アイタタタ

お久しぶりです。「これから二日おきぐらいで」…………といいつつ、舌の根も乾かぬウチで申し訳無い。

実は手術を受けまして。

5年ぐらい前、ひどく体調を崩したことがありました。
その時に左腰にニキビみたいなものがありまして。最初は「潰してよく絞ればもう出てこないだろう」と思ってぷちっとやったんですが、それから暫く、体調を崩すとそれができては熱を持ち、潰しを繰り返しまして。
二年ぐらい前から、痛くもなにもない固まりみたいなものになりました。
ああ、これが粉瘤ってやつかもしれないなあ、と思いつつ親族の入院やら手術やら仕事やらに追われて、痛みもなにもないそれに関しては放置しておりました。
ところが最近軽いヘルニアをやらかしまして、腰が痛むとその粉瘤が触ってる感じがするんですよね。
で、色々調べると粉瘤ってのは放っておくと大きくなるし、ごくたまにタチの悪いものもあるということなので、やっぱり切除した方がいいと判りました。

というわけで先々週の下旬、思い立ったが吉日で、近所の皮膚科に行ってきたわけです。

「直径二センチ以下だから、見た目通りなら五分ぐらいの手術でちゃちゃっと終わるよ」
「日帰りですか?」
「粉瘤の手術で泊まりがけになることは滅多にないよ」
「お幾らでしょう?」
「一万以上はしないと思うよ」
「ではお願いします」

ということでやってみたんですが、このとき気づくべきでした。
お医者さんが「見た目通りなら」と言ってた事に。

手術台にうつぶせになって、麻酔して、ザクザクと斬り裂かれる音を背中に聞いていたら、
「ああ、こりゃあ大きいわ-」
とお医者さんの声。
「え?」
「悪いけど神野さん、これ1時間コースね」
「ぎゃー」

ざくざくざくざく、自分の肉が切られる音を皮膚から聞きつつ、「もしも間違って腰の神経とかと繋がってたらどうしよう」とかの妄想に囚われつつ、一時間後「はい、綺麗に取れたよ」ということであとは針で縫われました。

合計五針。

で、手術後その「粉瘤」を見せて貰いましたが、ア・バオア・クーの一段目が吹き飛んだみたいな形のしろもので、親指2本分ぐらいの体積がありました。

術後は良好で、粉瘤の細胞検査も無事「ただの粉瘤でしたよ」ということで安堵した次第です。

こういうものは熱を持っては破れ、浸食してまた膨らんで熱を持っては、を繰り返すらしいんで、もっと早く取ってればここまで、と思いましたが、まあ無事に取れたのでよしということで。

ちなみに細胞検査代を含めても費用は八千円、ただ10日間~半月の通院が必要でこれが大抵一回500円ですからまあ、1万ちょいとということになります。