沖縄コミコン当日

2017年10月15日
ウトウト眠って6時起き。
念の為着替え用のTシャツを二枚、展示用模型を移送するためのバッグに放り込む。
余裕があるんで、とのんびりした結果、時間遅れて玉盛さんにピックアップしていただく。

08時前に現地到着。今年はゲートで揉めることなくスムースに入れた。
設営、といっても今年の荷物はふたつなので大変暢気。
なお場所は体育館。バスケコートが四面入るぐらいの大きさですが建築が古いのでクーラーが無いという地獄の開始でもあります……(当日気温32度)
今年は近くの角ふたつに工場用スポットエアコンを作ったので……と思ったらその効果をあげるためかガッシャンとシャッターが閉まり。結果無茶苦茶な汗を掻くことに。
もうこめかみの辺りに幾つか穴が開いていて、そこからどばどば水が出る玩具になった感じで汗が噴き出る。
そんな中、QuestionNo.6先生と横田守先生、ザマ・ケイ(座間慧)先生にご挨拶。SHAZAM!のSEN先生への手土産を忘れて後悔。
何か大きなイベントがあるとき、必ず細かい忘れ物をするのは何故か。
楽団の演奏はリハーサルからチェック。
ただし回線が細いのか全然投稿がTwitterにもFacebookにも上がってくれない。
仕方ないのでWi-Fiをきる(これが間違いの元で、さらに回線が細くなった上、恐ろしく早くバッテリーを消耗する一因になった)。
そしてまた充電用バッテリーは持って来たのケーブルを忘れる私。
かくて開場。
一発目はど定番の「スターウォーズのテーマ」
そして日米友好の代表曲として、例年通り真っ先にこれがかかるので感無量。
https://twitter.com/OKina001/status/919530739451834369
その次がこれ。
https://twitter.com/OKina001/status/919566334358298624

カウボーイビバップの「TANK!」も演奏してたけどこっちは微妙なアレンジな上、動画が何故か縦長になっていた。
楽曲では「進撃の巨人」の海外での人気の強さを再確認。コスプレイヤーも多数。
どんな体型の人も、どんな出来の衣装の人もみな一様に「楽しんでる」感が半端なく、見てるほうもニコニコしていられる。
模型展示コーナーは盛況。県内模型サークルの模好人(もすきーと)さんの展示はユーモア系もあり、ガンプラメインと言うことで若い世代からお年寄りまで。
そしてマシーネンクリーガーの大ファンでワンフェスではオリジナルキットまで出すディーラーでもあるHさんの展示はやっぱ渋いものが好きそうな人が注目(中に「レゴでマシーネンを作ってる人をwebで見て興味が湧いた」という人あり)。
面白かったのは70近いお祖父ちゃんが「ガンプラは素晴らしいから作るが、ガンダム本編のアニメは見ないんだ!子供っぽすぎてね!」力説してたこと、ナゼそれをいうのよ?……いやとりあえず「自分」を語るのはあちらの方らしい「好き」の表現ではありますが(笑)
私がお邪魔したTさんの卓はオールディーズSF&オタメカがメインと言うことで、懐かしの模型メーカーオリジナルなプラモデルや、ケナーの「お友達サイズ」エイリアンなどが多数並ぶ。「マッドマックス」のインターセプターと「カリ城」のフィアットが人気の被写対象。
フォトフォト
フォト
マクファーレントイズのフィギュアとバイクを改造&改良した「アキラ」の有名なイラストを再現したものは、やっぱ渋いもの好きそうな人の熱い視線を受けておりました。

で、もう一つ熱烈な視線を集めていたのが「ロボテック」の展示物。ウチのモンスターもこれに入りますが、中でもタカトクのバルキリーの完全変形玩具をレストア&再塗装したものが「俺これ持ってたよ!」「まんだらけで買い直した!」という人が続出。
中には「子供の頃から大事にこれ持ってたんだけど、別れたカミさんに喧嘩の時、粉砕されたんだ……」というアメリカンな事情を語りつつ遠い目になる人も……。
フォト
そしてお隣のStudio Gazeroさんのディフォルメガンダムシリーズは万人に大人気。個人的には一緒に展示されていた『エージェン・オブ・シールド」のコールソンとメイが素敵でした。特にメイの目つきの悪さ!(笑)
フォトフォト
さてトコトコと会場内を回ってて、玉盛さんと保里さん(地元で活躍しているイラストレーター)が主催したお絵かきコーナー、落書き用の大判紙に、ひとつだけ大人げないぐらい上手いワン○ースのイラストが描かれていて「?」と首を捻る※。
フォトフォト
そして唐突に生・野沢雅子。アイデンティティのひとじゃないです、モノホンです。
ホントに来てました。ただし一般客による撮影録音一切禁止、何を受け答えしたかの記録禁止(契約上の理由だそうで)。
ふだんは温厚そうなMCCSの人たちが鋭い目つきで警備してました。
考えてみればうちの小説、「カミカゼの邦」の主人公、渋谷賢雄もパラレルワールドではこのコミコン会場にいる可能性があるわけで。
願わくば何事もなく、来年も再来年も、数十年後もこうしてコミコン開催されてるといいなぁ、と柄にもないことを思ったり。
それはさておき。
同じ敷地の別の場所にいる知り合いのご夫婦が野沢さん目当てに来ていたので電話をかけるが一切応じないので慌ててそこまで走って呼びにいったので、舞台を見ていられたのは数十秒、それでも生の野沢雅子さんでしたよええ。
戻ってくると野沢さんはすでに退出(正直あの暑さは、普段中東いってるはずの海兵隊員でもウンザリ顔するぐらいなので、60を超えた人には危険だから当然の対処だと思います)。もっと涼しいレストランの入った別施設でのパネルディスカッションと握手会の開始時間と注意事項をMCCSの人に説明して貰いました。
ご夫婦はそちらへ早めに移動。無事にパネルディスカッションに参加出来たそうですが、もの凄い盛況だったそうで(後で青ニプロのTwitterに写真が上がってました)
https://twitter.com/aonipro_kaigai/status/919496561955966976
18時閉会。私は持ち込んだ荷物はふたつだけなので気楽に身支度を終え、玉盛さんのお車で送って貰うことに。
途中ラジオから「声優の○○さんは○○年生まれ……」と国民的人気番組の主演声優さんのプロフィールが流れ、このところ漫画家さん、作家さん、役者さんの訃報が多かったので。「おいおいまさか!」とふたりして緊張しましたが、そのアニメの展示会をやるため、ロングインタビューが流れるその前振りで安堵。
そして苦笑。人間幸せな気分の時ほど不幸を怖れるものなんですな。
さらに、この時点でまだ20時にもなっていないと知ってふたりとも改めて驚く。
ふたりとも東京にいるときの体感時間になっているため、もう22時を過ぎている気がしていました。
家に戻り、荷物を置いて、取り急ぎ風呂には行って身体中に膏薬を貼り付け(特に団扇で扇ぎ続けた両腕と足の裏)、倒れ込むように眠りに。
まあ、しんどいけど楽しい一日でした。来年は個人ブースで出展出来るようなネタがあるといいなぁ。

※閉会後、東○の作画監督の人がたまたま遊びに来て描いたものと判明。