電子書籍版「エルフでビキニでマシンガン!」発売記念掌編・その3

エルフでビキニでマシンガン!外伝「若き女王の旅立ち」後編

はかりごとは密を持って成すべし。
ここに誰かを呼んでも学者たちは好奇心から、大臣たちは常識に反しすぎることから混乱して無限の言い争いを始めることは眼に見えていた。
女王は決断し、判断する職務であり、地位だ。
「…………決断せねば」
彼女は呟いた。
「この世界をもっと観察したい、できますか?」
『はい我が主』
声は滑らかに答えた。
『私に残された跳躍用エネルギーはあと一回分しかございません。周到に世界をお選び下さい。他を見ますか?』
「ええ」
彼女が頷くと、風景が変わった。
今度はぐっと親しみのある、石と土でできた建物、北方のソグディアナの風景として見たことがある丸屋根や、ここよりもっと南方にある国の瓦ぶきに似た屋根が続き、大きな箱のようなものがゆっくりと移動する中、前よりもずっと少ない人数……それでも彼女の国の王都にかつて溢れていた人の数よりも多い……が歩いていく。
先ほどの「馬なし馬車」らしきものが通っていくがこの風景の物は車輪がこの世界の馬車のように大きく、細い。
「ここは?」
『先ほどの風景から約100年ほど前です』
しばらくその風景を見つめ、女王はこの世界は馴染みやすいが、今自分が欲しているものは手に入れられない、と判断した。
それから後、「門」は三回ほど別の世界を見せてくれたが時代が遡るばかりだった。
「一番最初の場所の、更に未来にはいけないの?」
『残念ながらそれを行うにはエネルギーが不足しております』
「四つから選べ、ということね」
『そういうことになります、我が主。力不足をお許し下さい』
「……どれくらい選ぶ時間はあるの?」
『選択状態では殆どエネルギーを消費しません』
「………同じ世界の、違う場所を見ることはできる?」
『はい』
そしてその日から、彼女は表向きは「これまでの激務で体調を崩した」ということにして自室に引きこもることにし、実際は抜け道からこの地下の「門」へ毎日やって来ては「行く先」を観察した。(完結編に続く)