13代目ドクターは女性だそうで(後編)

さて、13代目ドクターは誰(WHO)?
ファンの間では様々な憶測が乱れ飛びました。
私が知ってるだけでもダニエル・クレイグの「007」で印象的な「Q」を演じたベン・ウィンショーからマーヴェル映画「ソー」の虹の橋の門番で「パシフィック・リム」の長官役でもあったイドリス・アルバにいたるまで、人種も役者の方向性も様々。

……とまあそういうわけで、さんざんファンをヤキモキさせた後、いよいよ新しい13代目ドクターは公開となりました。

新ドクターは女性で、ジョディ・ウィタカーという役者さんになりました。
その前にドクターの宿敵、マスターが女性となって再生したので、そういうことになるかもね、とは噂されていましたが、ビックリです。
面白いのは12代目ドクターの最後のコンパニオンは黒人女性の同性愛者という設定で、12代目ドクターとは「やんちゃな孫と頑固爺ちゃん」みたいな感じだったんですが、13代目が女性になる事で、ドクター・フー定番の「友だち以上恋人未満なドクターとコンパニオンの関係」が復活することになります。

しかしまあ、数年前「ドクターを残念美少女にしたら?」という思いつきで書き始めた時空冒険譚「イコライザー!」が図らずも先取りしたかたちになるとは(笑)
世の中というのはどう転がるか判らないもんです。

さて、13代目ドクターのお話はどうなるんでしょう。
マット・スミスの、子供っぽさとシリアスさを兼ね備えた11代目から、渋くて気むずかしい(同時にそれは思慮深さの表れでもあるんですが)ピーター・カパルディの12代目ドクターになってから、めっきり気むずかしい脚本になっていたスティーブ・モファットから、まるっきり新しい脚本とプロデューサーに変わるので、恐らくがらっと雰囲気も変わるでしょう。
個人的には「サラ・ジェーンアドベンチャー」のような明朗快活路線に行ってくれると嬉しいなあと思いつつ、イギリスらしい毒の利かせっぷりも見てみたいし、何よりも10代目ドクターに恋をしながら純情を貫いたオムニセクシャルのキャプテン・ジャック・ハークネス(スピンオフ番組『秘密情報部トーチウッド』の主役にもなりました)の復活が見たいと思っているんですが!