料でメーカーさんが直販してるので同じメーカーさんの出している「暗源シリーズ(こちらはミニフィギュアとパワードスーツ系のメカが格好いいです!)」のフィギュアと一緒に購入して……というのも手かと。
あともう一種類M4ライフルをもったタイプもありますので、選べるというのがまた嬉しいですね。