そはよくぼーのまち

この前電子化したモデルガン雑誌「モデルガンチャレンジャー」から1983年頃の新宿、アメ横のモデルガン、軍装関係マップ。
「モデルガンチャレンジャー」は当時モデルガン業界最大手のMGCが迫り来る第一次BBガンブームに対抗すべく作った赤外線による射撃システム「シューター・ワン」の普及を目指すために作ったPR誌。
同時にBBガンを敵視する余り捏造記事などで叩かれましたが、「カスタムガン」を自分で作ろうというコーナーが充実してて、個人的には好きな雑誌でした。イチロー・ナガタさんやくろがね・ゆうさん、明日蘭さんなどを私が「発見」したのもこの雑誌でした。
当時はタクティカルモデルという概念はまだ殆どなく、レースガン、マッチガンと呼ばれる射撃競技用カスタムが格好良さのマトでしたね。
この頃「メカ趣味」としてオーディオやカメラと繋がっていて当たり前なので、カメラ屋さんやレコードショップ、そして喫茶店や食べ物屋さんも入っているのは時代(※当時の東京の外食事情は今より大分悪かったと聞いています)。
今の目から見ると、記事の語調がちょっと上から目線で馴れ馴れしく感じてしまうのはご愛敬。そして当時は当たり前の語尾や単語が「死語」になっている事実に愕然としてしまいます(笑)
当時、「いつか東京に行ってモデルガンを買うんだ!」と、こういう記事を見て燃え上がっていた中学生でございました。
後に東京に自分の金で行けるようになってギリギリ、アメ横のMGC上野店(閉店廃業2年前)とマルゴーには数回行けましたが、今や両社ともになく。諸行無常であります(マルゴーは現在元店員さんたちがTAKE FIVEという店名で再出発してる総出)。
83年当時、沖縄でまっとうにモデルガン関係が買えたのはコザの一本堂ぐらいで、他は模型屋さんがたまに仕入れるか(それも大抵はマルシン、マルイ、LSの作るモデルガンで組み立て済みは滅多にありませんでした)、「本土から仕入れるから送料がかかるんだよ」と定価に1500円~2000円上乗せした値段で売るアコギなお店があるぐらいで。そこも結局私が社会人になるころには閉店して、歯医者になり古本屋になり、花屋になり、向かいに会ったダイエー(当初はダイナハという名前でした)は紆余曲折あって今はジュンク堂沖縄店となりました。
そして業界最古参の「GUN」誌も出版社の不渡りで二誌に分裂してまた一誌に戻り、コンバットマガジンは軍装品に大きく舵を切り、最も若いホビージャパンのアームズマガジンも20年以上の風格を持つようになりました。
時は流れますね。

なぞのよこくその3(笑)

そういうわけで続きです。番号がおかしいのは気になさらず(笑)

そういうわけで、「ウィッチアームス」というゲームでシナリオを書きました!
嘉和ヱリスという、エリスのようでエリスでない、でもちょっとエリスというキャラクターです。お楽しみに!
細かいデータはこちらから!

生まれて初めて審査員になりました。

地元の放送局である、RBCさんが主催し、、地元企業「株式会社ぐしけん(一般的には『ぐしけんパン』の名称で知られています)」さんの協賛で開催される「RBC SFファンタジー大賞」の審査員にえらばれまして。昨日、11月6日に、その授賞式および記念番組のラジオに出演してきました。(写真は出演者控え室)

作品はどれもが力作ぞろいで、それだけに審査員長の上原正三先生(ウルトラQやゴレンジャー、キャプテンハーロックの脚本家!)先生や映像作家の宮平貴子先生など、ケンケンガクガクの審査となりましたが、それだけあって納得の各賞受賞作となったと思います。

しかし、私ごときが人様を選ぶ立場になるとはなあ、と感慨にふける間もなく、来沖なされた上原正三先生に、私物の「上原正三シナリオ集」にサインをしていただきました!
「腱鞘炎のせいで字が上手く書けない」と上原先生はご謙遜なさってましたが、立派なサインで!


心配していたラジオ番組の収録も、地元アナウンサー土方浄さんや、ラジオスタッフの皆さんのお陰でぶじに終了しました。
印象的だったのは地元のタレントの人がふたり受賞していたこと。
本業ではないことに興味を示す人がそれだけ増えたということであるというのは感慨深く、また色々考えることでもありました。
そして、どの受賞者の人たちも皆はっきりとした受け答えが出来る人というのも、沖縄に住む人々の変化を如実に感じました(何しろ15,6年前まで、沖縄は【バラエティ番組におけるインタビュアー泣かせ】で有名な、シャイで話したがらない県民性でしたから)。
ラジオ番組放送後、上原先生とは少しお話もさせて頂いたのですが、テンパっててこちらばかりが喋るようなことになってしまったのは汗顔の至りでありました……(;´д`)トホホ…

事実は小説より手抜き

BSで「ホワイトハウスダウン」を見ました。
まだホワイトハウスの主がオバマ大統領だったコロの映画。
C・テイタムの前半の駄目父さんぶりと中盤以後のダイハード(何しろランニングシャツ姿ですから)な派手さと、大統領の軽妙洒脱さ、さらにベテランシークレットサービスのジェイムズ・ウッズの渋さが光る作品です。
チャニング・テイタムという人も不思議な役者で、こういう作品にも出れば冗談みたいな役柄を嬉々として演じたりもするのでした。

テロリストたちがまるっきり客の携帯電話を気にしていないというのはご愛敬。
さて、ホワイトハウス襲撃犯の正体が過激右翼がメインで、さらに彼らには軍産複合体が裏から銭を出して、という設定。
最終目的は金と中東への一斉核攻撃による「恒久的な世界平和」というのが当時は「壊れてる」とされていたのも時代ですね。
最後は裏で糸を引いているやつらもまとめて大統領がやっつけるよ、というラストになるわけですが、その数年後、わざわざテロリストなんか送り込まないで、あっさりと国の主導権をとって、ホワイトハウスの主はそういう人になっちゃうわけですから、事実は小説よりも奇なりというか、手抜きといいますか。