私は好きな作品でしたが

とある作品に関して「自分には合わない」「こう見えた」という所見を述べただけで集中放火して土下座の上に謝罪させ、あげく色々と追い打ちをかけるでは飽き足らず、「こっちは良い批評、こっちは悪い批評」と消した画像を勝手にアップして使ってるのを見て絶句しました。

確かにその感想や所見に穴や欠点はあるかもしれませんが、個人の感想です。
面白い、と思うのと同じぐらい「つまらない」と感じる人もいるわけで。

「殴られるような原因を持っていたり隙を見せる奴が悪い」というのでは無頼漢の理屈と同じです。

ネットの不可抗力により、瞬間最大風速でそうなったとしても、本人が謝罪して意見を取り下げた後も、勝手にスクリーンショットなどを使って揶揄したり再炎上させる理由にはならないと思うのです。

それは完全にいじめっ子の論理、無頼漢の所行というやつで。
風評によって被害の出る作品の作者、もしくはスタッフやキャストが文句を言いにいくなら判りますが、ファンがやるのは筋違いだと思います。

この状況も記録され、記憶され、後で火が収まった時に反芻されるわけで……自分自身のことも自重せにゃとは思いますが、この状況は悲しい。

これはもう作品を褒め称えたいんじゃなくて信者じゃないものをあぶり出して嬲り殺しにしてるのに等しい。
これでは駄目だと思うのですが……?