ゾンビの神様、逝く(緊急投稿)

G・A・ロメロが亡くなったそうで。
http://www.latimes.com/entertainment/movies/la-me-george-romero-20170716-story.html
テレビにまでゾンビがあふれかえるこの時代に、その再定義を生み出した人がいなくなるというのは時代の趨勢とは言え、諸行無常です。
「ゾンビ(日本公開題名)」をはじめて見たのは三十年以上前、国際ショッピングセンターという所が那覇市の国際通りにあったころ、三階のボウリング場に上がる途中にある中途半端な面積の踊り場が大きくなったようなレンタルビデオ屋兼映画グッズショップの店頭でした。
見た瞬間、飛び込んで来たのはショウケースをたたき割って銃器類を調達する場面で、「うわー羨ましい!」と当時モデルガンが欲しくて欲しくて溜まらんかった、金のない中学生は思ったモノでアリマした。

それまで「呪術士の命令で動く死体」でしかなかったゾンビを「のろのろ歩く、人を食う、噛まれたら増殖、頭を吹き飛ばさないといつまでも襲ってくる」ものとして再定義したことはやっぱりとんでもない「発明」だったと思います。

同時に「ゾンビとはすなわち現代人である」という批評性まで加えたわけですから(最もこれはご本人の意図に関わらず、急速にチープ化してしまう部分になりますが)。

ご本人は結局、ゾンビで映画人生を初めて結局ゾンビを作り続けて終わった、といえるような最後だったわけですが、表現者としてはゾンビというモノに囚われているような、あるいは「扱い慣れた画材」のように思っていたのか。

そして私も生まれて初めて完結させた長編が「ゾンビがあふれかえる世界で、軍用サイボーグが支配する街に流れ着いて、その軍用サイボーグと戦うことになった、バイクの女戦士」だった身としては、感謝を捧げつつ。

黙祷。