電子書籍版「エルフでビキニでマシンガン!」発売記念掌編・その1

 

エルフでビキニでマシンガン!外伝「若き女王の旅立ち」前編

国中の男子が全て死ぬという「大呪詛」から数年、王と男の王族亡き後、小さな国の独立を外交手腕でなんとか守りぬいたテ=キサスの女王が病に倒れ、あっという間に亡くなられて半年、王女……いや、戴冠式をつい二ヶ月前に終えたのでもはや女王と呼ぶべきか……の姿はこの一週間、王宮からも、バルコニーからも見られなくなった。

彼女はどこにいるのか。

地下にいた。

この国の王宮の歴史は長い。保存魔法のお陰もあって建物自体が千年。その下に広がる空間は数千年の長きにわたって保存されているという。
その一室に彼女は閉じこもっていた。

この国には男子がもういない。

それはこの剣と魔法が支配する世界において、「滅び」の道を真っ直ぐに歩き始めたということに他ならない。
幸い、その後生まれた赤ん坊たちは四歳になる今まで死ぬことも無く育っている。
これはこの国にかけられた呪詛の影響が消えたのか、それとも……という話があったが、昨日、この呪詛の効果範囲の外にいたドワーフの男が、宿屋の女将と「深い仲」になるまでは存命だったことから「変質」したということは分かっている。
だとしたら、数年もしないうちに呪詛そのものが消え去るかも知れない。
若き女王は焦燥を微笑みに押し隠し、大呪詛がこの地にもたらされてからずっと打つ手を城の図書館と古老たちの話の中に求めた。
この年若いエルフの少女が賢明だったのは「過去」のみならず「現在」にも目を向けていたということだ。
あくまでも「過去」の伝説や秘宝は、国民の心を安んじさせる手助けになるだろう、と考えたのである。
彼女はそうやって過去の伝説や記録に「救い」を求めながら、同時に外交政策をテキパキとこなし、「男の居なくなったこの国」に対する諸外国の「保護」という名の支配をなんとか避けてきた。
それが変わったのは十日前。王宮の地下に収蔵された品の目録と、図書室にある書物の一文が一致したからである。
「異世界門」
この世界ではない、どこか別の世界に人を送り出し、この世界で三日。別の世界では半年の間そこに居る事ができるうえ、その世界の物を結界をおいた範囲内で持ち帰れる、というものだ。
嘘か誠か、これまで二回、この王国の危機を彼女の先祖はこの門を通じて入手したもので救ったと書物には記録されていた。
ひとつは空を飛ぶ翼。
もうひとつは地上を恐ろしい速さで、馬なしで疾走し、鎧すら貫く魔法の矢をはじき返し、古竜すら撃ち倒す火球を魔法なしで発射する馬車。
どれも王国の危機を逆転させ、その後に壊れて(あるいは壊されて)廃棄されたという。
信じがたいが事実だろう、と今現在、若き女王は考えてる。
なぜなら、今目の前にその宝物があるからだ。
発見したのは四日前。
その巨大な門に彼女が手を触れると、全て精緻に加工された金属の組み合わせで出来たものが青白く輝き、滑らかな女性の声で何事かを告げた。
言葉の意味が判らず、彼女が翻訳魔法を自分にかけると、やがて言葉の意味が判った。
「ようこそ我が主、このシステムゲートへようこそ。移動先は現在運任せ(アト・ランダム)の状態です。移動先を選びますか?……繰り返します」
と、あとは同じことを繰り返した。
彼女は息を呑むほどに驚いた。
エルフの女王たるもの、魔法の扱いはしっているし、彼女自身も魔法を使える。
だから断言出来る。
この門は魔法で作動していない。

(続く)

Kindle版発売中!