すーきーなんだー♪ つーよーいんだー♪

今日は「超人戦隊バラタック」というアニメの放送開始日だそうで。
タカラが「鋼鉄ジーグ」で始めた「マグネモ」シリーズの第四弾(鋼鉄ジーグ、マグネロボ ガ・キーン、ゴワッパー5ゴーダムに次ぐ)、ところがアニメ的には「マグネロボシリーズ」であり、それで計算すると第三弾という不思議な位置づけのシリーズでもあります(これはゴーダムの制作会社がタツノコ、それ以外は東映という関係の都合もあるでしょうが)。
現在だと東映公式で第一話が無料で見られるようですね。

超人戦隊バラタック第一話(東映公式)に飛ぶ

一説にはバラタック自体、玩具主導で作られた、「ゴワッパー5ゴーダム」の変種のリメイクじゃないのという話もあるそうですが(確かに人型であることにこだわらない変形合体や五人のメンバーで動かす所など、共通点があるといえばありますが……)。
沖縄では確か1年遅れぐらいで放送が開始され、キャラクター原案の池原しげと(当時表記)さんの絵柄を、名アニメーター小松原一夫さんがクリンナップしたキャラクターデザインと色使い、バラタックの無骨な格好良さ、何よりもあのオープニングの前奏で心を掴まれました。敵は一人を除いておふざけキャラなのにやることが極悪で、バラタック側が真面目に戦うというのも奇妙なコントラストでありました。
で、ワクワクしながら最終回を待ち望んでいたんですが……折悪しく台風シーズンと重なり、当時はアナログアンテナ、デジタルと違ってちょっと向きが違ったぐらいじゃ見られなくなる事はないんですが、画面が砂嵐の中、声だけが聞こえるという状態に……それでも音だけでも! と思ってテレビにかじりつく私に親の「目が悪くなるからもう消しなさい」という非情のひと声が……。

やむなく、本屋で原作の池原しげとさんが描いたコミカライズ版を読み、最終回を脳内保管しておりました……今からは信じられないでしょうが、アニメ番組なんて再放送以外で見るには、よほどのお金持ちの家でビデオデッキがなければ出来なかったんですよ。

ちなみに、同じ様に台風によってアンテナがそっぽを向いて見られなくなった最終回と言えば「バビル二世」と「キャプテン・フューチャー」があります。

特に「キャプテン・フューチャー」はナイター時期に父親が野球を見てしまうため最終回までの数話を見ることが出来ず、悔しい思いをした後だったんで余計にガッカリしましたっけ。

また当時すでに「玩具の強制卒業」をさせられていたので、何一つ手に入れることが出来ず、今立体物が出る度に買い直すという有様ではございます……