「刃の王」という作品がありまして……

嬉しいことに、田沼雄一郎先生におっかなびっくりリクエストしたら、数年ぶりにリムマーヤを描いて貰いました!

このダークエルフは「刃の王」に出てきた生真面目で不器用な女性で、異世界から現代社会に現れ、主人公と共に「堕刻」と呼ばれるものを粉砕するために世界を旅する……という作品「刃の王」のメインヒロインでした。
ソノラマ文庫の名物編集長、石井さんと最後に組んで書かせて頂いた作品で、結局の所続いていないのですが(恥)
田沼先生はちゃんと覚えていてくださって、当時よりも年齢を重ね、鍛え上げた彼女を素敵に描いてくださって凄く嬉しいです!(涙)

現在「刃の王」の電子書籍版は以下の所で購入出来ます!

刃の王 堕刻使いの旅立ち
Amazon

book walker

book live

e-booljapan

DMM電子書籍

Google Play

honto

iTunes

Reader Store

紀伊國屋

オムニ7

台風の来る中、いのまたむつみ展を見てきました

土曜日は台風が関東を直撃するという奇妙に緊迫した状態で、ホテルの掃除が済むまで外の喫茶店で時間を潰しておりましたら、沖縄の知り合いが今東京にいる、ということが判明し、彼らと合流したら最初に「いのまたむつみ展に行きたいんです!」とのこと。
でもなあ、お台場とかあのあたりは本日出向くには怖いなあと思ってたら落ち合った秋葉原すぐ近くの有楽町だったので、さっそくトコトコと行ってきました。

いやもう、本当に凄かったです。数日前にお会いしたとある漫画家さんから「あの絵は凄い。線や色使いだけじゃなく、日本画の技法と油絵の技法までつかってる。金泥つかってたりするんだよ!」と「観に行くべき」と言われていたのですが、それも納得の凄さでした。
特にこの下に表示した、表の看板にもはめ込まれた「風の大陸」の絵。
人物の背景にある月、つまり印刷物では地割れのような質感がありますが、実際には油絵の手法で凹凸が逆だったのは衝撃でした。

別の作品では透明なセル画を乗せているのかと思っていたモノが同じく薄い白の絵の具を油絵手法で盛り上げていたり……何よりも絵の具の薄さ、線の繊細さが息を呑むものでした。
また、微笑ましいなーと思ったのは場内に置かれたスケブ。 ティルズシリーズ以後から入った若い人から、バルディオスの原画で惚れ込んだ方、初のキャラデを担当したアクロバンチからの方、サイバーフォーミュラの方、様々な世代、入り口から入ってきた人たちのリスペクトに溢れておりました。
そして宇宙皇子の表紙絵を鑑賞しつつ、初めて第1巻を本屋さんで見た数十年前、
「これはズルい!この人の表紙なら中身が白紙でも買わなきゃいけないじゃないか!」
と当時の友人が声をあげた夏の日を思い出し、そしてダ・カーポの美しい主題歌が脳裏をよぎりました。
さらに、そこから多分、自分の著作の表紙を見て同じことを叫んだ人はいるんだろうなあとほろ苦く思う。あの頃はまさか本当に自分が作家になるなんて願ってはいても確信なんかしていませんでしたね(まあ、今でも怪しい所はありますが)。
とりあえず、行ける方は是非いったほうがいいと思いました。
しかし、OVAに置ける代表作「幻夢戦記レダ」の商品や本の展示はあっても原画が亡かったのは本当に残念。レコードジャケットとか、販促用ポスターの原画とか、是非見てみたいですねえ。

閑話休題

「カミカゼの邦」の文庫化の話題をもっとしたいところですが、今回はちょっとお休みをしまして。
実は今、旅の空にいます。
何処なのかはいずれ、といいますか、この時期に沖縄県外に出ているということはどういうことか。
はい、東京におります。
しかし、旅というのはホントに行く前が大変です。
旅自体は楽しいんですよ。正確に言うと飛行機に乗ってからは。
それまでが大変。
着替えの準備お土産の用意(サンリオの社長じゃありませんが「スモールギフト・ビッグスマイル」になるように心がけつつ財布の中身と相談だったり)、日程の組み立て、到着後の予定……大抵の場合、東京に出る場合は営業回りが常ですから、出版社さんとの日程打ち合わせも必要です。
大抵は4日以上の宿泊になるので、着替え半分とお土産はまとめて先に郵送します(到着日前日か当日を指定し、○○日より宿泊予定、とホテルの住所に自分の名前を書くとちゃんとしたホテルは保管してくれます)。
宿はさすがにここ10年で固定となりました。
結局あちこち都内で宿を取りましたが、やっぱり秋葉原神田、東京駅周辺が一番楽。
出版社の多くはお茶の水周辺に居を構えていますし、新宿、中野に出るのも電車一本で可能です。ディズニーランド周辺に行くには大変ですが……。
で、着替え以外にもモバイルギア、PCの用意も必要です……今抱えている仕事の中には即応性を求められることも多いので。
さらにそこへ腰痛持ちですから腰痛ベルトだの薬だのの用意がアリ、杖も持っていくことにしています。
毎年最低でも2回は上京するのでさすがになれてきた……と思うんですが、不思議なコトに毎回ひとつ、何かを忘れて上京する、というのがパターンになっています。

大抵気付くのは宿に着いて荷ほどきした後なので取りに戻るわけにも行かず、家にあるモノを現地で買い求めるというのもままあります(それがその時のために購入した新品のものだったりすると空しさ倍増です)。
また、家でなにかをし忘れたままというのもあります。
あと「ちゃんと施錠をしたか」という不安で何度も戻ったり……こちらは最近、スマホで「出て行くまでのチェックを動画に撮る」ということで解消されつつありますが。
幸か不幸か、忘れ物で決定的ということに陥ったことは……一度ありました。
旅先では眠れないので、早朝移動が必要な時は導眠剤を飲んで寝るんですがそれを忘れた時は、ろくに眠ることも出来ず、ただ横になって目を閉じて朝を迎えたりもしました。
今回の旅行でも多分何かを家に忘れてると思うんですが、大したものじゃありませんように……

それよりも今度の東京は猛暑の最中、さてどうなりますか……

 

…………という下書きを作ったのが23日でしたが、今現在、各所打ち合わせやお礼巡りなどをしております。そして……関東に台風が来るかも、ということでドタバタになりつつあります。
あと、今回もしっかり(?)忘れ物をしました。
iPhone用の電源ケーブルと、ノートPC用のマウス。
隅田川の花火大会が延期されてWFと重なりそう、ということでその時の電車の混雑具合の恐ろしさを知り合いに教えられて今試案投げ首です。
さてさて、どうなりますことやら……私、無事にWFにいけるのか、そもそも開催されるのか?

コミカライズ版あそびにいくヨ!半額セール中!

ただいま、以下のプラットフォームの電子書籍版「あそびにいくヨ!」(コミカライズ版)が半額セールとなっております。
原作者以上に作品を理解し、見事に10巻でまとめられた傑作です!
いつまでなのかは作者にもさっぱり教えられてませんので、興味のある方はお早めに!

Amazon様(1巻の無料お試し版あり)
book live様

DMM.com様

google play 様
Readers store様
紀伊國屋書店様
ニコニコ書籍様

honto 様(Amazon同様1巻の0円版あり)

カミカゼの邦が文庫になります!(続報2)

表題通り「カミカゼの邦」が文庫になります。
まず単行本版の細谷正充先生の解説のみならず、中国ファンタジー小説の大傑作「僕僕先生」シリーズで有名な仁木英之先生が新たに解説を書き下ろしてくださいました!

カミカゼの邦が文庫になります!(続報1)

去年出ました神野オキナ渾身の一冊「カミカゼの邦」が文庫本になります。

まず表紙がイラストレーター獅子猿先生の重厚なものに!
最初のラフ画の段階でもう「これはいい!」と!
実は深見真先生の「アフリカン・ゲーム・カートリッジズ」の文庫版の表紙を拝見したときから「是非一般向けのハードアクションをやるなら表紙をお願いしたいなあ」と願っていたので、凄くありがたくも嬉しいです。
また筆者の図々しいお願いを聞いていただいたりもう……(涙)
とにかく凄いです!

台風銀座と人の言う

沖縄はまあ、台風が多いトコロです。
どれくらいかというと、まず木造モルタルのアパートなんてここでは見ません。
どんな安アパートでも昭和40年後半から50年代から建った建物は大概が鉄筋コンクリートです。
そしてアルミサッシの殆どには鉄筋が入る仕様で、さらに腰窓の大きさの窓には何かぶつかってきても大丈夫なように鉄枠が填まっています。
建物に直角になるようにボルトオンするタイプの大きな外看板は最近でも余り見かけず、あるとしても東京の五倍ぐらいの料の桁やボルトで留められています。
アニメの「あそびにいくヨ!」唯一の心残りは諸事情によって中盤以後、沖縄専門の背景デザイナーの人が使えず、双葉アオイのすむアパートが典型的な本土のモルタル系アパートになっちゃったことでした。
それぐらい、沖縄は台風がやって来て、それ専用に家が建っています。
ついでに言えば、沖縄の水事情は台風込みでしか成り立たない所がつい20年前までありました。
今でこそ複数のダムがありましたが昔はふたつだけ、80年代まではちょっとしたことで断水、あるいは給水制限は普通にありました。
ですので空梅雨となれば断水解消は台風に頼るしかなく、そしてそういう年の台風は秋を通り越して真冬にまで発生する、というのが常でした。

今年はかなりの空梅雨で、恐らく梅雨明け宣言してからまた台風が……といってたらどうも一週間おきに台風が発生しているようで。

困った事に私は低気圧に弱く、台風クラスになると十二時間ぐらい眠ることさえあります。
これから年末に向けてバリバリお仕事をこなしていきたいんで、何とか数は減らしつつ、大雨がダムのある北部に程よく降ってくれる……とはいかんもんですかねえ。

腕時計というおまもりの話(後)

さて、アニメ化されて記念に「電波調整機能付きで太陽電池駆動」という売り文句に引かれて買ったのがこちらのGショック。

ただ困った事にちょっとボタンを押し間違えると勝手に日本以外の国の標準時間になってしまうという所がありまして。
一度知らないうちにワシントンの時間に合わせられて、大慌てで家を飛び出すハメになったことがあります。
ただ、節目に買ったモノのせいか、これを填めている間は奇妙に「余り起きないこと」が発生することが多い気がするんで、最近ではゲン直しに填めるようにしています。

タイメックスは「カミカゼの邦」を書いた後、大藪春彦賞の候補作になった記念に「シンプルでそこそこ防水機能」なのとベトナム戦でのミリタリーユースなメーカーが今も作り続けているもの、ということで購入しました。これはこれで頑丈さはGショックに及ばないモノの、シンプルで気に入っています。

そして最後にこのGショック。


話が前後しますが、最初に購入したGショックのベルトが千切れたあたりで、「あそびにいくヨ!」の重版が3回目を越え、記念も兼ねて購入したのがこのGショックです。
ちょっと奮発して高いのにしました(といっても上の二つに比べれば遥かに安い商品なのですが)。
このGショック、どういうわけか10分弱早く進むという癖がありました。
まあ遅れるよりはひとに迷惑をかけなくていいか、ということで使っておりましたが、次第にラバーのカバー部分もぶわりと膨らむようになり、数年前の電池替えの時、持ち込んだ時計屋さんに「パッキンがイカレて中でサビが始まってる。次停まったら買い換えたほうがいい」と言われ、去年とうとうバンドが千切れてしまいました。やむなくバンドは市販品で代用しましたが、結局なんだかんだで思い入れの深いものなので、修理に出そうと思って見積もりを取ったら……本体が二、三個買えるお値段が提示され「とりあえず次に大きなお金が入ったら」ということで、同じモノを買い換えることとしました。

比べてみると右の古いほうがかなり痛んでるのがわかると思います。
当分の間はこのGショックを使い、古いほうは次に再版される作品が出たら、晴れて修理に出すつもりです。
どうかなるべく早いうちに修理にだせるようになりますように……頑張って仕事しなくては。

追記。この買い換えのGショック、先代とは逆に3分遅れているという困った修正になっておりまして…そういえば、先代も結局時間合わせをしても治らず、結局五分進めた状態にして固定になった記憶が…………