松田優作とルパン、そしてコブラの呪い

一般向けを書くようになってから、「大人の男」を主人公として扱うとき、どうしても超えられない存在がいます。
山田康雄演じる「ルパン三世」野沢那智と松崎しげる、そして一度だけ山田康雄も演じた宇宙海賊「コブラ」、そしてもうひとり「探偵物語までの松田優作」

洒落てて格好良くて、強い。どこかユーモアもあって残酷にもなれる。
昭和40年代生まれは誰もが皆憧れ、親しみ仰ぎ見た存在といってもいいでしょう。
個人的には未だに、私たちの世代はこの三人を超える…………いえ、この三人のキャラクターを頂点とした基準枠の中を、日本のアクションもののヒーローたちは造形されている、と考えています。

…………あれ? 『ワイルド7』の飛葉大陸や『シティハンター』の冴羽燎は?
「あぶない刑事」のタカとユージは? 「西部警察」の大門さんは?

ああたしかに(恥)。

……異論は認めます。ええ、私の狭い視野の話です。
これはあくまで個人的な感慨というか、感想というか小説屋として創作作業をする上での視点、観念だと思って下さい。
神野オキナという作家の頭の中にある作業場にはそういう定規……基準器があるんだというお話。

さてそういう基準器があるせいで、自分の小説の中で「大人の男のキャラクター」を考える場合、ユーモアを口にするときに頭の中に浮かぶのはルパンの口調か、コブラの言葉か、松田優作の脅し文句ともおとぼけとも取れる間合いだったり、銃を抜く時の動き、歩き方、走り方、コーヒーの飲み方や趣味嗜好、立ち姿、走る姿……どこかこの三人のキャラクターが基準点として存在します。
彼らに如何に近づき、如何に離れるか。

一種の基準器としてこの三人が私の頭の中にはずっといます。
そして多分、私と同じ様な基準器をもつ物語作りの人たちは決して少なくはない筈です。

さてどうしたら彼らを超える新しい基準器を作れるのか。

私たちの上の世代……父親や叔父の世代にとっての小林旭や石原裕次郎、原田芳雄のような、あるいはスティーブ・マックィーンやジェームス・ディーンのような、時代のアイコン故に、なかなかそう簡単には超えていけないのは当然かもしれませんが。

さて。ここからちょっと余談。

個人的に残念なのは、松田優作という人は、その肉体と演技力の絶頂期にアクション俳優であることを止め、演技派俳優の道に転進してしまい、その助走用のジャンピングボードとして大藪春彦の傑作を使ってしまった、という所です。
乾いたムードと銃器への執着、そして権力への怒りをコントロール出来ないまま内包し続けた大藪春彦の、しかも初期の傑作2本、間違いなく大藪ファンは理想の役者を得て夢が結実したと思ったことでしょう。
が、ハードアクションのピカレスクロマンで突き進む「蘇る金狼」を松田優作は脚本家と監督と共に当時のスタッフたちの言葉を借りれば一種の「共犯関係」を結んで「滅びの美学」へラストを書き換えてしまいます。
原作では最後、主人公は女を愛しながらも刃を受けることさえせずに殺し、傭った私立探偵の顔を潰して一緒に焼いて自分が死んだことにし、悠然と、笑顔を煌めかせさえしながら飛行機のタラップ(昭和30年代後半が舞台なので飛行機にはそうやって乗り込むのが常でした)を上っていきます。
映画のように刺されて治療もせず飛行機に乗って、目的地について混乱したことを呟きながら事切れたりはしませんでした。
「野獣死すべし」に至っては「悪党パーカー」に並ぶほどに冷静沈着な、日本の戦後文学史上最初の確信犯型&純粋利益追求型犯罪者として、伊達邦彦は淡々と仕事をこなし、最後に貧乏な苦学生でありながら野心に燃え、伊達と共鳴し合って仲間になった、自分の共犯者に自分自身の絵姿を見いだして同情しながらも、犯罪の完全性を保つために射殺、涙を流しながら水の底へ沈めた後、念願のアメリカ留学へ旅立ち、最後の強烈な一文で終わるはず……が、伊達邦彦は戦場帰りの精神病質者に変わり、相棒は粗野で愚かな人間に変更され、当時流行りの残滓が残っていたヌーヴェルヴァーグ風に不条理な最後を遂げてしまいます。
伊達邦彦のファン、そして大藪春彦ファンとしては千載一遇の、そして最も不幸な映像化だったと思います。
まだ、仲代達矢が演じた伊達邦彦(こちらは当時の倫理観から映画会社の上層部にラストを変更させられて、アメリカに旅立つものの、空港に降り立った時点で逮捕されることが逡巡されます)の最初の映画版「野獣死すべし」や、こちらも最後は殺されますが、藤岡弘が伊達邦彦を演じた「復讐のメカニック」のほうがまだ原作の精神を受け継いでいるといえるかもしれません。

結局これ以後も、完全無欠のピカレスクロマンである大藪作品をそのままに映像化されたものは現れていません。
とても不幸なことだと思います。

…………とはいえ、やはり松田優作は魅力的な俳優さんでした。
特に、こういう動画を見てると、やはり原作通りに生き残る大藪ヒーローを松田優作で見たかったなあと思うのです。

その短いの最晩年、松田優作は「ア・ホーマンス」でアクションものに復帰、海外映画「ブラック・レイン」に出演しながらかつての仲間だった村川透監督と三作目で完結した殺し屋、鳴海昌平を主役にした「遊戯シリーズ」の続編を撮ろうと熱心に語っていたそうです。
残念ながら結局、彼は四作目の鳴海昌平を演じないまま、この世を去っていきました。

今息子さんたちが縦横無尽に、そして「このまま自分はアクション俳優で終わってしまうのではないか」という父の抱えていたであろう憂鬱とは無縁のように、様々な映画で様々な役をこなしています。
生きていたとしても松田優作はまだ70歳手前の筈です。松田優作が尊敬していた岸田森(彼も松田優作に先立ってかなりの早死にでした)と共に未だに生きていたら、今頃「相棒」とかのドラマにどういう役割で出ていたことでしょうか。

さて、そんなこと言ってる私もまた、物語作りの人間として自分なりの「大人の主人公」を作ってみました。

「カミカゼの邦」ご期待下さい。