大藪春彦賞の候補作になりました!

本日付で正式発表となりましたが、第20回、2018年度の大藪春彦賞の候補作として「カミカゼの邦」が選ばれました!

大藪春彦先生といえば、私にとっては「野獣死すべし」でハードバイオレンス&アクションの扉を開いた人で、尊敬する作家さんのひとりです。
銃器に関するペダントリィ、暴力に対する呵責ない描写、乾ききった欲望のままストイックに戦い続ける主人公……今日本に存在する小説、および漫画を含めた映像作品のバイオレンスとアクションものの基礎はほぼ全て大藪先生が最初に描いたものだといえるでしょう。
その名前を冠した賞にノミネートされるなんて!

同時に発表された候補作は

伊岡 瞬先生の『痣』
呉 勝浩先生の『白い衝動』
佐藤 究 先生の『Ank:a mirroring ape』
深町秋生先生の『地獄の犬たち』

と、どれも軒並み素晴らしい作品で、これらの作品と「カミカゼの邦」が一緒に並ぶということ自体が光栄であり名誉です!

これも読者の皆さんのお陰です! ありがとうございます!

 

2018年もよろしくお願いいたします

あけましておめでとうございます。


2017年は結構大変な年でした。そんな中でも「EXMOD」二作、「軍師/詐欺師は紙一重」二作を出して、これまでの作家人生でデビュー作以来になるハードな長編「カミカゼの邦」を上梓することができました。
ここ数年で出版業界を巡る様々な状況は怒濤の変化を続け、個人的に今年は去年以上に波の高い年になると思います。
それでもなんとか小説を書き、本を出し、物語を紡いでいきたいと思います。
読者の皆様、どうぞお付き合いのほど、よろしくお願いいたします。

 

神野オキナ拝