というわけで保健所でもらえるセラムングッズを貰ってきました

このところ、仕事ばかりでご報告することもないんで、どうしたものかと思ってたんですが、保健所で性感染症の検査をするとセラムングッズがもらえるよ、という話が聞こえて来まして。
セーラームーンといえば「月に変わってお仕置きよ!」という三石琴乃さんのあの声が最も多くのテレビに鳴り響いた最初の作品。
私個人は主人公よりもセーラージュピター木野まことのほうが漢気のある健気キャラで好きでしたが。そういえば実写版も可愛かったなあ。
考えてみればあの作品もエヴァ以前に開始されているので見ていた子供たちがこういう検査を真剣に考える年齢…………どころか「目に留めて自分の娘たちに検査を薦めやすくなる」効果が狙えるような時代ってことなんでしょうね。
日本以外にも輸出され、アジア圏でも絶大な人気を誇りましたし、ジェンダーフリーの象徴としてヨーロッパの一部では取り上げられるぐらいですしね。
唯一アメリカだけヒットしなかったことになってるそうですが、実際は違うとか何とか……まあそこはさておき。
とはいえ「えー? でも検査ってお高いんでしょう? 病院でレントゲン撮るだけでもン千円するしー」と思っていたら、今や性感染症の検査というのは無料らしく。

実を言うと20代のころ、興味本位で受けたことがありましたが(冒頭、検査が有料だと思ってたのはその時の記憶ではいくらか必要だったと記憶していたため)、それ以来なので、システムやらデータも変わってるんだろうなあと。プラス、最近まで書いていた物に深く関わる場所でもあるんで、ちょっと行ってきました。
といっても個人情報の関わることなんで予約して、二日待たされてのことでしたが。
そういうことから無縁になって久しいんで(と言わせてください……)、当然のごとく検査結果は陰性、感染症はありません、とのこと。

で、お話を職員のかたに聞くと、保健所で断言出来るのは「陰性」だけで、「陽性である」とはっきり診断を下すのはやはり病院に献体を回して一週間ぐらいかかるとのこと。
どうしてなんですか、と訊ねるとどうやら新世代(第四世代)の試薬というのが敏感に判定するところがあって、HIVでなくとも反応することがあるそうで、実際私が検査を受けた保健所でも数例、「実は違いました」ということがあったそうです。

色々誤解や偏見の多いのが性感染症、しかも初期に手を打てば悪化を食い止められる場合も多いので、もっと多くのかたが受けに来るといいんですが、という感じのお話しをしていただきました。

実際、検査結果を待つ一時間、待合のソファの上であらぬ妄想が広がりそうになって自分で自分の考える「可能性の未来」に恐れおののいておりました。
この恐怖の根源がどこから来るか、というと、それは「他の人とは決定的に違ってしまう」という自分自身の持つ性行為感染症に対する偏見の鏡映しなのだなあ、と反省しております。

で、いただいたセラムングッズというのはこれ。

img_4075

 

 

 
とっても可愛いパッケージのコンドームという(笑)

使い道は当分なさそうなんで(涙)、知り合いの冗談の分かるオタクの友人に送ろうかと思っています

とりあえず「恋愛と性交渉ってのはファンタジーだから後腐れないんであって、現実は妊娠とか結婚とか以前にこういう部分もあるんだよなあ」と実感した一日でございました。