今後の予定まとめ

今のところ確定しているのは7月15日にカドカワのNOVEL ZEROというレーベルから「リラム~密偵の無輪者~」という作品が出ると言うこと。


魔法使いと神が去った世界で、国も宗教も王という言葉も消え、経済圏がその代わりになり、魔法の「ような」技術で作られた特殊な計算装置で世の中の8割以上のことが決められた世界。その中にある小さな経済圏を守る為に、サムライと呼ばれる戦闘職の最高位に上り詰める実力を持っていた青年が「軍隊無き戦争」をしかけるというお話。
10年以上離れていた異世界ファンタジーものなので、世界観地図、および舞台になる場所の地図まで作ることとなりました。もちろんシロウトの作者が作った物では無く、ちゃんとしたデザイナーさんの手でクリンナップされたものが冒頭に収録されますのでご覧下さい。
絵は西E田さん。
これまでのNOVEL ZEROと違い、表紙(というより帯部分)のみではなく、口絵もあるそうで、今から楽しみです。
小さいですが、これがメインキャラクター三人の素案です。

IMG_1714

 

 

 

 

そしてMF文庫Jで秋口に出る予定なのが「エルフでビキニでマシンガン!(仮)」という作品。異世界のエルフが銃火器類他をこちらの世界から密輸して……というお話。

権謀術策渦巻く「リラム」と違い、脳天気で明るい作品にしてあります。
こちらもまた地図を書きおこしました。
この作品も挿絵はかなりの実力派をお願いしてあるので、確定いたしましたらまたここでお知らせを。

で、今現在進行して秒読み段階なのが「南国戦隊シュレイオー」の続編で完結編の「ダマスカス・ハート」上下巻の電子書籍版。
これまで同様マイナビさんのレーベル「楽ノベ文庫」内「神野オキナシリーズ」での刊行となります。


今だから明かすと「ダマスカス鋼」という何種類もの鋼を重ね、混ざり合わせることで美しい紋様を描く素材がありまして、これを使った刃物を「ダマスカスブレード」と呼ぶワケですが、この作品では色々なキャラクターたちの思いが錯綜し、重なり合うイメージで「ダマスカス・ハート」と名付けました。
表紙絵は電子書籍版「シュレイオー」1巻に引き続き、田沼雄一郎さん。
今回は躍動感のあるジャケットに仕上がっているのでどうぞお楽しみに。

K3400140
K3400140

 

 

K3400001
K3400001

 

 

 

 

このほかにも年内には「謀略師(仮)」というファンタジーものや、現代を舞台にした追跡ものの企画を動かしております。

また紙の本が絶版状態にある諸作品も電子化を進めておりますので、こちらも近いうちに発表出来れば、と思っております。

あとまあ、ここではまだ発表出来ない諸処の仕事もアリマシテ、有り難い事にまだまだドタバタと仕事をしていられそうです。

どうぞ皆さん、よろしくお願いいたします!