爆発とシートベルトと「あそびにいくヨ!」

動画配信サイトで、最近放送されたとあるドラマの第1話を見まして。
冒頭から爆弾騒ぎなのはいいとして、
主人公、爆弾を抱えさせた犯人もろとも真下に流れる河に飛びこむ→水中爆発&派手な水柱→無事に犯人と一緒に戻ってくる。

という展開に暫く考え込みました。

どうやったらそんなこと可能なのか。あるいはどうしてそんなことをさせたのか。
1965年製作の映画「007サンダーボール作戦」で海に飛びこんだボンドへ、スペクターのラルゴとその部下たちが銃弾を撃ち込もうとせず、手榴弾を次々「いそうな場所」に投げ込んで爆破し、衝撃波で危うくボンドが死にかける、という描写があって以来「水中爆発の衝撃波は水を伝ってくるだけで大ダメージ」ということはすでに知られている筈です。

私なら爆弾だけ、あるいは主人公のキャラクターによっては犯人に爆弾を抱かせて「ほら」と蹴り飛ばします。
恐らく海外ドラマなら爆弾だけを放り出すでしょう。

理由は三種類考えられます。

「実は飛び降りた瞬間カットが変わっているが、その時爆弾を犯人から引き剥がし(あるいは犯人が爆弾を何とか手放し、主人公たちが先に落ち、爆弾は水面近くで爆発、主人公と犯人は水中深く潜って衝撃波の影響がいまで一時的に沈んだので無事(ただし、電車の車両一台分吹き飛ぶ爆薬という説明があるので鼓膜が破れるとか、気絶するぐらいはありそうですが、そこは物語と言うことで……)」
「実は海外ドラマ『スコーピオン』の第3シーズンよろしく、実は先に爆弾を放り投げ爆発で起きる水柱の中に主人公たちは飛びこんでいた(この場合なんでそんなコトしたのかが判りませんし、そういう描写は本編中からっきしで、種明かしもされないのですが)」

もう一つ有り得る、一番つまらないのは局側から「犯人だけ突き落としたりすると主人公が悪く見えすぎる」&「主人公がアレな人であるというキャラが判る描写も入れてくれ」とかいう注文とクレームが来たんで、結局一緒に落ちてもらった、という下らない「大人の事情」かなーとも思うんですが、もしこれだとしたら、本当にやりきれない話。

で、なんで最後のような「事情」があるんじゃないかと私が考えるかというと「あそびにいくヨ!」の第2話で嘉手納基地へ主人公たちを助けにヒロイン二人が突入する場面があります。
「女子高校生が車で武装して嘉手納基地へ突入する、って大丈夫なのかしら?」
と思っていたら意外なところに「クレームがつくかも」と前相談がありまして。
ヒロインたちが車で基地の中に突入した後、「窓から身を乗り出してグレネードランチャー付きのアサルトライフルを撃つ」という描写があり「シートベルトは外しますよね?」と聞かれまして。
まあ確かに窓から身を乗り出してM16A2を撃ちまくるにはシートベルトを外さなくちゃいけません。
でも一時的に外して、すぐ戻すような描写にすればいいじゃないですか、と思いましたが、
「そこも作画枚数がかかりますし、それでも『走行中の車で一時的にシートベルトを外す行為』を問題にする人もいます。制作委員会かテレビ局に反対された場合、シートベルトさせたまま不自然な姿勢で撃つか、古いシートベルトのない時代の車(現行法ではシートベルトを着けるほうが違法なので亡いのは問題ない)を使うかになりますので、またご確認とご相談を」と。
個人的には
「むしろ16歳が車を運転して銃ぶっ放すのはいいのか?」
と再度思いましたが
「それは別に作り事だから構わないが、シートベルトの装着は問題である」
とのことで
「その際はお任せします」
と言ってたら結局制作委員会もテレビ局も
「問題無し」という結論がおりて、無事に真奈美はM16 A2の銃身下部に取り付けたグレネードランチャー撃っております。

本編ではたった10秒、これだけのシーンのために2週間ぐらい喧々諤々をやってて「アニメって大変だなぁ」と強く印象に残っています。

しかし「誰」シートベルトが問題になると言い出したのか、その「誰」かさんは「誰」が気にすると思ったのか、今になっても判りません。
何とも不可解な話ですがこれも一種の「忖度」ってやつだったのかもしれませんね。

ちなみに数年後、このアニメは嘉手納基地のお隣さん普天間基地で行われた沖縄コミコンで上映され大受けに受けておりましたですよ、ハイ(笑)

アニメ版「あそびにいくヨ!」は現在以下の所で観ることが出来ます。
「あそびにいくヨ!」
dアニメストア(定額見放題)

U-NEXT(定額見放題)

ビデオマーケット(購入必要)

Amazonプライムさんでも以前は配信されてましたが残念ながら現在は海外版Blu-rayが販売されているダケになりました(涙)
なお同じBlu-rayでも下の北米版(※ジャケットをクリックするとAmazonの販売に飛びます)よりも安く提供されているPAL版(UK版)は再生方式が違って国内のBlu-rayプレイヤーでは再生出来ません
あそびにいくヨ!: コンプリートシリーズ S.A.V.E. 北米版 / Cat Planet Cuties: Complete Series: S.A.V.E. [Blu-ray+DVD][Import]

原作版はこちらの画像をクリックしてください↓