「カミカゼの邦」の前に「スウィッチブレード」

徳間書店から来月、8月末に出ます、国際謀略アクション小説「カミカゼの邦」ですが、その前日譚「スウィッチブレード」が徳間書店さんの発行する文芸誌「読楽」8月号に掲載されることとなりました。

タイトルがスウィッチブレード(昔で言う飛び出しナイフ)なのに写真が折りたたみなのは今の日本ではスウィッチブレード式のナイフは違法とされているためです。
内容は「カミカゼの邦」の始まる時間軸より遡ること半年、登場人物のひとりである政長恭子と、その教え子である結城真琴を中心に展開される「日中開戦当日」のお話です。
こちらは、不穏な空気が膨らんでいって最後決定的な「これまでの日常の終わり」に繋がるというサスペンスの話です。
本編である「カミカゼの邦」をご覧になった後なら感慨深く、こちらを先に読まれたかたは彼女たちがどうなっていくのかを知る為に「カミカゼの邦」本編を是非お読み下さい、と胸張って言える内容です。どうぞお楽しみに!