たまにはTwitterネタを

PCでご覧になれば判るとおり、ウチのホームページは左に私のTwitterが表示されております。
で、そこで先輩作家の皆川ゆか先生がやっていた「あなたのツイートで桃太郎を書いてみました」というのが結構面白かったのでご紹介。

神野オキナの結果

 昔々ある所に神野とクリスティが住んでいました。
神野は沖縄へラブホしに、クリスティは福山へアメコミしに行きました。
クリスティが福山でアメコミをしていると、マンガマンガと、大きな実写化が流れてきました。
クリスティは良い土産ができたと喜び、それを拾い上げて家に持ち帰りました。
そして、神野とクリスティが実写化を食べようとすると、なんと中から元気の良いアベンジャーズが飛び出してきました。
「これはきっと、神様からの授かり物にちがいない」
アベンジャーズのなかった神野とクリスティは大喜びし、実写化から生まれたアベンジャーズをダッシュエックス文庫太郎と名付けました。
ダッシュエックス文庫太郎はスクスク育ち、やがて強い世界史になりました。

そしてある日、ダッシュエックス文庫太郎が言いました。
「ぼく、日本版島へ行って、悪い日本版を退治してくるよ」
クリスティに冒険活劇を作ってもらった彼は日本版島へ出発しました。
ダッシュエックス文庫太郎は旅の途中でドイルに出会いました。
「ダッシュエックス文庫太郎さん、どちらへ行くのですか?」
「日本版島へ、日本版退治に行くんだ」
「それではお腰に付けた冒険活劇を1つ下さいな。お供しますよ」
ドイルは冒険活劇をもらい、ダッシュエックス文庫太郎のお供になりました。
そして今度はサトウサンペイに出会いました。
「ダッシュエックス文庫太郎さん、どこへ行くのですか?」
「日本版島へ、日本版退治に行くんだ」
「それではお腰に付けた冒険活劇を1つ下さいな。お供しましょう」
そして今度は円楽に出会いました。
「ダッシュエックス文庫太郎さん、どこへ行くのですか?」
「日本版島へ、日本版退治に行くんだ」
「それではお腰に付けた冒険活劇を1つ下さいな。お供します」
こうして仲間を手に入れたダッシュエックス文庫太郎はついに日本版島へ到着しました。

日本版島では日本版たちが近くの村から奪ってきた宝物や御馳走を並べて「イコライザーの宴」をしていました。
「よし、かかれ!」
ドイルは日本版に噛み付き、サトウサンペイは日本版をひっかき、円楽は日本版を突きました。
そしてダッシュエックス文庫太郎もまらをふり回して大暴れしました。
すると、とうとう日本版の親分が泣きながら降参を宣言しました。
ダッシュエックス文庫太郎とドイルとサトウサンペイと円楽は日本版から取り上げたイコライザーを持って家に帰りました。
そしてダッシュエックス文庫太郎たちはイコライザーのおかげで幸せに暮らしましたとさ。

めでたしめでたし。

http://appli-maker.jp/analytic_apps/36978/results/107852416

こういうのは元になる文章の書き方がかなりこなれてないと実は出来ないものなんで、作った人は凄いなあと思います、ええ。