エルフでビキニでマシンガン!特別読み切り短篇「鬼神キリノ・御年七歳」

%e9%ac%bc%e7%a5%9e%e3%82%ad%e3%83%aa%e3%83%8e2

 

 

 

 

 

 

「お祖父ちゃんはロシアンマフィア」

キリノがその言葉を聞いたのは確か4歳のころ。アメリカ政府と連動した証人保護プログラムに日本が署名したばかりで、現場が不慣れで不祥事が続出していた時期。
二週間しないうちに彼女の家…………当時は大きなアパートだったが…………の玄関に「マフィアは出て行け」という落書きがなされた。
キリノが始めて「マフィア」という言葉の意味を知ったのもその時だ。
犯罪者、悪い人たちの集団。
祖父は巌のような、滅多に表情を動かさない人だったが、キリノには優しい。
そして初めて祖父はキリノに涙を見せた。
抱きしめて、「すまない、すまない」と繰り返した。
その時から疑問がキリノの胸の中に芽生えた。
お祖父ちゃんがマフィアだから何だというのだろう。
こんなに優しいのに。
そして父は祖父がマフィアであることを悔いて告発証言をして命を狙われている偉い人なのだと教えてくれた。
翌日、政府の役人が来てぺこぺこと祖父と父母に頭をさげ、キリノは引っ越しになった。
次は5歳の秋。
小学校の学芸会で、担任に「もうしわけないけどあなたは欠席してくれないかしら」と頼まれたときだ。
「だって、あなたのお祖父さんはマフィアでしょう? そういう怖い人が来て貰っては困るの」
キリノは弁が立つ少女ではない、でも一生懸命祖父がいい人であることや、前非を悔いて証言した「元」マフィアなのだと訴えた。
だが、担任教師は困ったような笑みを浮かべ同じ言葉を繰り返した。
彼女は何一つ、自分の話を聞いてくれていなかった――――瞬間、キリノは「敵」と認識した大人を殴り、教師は自分の生徒に頬を張られて呆然とした。
父も母も、叱らなかった。祖父はまた抱きしめてくれた――――また転校。
次の学校では秘密は厳守されたが、キリノは頑なな少女になっていた。
ある日。家に帰ると祖父が珍しく笑っていた。
痩せぎすのちょっと怖い風貌に見える老人が相手だった。
「ああ、君がキリノちゃんか」
だが笑うと優しい笑顔で、キリノは少し心を許した。何しろ祖父が笑みを浮かべる人なのだから大丈夫だろうというのもある。
「あんたの爺さんとは今日知り合った、これからもよろしくな、あと……あっちに俺の孫がいる、よろしく頼まぁ」
伝法な口調でそういうと、老人は呵々大笑した。
ひょいと首を巡らせると、隣の部屋で所在なげに少年がひとり、たたずんでいる。
「や、やあ」
にっこりと少年は微笑んだ。脅えているのではなく、戸惑っているのが気配で分かる。
「…………」
暫くじっと少年を見つめ、
「私のお祖父ちゃんはマフィアよ」
とキリノは言った。
「知ってる。お祖父ちゃんの友達でしょ?」
と少年は言い、手を伸ばした。
「よろしくね」
キリノは少し驚いたが、それが顔に出たかどうかは判らない。
そして、おずおずと、手を握りしめた。
少年の手は、柔らかかった。
二年後、彼はまたもや正体が周囲に判明した少女が、それまで励んでいた剣道の大会に出られなくなったとき、憤慨して職員室に怒鳴り込むのだが、そんなことが想像できないぐらい、優しい感触だった。

だから、キリノはその日のことを忘れない。

 

「鬼神キリノ御年七歳」終

 

「エルフでビキニでマシンガン!」特別イラスト!

「エルフでビキニでマシンガン!」のイラストを描いていただいているbob先生から、なんと、描き降ろしのイラストを頂きました!

以下のリンクから飛べます。大きい画像はpixivでどうぞ!

 

日焼け、背中のさりげない筋肉の浮き上がり具合、脇乳!素晴らしいです!

続刊決まったら絶対このシーンを本編に入れます!

bob先生、本当にありがとうございます!

 

「エルフでビキニでマシンガン!」制作資料のお話

幸いにも、「エルフでビキニでマシンガン!」皆様に好評を持って迎えられているようで、Twitterなどでも「買いました」報告やご感想などが来ていてとても有り難く、嬉しいです。

ありがとうございます。

「エルフでビキニでマシンガン!」は阿呆な話をどこまで真面目にバックグラウンドを構築して、どれだけ馬鹿なものをその上にてんこ盛りできるか、というのが非常に大事なものだと思いました。
で、もうひとつ大事なのは「この世界には美男美女(あるいは渋いオッちゃんと妖艶な美女)しかいない」というところをどう徹底させるか、ということでありました。
特に種族で言えば「ドワーフ」は長年「ひげが生えるのが普通」とか「男女の区別が付かないぐらい厳つい顔と姿」とかいう設定がまかり通ってて、「それは違うだろ」とずーっと思ってました(数少ない例外としてグループSNE版のハイパートンネル&トロールズにて北沢慶先生が設定した「ドワーフの細工師が多種族から見ても見事な女神像を作るのは彼らの女性が他の種族同様に美しいからであり、ドワーフは同族の女性を守る為に髭などを着けさせてそのことを隠している、というものぐらいでしょうか)。
ですので、bobさんにもそのことが伝わるよう、そして「先輩」が憧れる「勇者の戦装束」や、普段耳慣れない衣装「チャップス」がどういう物なのか、そして一転して露出の少ない彼女の普段着や彼女の「引き締まってるけど筋骨隆々ではないプロポーション」などを伝えるためアホみたいにwebで拾った資料をお送りしました。
その一部がこれです。
%e3%82%a8%e3%83%ab%e3%83%95%e3%81%a7%e3%83%93%e3%82%ad%e3%83%8b%e3%81%a7

 

 

 

こんな資料を大量に送り付けられたbob先生も大変だったと思いますが、その甲斐はあったということは、すでに本を手に取られた方はご存知の筈です。

bob先生、ありがとうございました。

というわけですので皆様どうぞ「エルフでビキニでマシンガン!」お買い上げの程を!

「エルフでビキニでマシンガン!」発売中です!

そういうわけで、新作「エルフでビキニでマシンガン!」
ついに書店で発売開始です。地方は多少遅れますがもう少しお待ちください!
そんなわけで恒例のPVを作りました!
まだお買い上げ間だの方は是非! なお電子書籍版は来月の配信開始となります!もう少しだけお待ちください!

 

「エルフでビキニでマシンガン!」試し読みできます!

お疲れ様です、いよいよ今週末から発売が始まります新作「エルフでビキニでマシンガン!」の試し読みが、MFさんのページで出来る様になりました。

この文字をクリックして頂ければリンクに飛びます!

早い所では23日金曜日からの発売ですので、どうぞよろしくお願いいたします!

中華なチキンで超合金

知り合いが新しい玩具を購入したので開封してもらいました。

新興メーカーの海外商品なので、私も注文しているのですが、新しいところはときおり「‥‥‥」な商品もあるので(それをつかむのもまた海外通販のだいご味ではありますが)、怖いもの見たさ&ダメならだめでちと覚悟したくてお願いした次第。

箱。思ったよりがっしりした作りで、海外輸送に耐えるためのクッションもみっしり。

img_3254

 

 

 

両手(翼?)と本体は分離してますがひっかけるようにして装着します。
鶏ボディはこのように分割スライド。腕は一度装着すると引き出して回転、というのがすごく楽です。

img_3279

 

 

 

鶏ボディはそのまま引っこ抜いてメカむき出しにもできます。
翼(?)部分は左右と前後にスライド稼働して内蔵している砲塔をむき出しにすることが可能。

%e7%84%a1%e9%a1%8c

 

 

 

塗りもしっかりしていて、可動もスムース、お値段も送料込みで1万弱というお値打ち価格でした。
こういうセンスが好きな方はぜひ。
なお友人は「ムーンベース」さんという通販サイトで入手しました。興味のある方は検索してみてください。

それではまた。

「エルフでビキニでマシンガン!」表紙公開!

そういうわけで正式に「エルフでビキニでマシンガン!」が公開されました!

CrlG76KVYAELymA

 

 

 

 

 

 

とまあこのようにbobさんの素晴らしい絵で、トコトンまでの馬鹿な素材を使った贅沢極まる表紙となっております。
ちなみにこれまでフィギュアを使って再現していた奴と比べてみましょう。

image

 

 

 

 

 

 

ね? やっぱり本物のほうが比べものにならないレベルですばらしいでしょう?

お話は天涯孤独の身の上になった主人公が、放課後にしか何故か会えない「先輩」の武器密輸に関わったところ、何故か流れ流れて異世界テ=キサスへ。
そしてそこで自ら武器を取って戦うことになるんですが、その世界では女性が男性と同じ様に戦う為に「ビキニ」を身につけると神のご加護が得られるといううルールがあって……という頭の悪いお話です。
明るく楽しく脳天気に、ということで頑張っております、どうぞお楽しみにー!

アイタタタ

お久しぶりです。「これから二日おきぐらいで」…………といいつつ、舌の根も乾かぬウチで申し訳無い。

実は手術を受けまして。

5年ぐらい前、ひどく体調を崩したことがありました。
その時に左腰にニキビみたいなものがありまして。最初は「潰してよく絞ればもう出てこないだろう」と思ってぷちっとやったんですが、それから暫く、体調を崩すとそれができては熱を持ち、潰しを繰り返しまして。
二年ぐらい前から、痛くもなにもない固まりみたいなものになりました。
ああ、これが粉瘤ってやつかもしれないなあ、と思いつつ親族の入院やら手術やら仕事やらに追われて、痛みもなにもないそれに関しては放置しておりました。
ところが最近軽いヘルニアをやらかしまして、腰が痛むとその粉瘤が触ってる感じがするんですよね。
で、色々調べると粉瘤ってのは放っておくと大きくなるし、ごくたまにタチの悪いものもあるということなので、やっぱり切除した方がいいと判りました。

というわけで先々週の下旬、思い立ったが吉日で、近所の皮膚科に行ってきたわけです。

「直径二センチ以下だから、見た目通りなら五分ぐらいの手術でちゃちゃっと終わるよ」
「日帰りですか?」
「粉瘤の手術で泊まりがけになることは滅多にないよ」
「お幾らでしょう?」
「一万以上はしないと思うよ」
「ではお願いします」

ということでやってみたんですが、このとき気づくべきでした。
お医者さんが「見た目通りなら」と言ってた事に。

手術台にうつぶせになって、麻酔して、ザクザクと斬り裂かれる音を背中に聞いていたら、
「ああ、こりゃあ大きいわ-」
とお医者さんの声。
「え?」
「悪いけど神野さん、これ1時間コースね」
「ぎゃー」

ざくざくざくざく、自分の肉が切られる音を皮膚から聞きつつ、「もしも間違って腰の神経とかと繋がってたらどうしよう」とかの妄想に囚われつつ、一時間後「はい、綺麗に取れたよ」ということであとは針で縫われました。

合計五針。

で、手術後その「粉瘤」を見せて貰いましたが、ア・バオア・クーの一段目が吹き飛んだみたいな形のしろもので、親指2本分ぐらいの体積がありました。

術後は良好で、粉瘤の細胞検査も無事「ただの粉瘤でしたよ」ということで安堵した次第です。

こういうものは熱を持っては破れ、浸食してまた膨らんで熱を持っては、を繰り返すらしいんで、もっと早く取ってればここまで、と思いましたが、まあ無事に取れたのでよしということで。

ちなみに細胞検査代を含めても費用は八千円、ただ10日間~半月の通院が必要でこれが大抵一回500円ですからまあ、1万ちょいとということになります。