「EXMOD:思春期ノ能力者」電子書籍版発売記念読み切り短篇「ある日の小日向家」

休日の小日向家の朝というのはのんびりしている。
理由は簡単で、学校がない。
学校がないから早く起きる必要がない、起きる必要がないから朝ドタバタしなくて良い。
……というのは理由の半分になる。
実際には小日向家の向かいにいる霧山真之斗が朝寝坊できるから、が理由の半分である。
小日向家には今ふたりの姉妹が生活している。
長い黒髪を腰まで伸ばした才色兼備の小日向世衣。
ショートヘアで天真爛漫活発な上に高校総体の中距離走におけるレコードブレイカー、小日向亜世砂。
母は幼い頃に離婚して家を出て、父は故あって今ロンドンに単身赴任中。
二年前までは通いのお手伝いさんがいてくれて面倒を見ていたのだが、最後の二年ぐらいからはほとんどの家事を世衣がこなせるようになったため「世衣ちゃんという後継者もできたし、年金生活も始まるので」と円満退職したぐらいだ。
つまり、小日向世衣は文武両道家事手伝い、全部出来る万能の少女というわけだ。

が、妹の亜世砂は知っている。

実際の世衣は、異様なほどの「心配性の世話焼き姉さん」なのだ…………いや、自分にではなく、霧山真之斗に対してのみ、なのだが。
だから真之斗が活動してないときは、真之斗のための次のなにかを黙々と準備をしているか、自分も休んでるか……だから静かになる、はずなのだが。

その日、日曜の朝から、小日向家はドタバタとしていた。

正確には一階である。
「…………?」
足音の慌ただしさになんとなく亜世砂は目を醒ました。
まだ四月で、寒の戻りでこの三日、再び気温が一気に下がったので亜世砂はパジャマ代わりのジャージを着て眠ってる。
「何してんだ、姉貴?」
二階の部屋から下りてきて声をかけると、青ざめた世衣がこっちを見た。
品行方正清廉潔白を絵に描いたような普段からは想像ができないほど取り乱し、髪の毛も心なしか乱れていた。
「どうしよう、亜世砂」
この世の終わりみたいな顔で世衣は告げた。
「?」
「真之斗が風邪ひいたの」
もうちょっと亜世砂の頭がしゃっきりしていたら、その場でコケるぐらいのリアクションはしただろうが、何しろ日曜の朝、寝坊するつもりで起きてしまったから反応が鈍い。
「風邪……ああ、風邪か」
「風邪か、じゃないわよ! 真之斗が風邪をひくなんて!」
(まあ、確かに珍しいよな)
ぽかんと亜世砂は思う。
何しろ世衣の面倒見の良さは真之斗の私生活にも半ば及ぶ。
さすがに就寝時間にまで口出しはしないが、食べ物は朝昼晩彼女が作り、少しでも具合が悪そうなら付き添って家にまで行くことさえある(さすがにこれは真之斗が中学生になってからは滅多なことがない限り遠慮するようになったが)。
自分たちより頭一つ低い身長150センチちょいで細っこい真之斗が、滅多に病気ひとつしないのはある意味、世衣の健康管理が徹底してるからだ。
今の高校に入るときは数学と英語が苦手な真之斗の為に家庭教師まで引き受けた。
つまり、小日向世衣にとっての「万能の少女」と呼ばれる部分は、最初からなにもかも霧山真之斗の為にある。
(しかしよくもまあ、マノの奴も姉貴の管理下で風邪がひけたもんだよなあ)
ぽかんと亜世砂は思う。
(まあ、どうせ新作のVRゲームにハマって徹夜でもしたか、うっかりリビングで寝て身体冷やしちまったんだろうけど)
それぐらいの想像が付くぐらいには、亜世砂も真之斗の家には出入りしていた――――時には世衣の代理として「お使い」にも行かされるのだ。
(…………ったくホント、世話の焼ける話だわな)
もっとも、口では色々言うものの、亜世砂にとって真之斗はあくまでも弟分だし、昔からの付き合いだから当然だとしか思っていないのだが。
「そんなこの世の終わりみたいな顔するもんじゃないと思うけどなあ」
「何言ってるの! 熱が38度9分もあるのよ」
世衣が眉をつり上げた。
「なァる……そりゃちょっと心配だなぁ」
まだ寝ぼけのうっすら残る頭で世衣は考える。
40度ならインフルエンザだが、重い風邪なのは間違いない。
「でしょう?」
「で、何を慌ててるのさ?」
階段の終わりあたりに腰を下ろして亜世砂は尋ねた。
「いえ、えーととりあえず真之斗に何か食べさせ……いえ、それともお薬が先かしら? それとわたし、髪とか整えなくちゃいけないし……」
「……姉貴」
本当にこの少女が学校では楚々とした美人で、頭も切れて行動力もあり、誰にも頼られるあの小日向世衣か、と思うと亜世砂はさすがに呆れた声になる。
「落ち着きなよ、深呼吸!」
こういう時の調整役が不思議に自分に回ってくる…………まあ、年に一回もないのだが。
「あ、え、ええ」
大きく息を吸って、吐く。
「落ち着いた?」
「ええ」
ほっと世衣は溜息をついて微笑んだ。
「やることの順番、決まった?」
「とりあえず真之斗のご飯作って、お薬用意して、身だしなみを整えたら出発。熱が39度になったら病院へ連れて行く」
スラスラと世衣は答える。
「はい良くできました」
亜世砂がそういって偉そうに胸を張ると、数秒たってからふたりの少女は笑い合った。
世衣が長女、亜世砂が長男、そして真之斗が末っ子。
そういう役周りで、関係なのだ。
だから普段はしっかりものの長女役の世衣が引き締めて、だらしない長男役の亜世砂がちょっと緩め、世衣が取り乱したら、普段はだらしない亜世砂がフォローして軌道修正。
それが小日向姉妹にとっての、霧山真之斗への担当の割り振り。
「じゃ、オレ寝るね」
あくびして亜世砂は自分の部屋に引き上げた。
「明日からまた朝練だし…………オレも後で真之斗のとこ行くよ。姉貴もあんまり根詰めて看病なんかするなよ。姉貴が風邪引いたらそれこそ目も当てられないかんな」
「ええ」
言いながらもう世衣はエプロンを身に纏っている。
(ま、言っても無駄だけどなあ)
苦笑しながら亜世砂は部屋に戻っていった。
真之斗の風邪は、その日のうちに平熱になり、三日ほどで完治した。
「白いコートの少年」が引き起こす「あの事故」に巻きこまれるまで、まだ二週間もある、そんな朝の出来事。

(「EXMOD:思春期ノ能力者」電子書籍版発売記念読み切り短篇「ある日の小日向家」完)

妄想。USA版「君の名は(youe name is mine)」

普段はこういう馬鹿な小説も書いておりますが、当然こういうことは普段の訓練(?)が大事なわけでしてね

その訓練(?)もかねて、Twitterでこういうことをポケラット呟いたら妙に受けたのでちょっと掘り下げ。

まず、ドゥウェイン・ジョンソンはテキサスかどっかの片田舎の保安官。
最近、メキシコからの移民であれこれ五月蠅いけど、女子供だったら見逃してしまってうだつが上がらない存在。趣味は筋トレ。
結婚寸前まで行った女性がいたけど彼女はこの街を嫌ってNYへ。以来傷心のまま「あいつホモじゃないか疑惑」まで持たれつつ、それでも真面目に仕事に打ち込む男(犬好きなので犬がいる)。近くに同じく保安官だったがこちらは「伝説の」と言われた父(ドン・ジョンソンあたり)が隠遁生活中。
飲んだくれのダメダメな兄のような親友(S・ブシュミあたり)がいて、アドバイスはしてくれるが伴わない。

スカーレット・ヨハンセンはDCの大物上院議員秘書、といっても第四とか第五とかの下っ端。自分よりも年下の女性(クロエ・モレッツあたり)がハーバード出な上に議員の従兄弟なので第一秘書に納まって面白くない。
つきあっている男性もいるにはいるが、仕事が忙しすぎて疎遠気味、久々にデート、と思ったら別れ話を切り出されて荒れまくり。

同時刻、保安官のほうはNYに行った、昔の彼女が強盗に殺されと聞いて傷心のあまり荒野へ出て行ってバーボンを一気飲み。

そして目が覚めると保安官は見知らぬ都会のホテルで目を醒まし、秘書の方は荒野のど真ん中、ピックアップトラック(保安官の自家用車)にもたれ、愛犬に顔を舐められて目を醒ます(中身の秘書は犬嫌いなのでここで一騒動)。

互いにこれは夢だと思うふたり。

男女の肉体的性差と、「自分の肉体は何者か」が分からないためにテンヤワンヤ。
秘書の方は(※肉体テキサス)ノイローゼだと判断され、保安官のほう(※肉体はNY)はセラピストを紹介され、セラピストからスピリチュアルな人(マイケル・キートンあたり)の方へ回される。
秘書の方は大人しい保安官に代わって、論理的にうっとうしい上にセクハラ野郎な町の大物をまくし立てて追い返し、保安官補で友人(M・ウオールバーグあたり)に感心されたり、保安官のほうはオフィス内でパワハラ&セクハラしてくる男たちにウンザリして趣味で習った武術で撃退してみせたりする。

とにかくさんざんな一日が終わって、寝て、目が覚めると元に戻ってる。

首を捻るが夢出ない証拠に周囲の様子がおかしい。
特にテキサスの町のお偉いさんは「実は俺は、マッチョヅラしてるが、本当はホモなんだ」と主人公を同志だと思って告白したり、腕をねじ上げられて罵られたDCの上司のひとりはドMで彼女をくどき始めたり。

そして週末手前、また入れ替わっている。

これは神の思し召しか、何かか(とキリスト教圏なので考える)ということで、ふたりともそれぞれの教会に行く。

テキサスの方にはキリストみたいな顔で腰に銃を吊った牧師(ジェームズ・カヴィーゼル)がいて、DCの方はPCを駆使しまくってハッカーのバイトをしているらしい神父(マイケル・エマーソン)がいる。

片方は「それは神と銃に聞くしかないことだ」と厳かに答えをはぐらかし、片方は「それは興味深い、早速ネットで調べてみよう」とPCに問いかけて夢中になる。

アホらしくなって外に出るふたり。

とりあえず、自分に入れ替わっているのは誰なのか、自分の身体にいる間にどちらもスマホに録音しておく。

次の入れ替わり。互いの人生をしる二人。入れ替わりは必ず一日だけなので、適当にその日を過ごしてしまえば何とかなる。

周囲は「週末手前になるとあの人はおかしくなるんだ」ということで認めるようになり、ふたりは入れ替わりを楽しむようになる。
保安官はNYで文化的な生活を(死んだ恋人の名残を見つけて涙ぐみ、それを職場のイギリス紳士な第2秘書(デヴィッド・テナントあたり)に見られて好意を持たれたり)、秘書はテキサスで銃をぶっ放すワイルドな人生を(この間に銃の扱い方を覚える&身体の動かしかたを学ぶ)堪能。

そのうち、テキサスの方では奇妙な密輸が起こる。
DCではCIAからの報告書で危険なテロリスト(ラールス・ミケルセンあたり)が国内に潜伏、しかも核物質のエキスパートだという情報が届く。

次第にふたりが見聞きしている情報を突き合わせていくと、テキサスから入国したテロリストと核物質がワシントンDCに持ち込まれ、核爆弾として作動させられるテロ計画に行き当たる。

だが、どうして一介のテキサス保安官とうだつの上がらないオールドミス手前の秘書がこの事実を掴んだと証明出来る?

あの手この手で匿名通報したり、サイトの資料をでっち上げて頑張ってみるふたりだが、そういうことのプロではないので結局突き止められ、ふたりとも拘束され、秘書はNSA長官(S・スタローンあたり)自ら謁見、さらに上院議委員、保安官の方は警察のコミッショナー(チャック・ノリスあたり?)と州知事(A・シュワルツェネッガーあたり)まで同席の上、「君の妄想の話だろう」で解雇処分に(実はNSAの中に裏切り者がいて、彼らがSNSで連絡を取り合ってこの詐欺を仕掛けたと見せかけている)。

こうなったら自分たちでやるしかない。

ふたりは互いのスマホに伝言を残し、DCに核爆弾が持ち込まれる前に阻止しようと大陸横断特急へと乗り込んだ。
ついでに神父と牧師のふたりと保安官の父と親友ふたりも巻きこむ(後者は来るなと行ってもやってくる)。

銃撃戦を繰り返しながらふたりは前と後ろの車両からそれぞれテロリストを追い詰める。同時にNSAの裏切り者も正体が露見する。

やがて真ん中の車両でテロリストを挟んで初めて顔を合わせる二人。

そして対決、試練。

ふたりは力を合わせてテロリストを倒し、核ミサイルを解除……出来ない!と思ったら保安官の親友ののんだくれのほうとPCオタクな神父はは実はMITから夢破れて帰ってきた人物であっさり解除してくれる。

逃げるNSAの裏切り者を素手で殴って停めるNSA長官。

ふたりは一転、英雄になる。

そして式典が終わってそれぞれ握手し、別々の方向に向けて去って行くふたり。

それぞれの傍らには保安官を思っていた助手の女性、秘書をずっとさりげなくフォローしてくれていた第2秘書の男性(デヴィッド・テナントあたり)がいる。

 

…………てな感じの話を妄想しておりました、はい(笑)

とういわけで、こういう馬鹿な面ばかりじゃない神野オキナの新作「EXMOD:思春期ノ能力者」は明日から電子書籍版も配信ですので、電書派のかたは是非よろしくお願いします!

書籍派のかたも是非!

神野オキナ「イコライザー!」全三冊が合本になってお安くなりました!


今から二年前、ダッシュエックス文庫さんから「イコライザー!」というシリーズを出しました。

テーマは「スピーディに、馬鹿馬鹿しく壮大なお話を繰り広げて、アクションとコメディをめいっぱい詰め込む」。
そんなわけで時間と空間を行き来出来る、ドーナツ好きの残念美少女、パーシィとフツーの少年(もっとも後半そうではなくなりますが)タグル君のコンビで、幕末に行ったり、学校の体育館でスク水少女そっくりなエイリアンと戦ったり、人類をすべてバニーガールに改造しようとする天才少年から世界を救ったり、かと思えば幕末で死んだ筈の芹沢鴨とチャンバラしたりという、ある意味「あそびにいくヨ!」よりも脳天気でハチャメチャなお話をやりました。
全3巻ですからそれなりのお値段がしたんですが、最近になって合本になりまして、800円分ほど値下がりしたお求めやすいお値段となりました。

連作短篇となっているので読みやすいですし、お値段も手ゴロ、寒い時期にぽけっと読んでみて「馬鹿だなー」と笑ってくだされば幸いです。

で、もしもそれをご覧になられたら是非、この作品もご覧になって頂けると嬉しいです。

ドクター・フー
http://www.hulu.jp/doctor-who

私が何を目指してこの作品を描いたのか分かると思いますんで。

ガガガ文庫「EXMOD:思春期ノ能力者」発売です!

本日よりガガガ文庫さんから「EXMOD:思春期ノ能力者」が発売になります。

小学館さんのサイトから、冒頭見開き12枚分(24P)が立ち読み出来ます。
下の「こぞう」さん描く表紙絵をクリックするとそこへ飛びます。

また近いうちにpixivノベルさんでも立ち読みが出来る様になるそうです。
こちらも確定しましたらご報告します。

立ち読みされて、お気に召しましたら是非お買い上げを!
何分最初の一週間が要なので!

明日、新作「EXMOD」が発売です!

いつもと違ってシリアスだけではなく、かといってコメディ成分ではなく、「切なさ」をメインに描いた恋愛模様、ということで頑張って書きました「EXMOD:思春期ノ能力者」が明日発売です。

こういう表紙、背表紙となります。
挿絵は「こぞう」さん。短い期間なのにクオリティの高い絵を提供して頂きました。本当に感謝しております。

前回の「エルフでビキニでマシンガン!」とは打って変わったバイオリンの旋律が似合いそうな物語を目指しました。

弟の様なひとりの少年と、姉のようなふたりの少女が織りなす青春ドラマがメインですが、一種のESP物としてカッ飛んだ部分も仕掛けてあります。
個人的には始めての手応えがある作品となりました。

是非ご一読下さい。

書店か下の広告クリックでお買い上げを……電子書籍は来月発売ですので少し(多分、翌月まで)お待ち頂くことになると思います。

どうぞよろしくお願いいたします。

ポッドキャスト第七回&八回(最終回)、更新しました

お疲れ様です
そんなわけで神野オキナのポッドキャスト、アニメ化の思い出のお話前後編、一気にアップしました。
第七回「アニメ化の思い出」前編


第八回「アニメ化の思い出」後編

第七回で出てくる嘉和家の間取り図というのはこれ。

また、アニメ打ち上げの後ひとりで新宿に放り出され、というのは二次会もナシに放り出された、ということです。幸い当日参加予定のなかった元の担当さんとコミカライズ版の担当さんが「なんか気になって」ときて下さったんでその方たちと軽く飲んで事なきを得ました(?)が(笑)

というわけで、お屠蘇気分で始まったこの企画も月半ばでようやく終わりました。
皆様の反応次第で、また次があるかどうかが決まります(笑)
それでは、また……

というわけで、タイフーンFMさんの「小ネタ超特急」に出演させていただきました

新刊「EXMOD」の宣伝もありまして、那覇のコミュニティFM局タイフーンFMさんの番組「小ネタ超特急」に出演させていただきました。
新作の宣伝はもちろんですが、同時にこれまでポッドキャストで述べてきた、今使用している、小説の作成方法「箱書き」に関しても簡単に語っています。
PCからなら、上の「EXMOD」の表紙画像をクリックして、「小ネタ超特急」さんのページに飛ぶと、今現在一番上(1月11日)に表示されているので視聴可能です。
ひとりぼっちのポッドキャストと違ってパーソナリティーのえぃみぃさんが大変上手く転がしてくれるため、楽に話せましたが、その分気が抜けて「えー」とか「あー」とかが多発するアレとなっておりますが……

というわけで、そうやって宣伝しました「EXMOD:思春期ノ能力者」は現在予約中、来週には発売開始です、どうぞ皆様よろしくお願いいたします!

ポッドキャスト第六回、更新しました

お屠蘇気分の勢いで始まった「神野オキナのポッドキャスト」も第六回を更新しました。


こういうわけで、今現在、私は「右往左往シート」から「箱書き」による作業に切り換えています。
本編中では、収録時間の関係もあるので、言葉が足りていませんでしたが、これは「右往左往シート」での作成速度と自分のリズム(及び作家としての仕事の要求速度)が合わなくなってきた、ということで「右往左往シート」自体はすぐれたプロット鍛錬のシステムだと思っています。

すくなくとも作家として仕事を始めて20年以上、このやり方で疑問を抱かなかったのは間違いありません。

つまり20年も基礎として「右往左往シート」に親しんだからこそ、「箱書き」による作成が出来る様になったというわけです。

こういう「制作方法の変更」は人によっては起こらない、ということもあれば、しょっちゅうだ、という人もおり、また作品ごとにあえて変えている人もいます。

さて、この「箱書き」によって作られた一作目が「エルフでビキニでマシンガン!」なら二作目は「EXMOD」になります。

電子書籍、紙の本、どちらもどうぞよろしくお願いいたしますm(__)m

来週新刊「EXMOD」が出ます

お疲れ様です、神野オキナです。
来週1月18日にはガガガ文庫さんから「EXMOD:思春期ノ能力者」が出ます。


今回は日常から変異していく一種の超能力もの。そこにふたりの姉妹とひとりの少年の恋心が絡んでいくという切ないお話です。
一箇所も主役キャラたちが「崩す」部分のない、久しぶりの切なさで貫いた作品です。
お話の内容的には筒井康隆先生の古典的名作「七瀬再び」とか向山貴彦先生の「ほたるの群れ」などを意識しました。
限定的な超能力を得た少年と少女たちが「自分たちに出来る範囲の人助け」をするために奔走していく姿、楽しんでいただければと思います。
最近はどの本も初速が大事ですので、どうか前もって書店ないしwebの本屋さんなどでどうぞご予約、お買い上げの程を、どうかどうか、よろしくお願いいたします。
書店で、こういう表紙か、背表紙を目当てにどうぞお探し下さい。
それでは、また!

ポッドキャスト第五回、更新しました。

今回は私が去年から導入した新しい手法「箱書き」についてです。
この三冊は今回のお話で私が話していることの背景と、「今」の小説家事情と「個人の小説作成の手法の模索」の手がかりになると思います。

で、今回の資料として使われた「エルフでビキニでマシンガン!」の箱書きはこちらです。(一人称/三人称)とかあるのは当初の予定では一人称と三人称を織り交ぜて書く構想もあったためですね。