「カミカゼの邦」本日発売!

神野オキナ初の一般向け長編書き下ろし作品「カミカゼの邦」が今日から発売です。

 

 

 

 

 

東京の都心部の書店ではほぼ店頭に並び、遅くても明日には関東全域に行き渡る、とのことです。
またKindle版、iBooks版は本日、紙の本と同時発売となっております。
せっかくの発売日なので、何か書くべきだとは思ったのですが、これまであれこれ書いていますし、また書くべきことは全て小説の中に込めました。
それ以外は「きんどうどうでしょう」さんのこの記事に書き込んだのが現時点で全てです。

【本宣】神野オキナが20年間小説屋をやっていてようやく書けた大人の寓話 カミカゼの邦

今となってはもう「どうか皆さん、お読みください」以外の言葉が見つかりません。

どうぞよろしくお願いいたします。

今現在、持てる全てのものを注ぎ込みました。

「カミカゼの邦」徳間書店紹介ページ

地元のラジオに出ることになりました(9月3日予定)

ちょっとしたご縁がありまして、RBCラジオの日曜朝9時からの番組「1000人の言葉」にゲスト出演することになり、琉球放送に数十年ぶりに足を運びました。
実を言うと今の建物になったばかりの頃……私はまだ中学生でしたが、沖縄唯一のアニメソングまで流してくれるラジオ番組「ナイトヤングメイツ」という地元番組があり、そこのパーソナリティの玉城美智子さん(2006年逝去)がよくイベントをやっておりまして、そのお陰でチョコチョコと琉球放送の中に入っていたという次第。
ですがさすがに数十年経過し、中に「あそびにいくヨ!」のアニメ版を放送してくれたQABも入って、となれば中は当然以前と違いまして、危うく迷子になりかけました(笑)
時の流れは不思議なもので、といえば今回「1000人の言葉」のメインパーソナリティである土方浄さんも、私が中学生の頃はスポーツ中継で走りまわるスポーツマンのお兄さんだったのですが、すっかり落ち着いたダンディなニュースキャスターさんになり、地元のニュース番組でお顔を拝見して「同一人物だ」と判っていてもやはり、実際にお会いするとなると「実感」として「ああ、凄いなあ」と思う次第で。
さて、緊張していたのでどうなるかと思いつつ、メインパーソナリティである土方浄さんのおかげもあり、無事に収録は終わり、むしろ土方さんに「慣れてらっしゃいますねえ」と言われてちょっと嬉しかったり。
内容はこれまでの経歴、そして新作「カミカゼの邦」に関するバックボーンをお喋りしました。
何事もなければ9月3日の朝9時の放送で私の声が流れるはずです。

「カミカゼの邦」書影!

気がつけばもう8月も半ばを過ぎ、コミケも終わり、秋の近づく日々……な筈ですが相変わらず熱い、もとい暑いですねえ。

そして「カミカゼの邦」の書影が出ました!
クリックすると徳間書店の紹介ページに飛びます。

一般向け娯楽作品らしい、いい表紙だと思います。
少々お高い(※税込み2052円)ですが、それだけ以上の価値がある作品です。
どうぞよろしくお願いいたします。

 

この前のTwitterでのドタバタをモーメントだけではなくトゥギャッターでもまとめてみました。

トゥギャッター「自宅警備隊、南へ?あるいは「カミカゼの邦」&琉球義勇軍の乱(コント)

モーメントと違ってトゥギャッターだとツッコミ文章とかが入れられるのがありがたいですね。

「カミカゼの邦」宣伝と「願掛け」

昨日、あの「自宅警備隊」の方々が「カミカゼの邦」への宣伝活動をしてくださることになりました。
その経緯は以下の所にあります↓

騙してしまったようで悪いのですが、以上の事情により自宅警備隊の人たちが数名、「カミカゼの邦」の中に出てくる「琉球義勇軍」のパッチを着けて宣伝活動に協力してくださるそうです!

で、私も願掛けをすることにしました。とりあえず今日から一ヶ月甘味を断って、一日1500キロカロリーの食事で生きていくことにします。
甘味断ちは来月9日まで、ゼロカロリーのコーラなどは飲んでもカロリーのある菓子類は一切口にしない、というルールで行きます。
食事に関してはメモを取って……実は以前(2010年ごろ)130キロあった体重を73キロまでにしたことはあったのですが、ピッタリ73から落ちなくなって後は我慢しきれずリバウンドしてしまいました。
今や体重108キロのみっともないデブのできあがりです。
これはもう、仕方の無いことなのですが、このところ体重の増加による腰痛で仕事が滞り、この数日はのたうち回っているので、頑張ってダイエットもしようと思いまして。
とりあえず年内に100キロ以下、を目指そうと思います。
願掛けなのか、願掛けにかこつけたダイエットなのか判らなくなってますがとりあえず「カミカゼの邦」よろしくお願いいたします。

徳間書店HP「カミカゼの邦」解説ページ

「スウィッチブレード」こぼれ話

昨日ご報告した「読楽」さんの「スウィッチブレード」という短篇は、修学旅行で沖縄に来た女子高生たちとその担任教師のお話ですが、原稿書いた時点で指摘の入った部分がありまして。
「神野さん、今の子たちは『写メ』って言わないみたいですよ」
え?
慌てて、小中高生向けのイベントを手がけることもある知り合いにも話を聞いたら「ああ、確かに今の小学校中学校の子たちは『インスタ』っていうかなぁ」
との話でした。
お話の舞台がちょっと未来を想定しているので、今の小中学生が高校生になった頃は「インスタ」が主流かも知れない、ということで「写メ」を慌てて変更し、「写真」に「インスタ」というルビを振ることにしました。
これがその証拠写真。

 

 

 

 

 

 

考えてみれば「写メ」もメール付き写真のことで、携帯などで撮影する写真自体のことではなかったわけですし。言葉は移ろいますな。

それだけではなく、小中高生向けのイベントを仕切ってるその知り合いに言わせると「TwitterもFacebookも年寄りが口出ししてくる面倒くさいツール」で、小中学生はLINEで全て人間関係が完結していることに満足してることが多いそうで。
で、仲間内から世界へ向けての速効性がある上、否定的な意見を書き込みづらいセレブな雰囲気のインスタグラムはそういう意味で「安全で静か」な「外へのコミュニケーションツール」だと感じてるようだ、って話でした。

コロリと忘れがちですが、こういう細かいディティールというのは案外「自分が30歳までのもの」で情報が止まりがちなので、やっぱり小まめな日常リサーチは必要だよなあと思うのでした。