観てきましたよシン・ゴジラ

CoiYfhaUkAACqYv

 

正直に言えば予告の段階までは眉に唾をつけておりました。

でも朝イチで観に行った庵野監督嫌いの知り合いが「いいよ!」というメッセージを一つ出したので、大慌てで行ってみました。
いやぁ面白かった!
楽しかった!
次はどうなるんだろう、どうなるんだろう? とワクワクしながら観られました。

ずっと思っていた「ファンやマニアだけじゃなくて、洋画も邦画もドラマも観る一般のお客さん相手に作品を作って欲しい」という願いが叶った、という感じです。

特撮マニアとかじゃなくて、普通に一般人に「ちょっと難しく感じるかも知れないけど面白いよ!」と薦められる映画になりました。
そして、アメリカでは絶対に作れない映画でもあります。

Twitterでも言いましたが「褒めるにせよ、けなすにせよ、是非劇場の大スクリーンで観るべき』映画だと言えます。
これ以上は全部ネタバレになるので止めておきますが、有名ライターのマフィア梶田さんが非常に美味しい役を貰っているのと、高橋一生さん、市川実日子さん、髙良健吾さんがメインキャストの中ではかなり光ってて、津田寛治さんが押さえ役として美味く機能してちゃんと「チーム」に見えました。

あとここぞとというところでかかる音楽の選曲とか、ラストのあのクローズアップで映る物は余計だった、と後で言われるかも知れませんがそういう所を全部引いたとしても最後までエキサイティングな映画でしたよ!