小山田いく先生逝去

……ボンバー弾→プラレス三四郎、すくらっぷブック、るんるんカンパニーが連載されてた頃のチャンピオンはピーター葉夢の連載されていた少年キングと並んで小~中学校までの人生の支えだったなぁ、と溜息交じりに思い出します。

ボンバー弾やプラレス三四郎は完成度の高さもあって純粋に「楽しみ」でしたし、こういうものが作れたらいいなあ、という「憧れ」で………またそれは語る機会もあるので今回は「すくらっぷブック」の話。

「星のローカス」や「ウッドノート」などは他に語る人もいるでしょうし、相応しい人もいるでしょうが、この作品に関してはそういうのを乗り越えて語りたいので、言葉足らずはお許しください。

「すくらっぷ・ブック」はリアルタイム読者だったころを振り返る今となっては、私にとって「親しみのある、ささやかな希望」だったと思います。

小学校六年間、ひどい目に遭いっぱなしだった私は、中学に入ればこんなクソみたいな状況は終わるんだ、と信じてボロボロになるまで単行本を読みながら歯を食いしばっていたのです。

中学になったらもっと大人で、わかり合える人たちに会えるのだと信じていました(それは愚かな小学生なりの自己防衛だったんでしょう)。

私事でありますが、世間様とはともかく、中学入学の最初の週にすくらっぷ・ブックの最終回掲載号が発売されて(当時の沖縄は二週間~三週間遅れ)、そこからさらに辛い三年間が始まったのは、自分の中で凄く象徴的でして。実際、中学になってもそれは小学校に居た連中が上に上がるだけで急速に大人だらけになるわけではなく、私はさらにつらい三年間を過ごすことになります。

それとは別に物作りのなかで、理想の学園ものの指針のひとつは間違いなく「すくらっぷ・ブック」でした。恐らく、他の猛烈に苦い部分のある小山田作品じゃなかったのは、この作品が唯一「ほろ苦い所もある甘い物語」だったからでしょうか。

キャラクターたちも大好きでした。

雅一郎とマッキーのキャラは間違いなく後のいちかとチャイカ、矢真科ユリネに影響を与えてますし、カナちゃんは双葉アオイに、塗り壁電卓ことイチノと、そのサッカー仲間(あとを受けて始まった『ぶるぅピーター』の主役)との関係は「疾走れ、撃て!」の主人公・田神理宇とその親友、三隅裕也の関係描写の根底にみず谷なおき先生の「人類ネコ科」と共にあります。

だから「あそびにいくヨ!」で騎央たちは映像研究会に所属し、みな映画を撮るわけです……出来れば最後に(16巻から17巻の間ぐらいに)彼らの「カッシーニ間隙」を撮らせてやりたかったですが……。

そして晴ボンは間違いなく嘉和騎央と田神理宇のキャラクター造形の根底に存在している「善なるもの」の基本モデルです。

そこに「中学生でも超人的な大活躍をしていいんだ」という笹本祐一先生の「妖精作戦」がくっついたものがベースになって、今の私の作品群があるのは間違いなく。

そして先日発売された「疾走れ、撃て!」は小山田先生の「ぶるぅ・ピーター」を意識した集団劇をやろうとしたものです。

ラストの場面は「ぶるぅ・ピーター」と「すくらっぷ・ブック」の最終回からインスパイアされたシチュエーションでした。

大きなものを、いっぱいいただきました。

小山田先生、どうぞ、安らかにお休みください。

本日発売です!

reute12「疾走れ、撃て!」最終12巻、いよいよ本日発売です。

元々はギャグで、書き始めた当初は「平々凡々の少年がまわりの少女たちに振り回されながら、泥まみれになって頑張る軍隊もの」だった作品が一巻の後半で「選ばれたくなかった英雄」物語に転じて8年近く。

何も可も手探りで始め、進めた作品でしたが、「あそびにいくヨ!」とは違う方向性で作りがいのある作品でした。

最後まで気を抜かずに頑張りました。

良い作品が描けたと思います。どうぞお楽しみください!

神罰と復讐者

NetflixのデアデビルS2にとうとうパニッシャーさんが登場
さすがにこれまで作られた3本の劇場版の誰でも無いのは寂しいですが、アベンジャーズな方々と違って、マイナーな、単なる殺人者で復讐者なキャラはネット専用ということもあってかなり尖っております。

これまでのようにバカスカ撃ちまくるだけじゃなく、武器を奪った南米系マフィアを半殺しにしたうえで精肉所のフックに全員引っかけて放置殺害というのっけから飛ばしまくり。

基本、下町人情キャラとどうしようもない人の屑が横行するデアデビル世界で完全に異彩を放っております。
何しろ出会うマフィアからバイカーギャングから基本皆殺し。
遠くから大口径ライフル、近くで拳銃、あちこちに銃を隠していて、お話の中で初めて顔が見えた次の数秒後にはデアデビルの頭を撃ち抜くという格好良さ。

「マスクと子供のパジャマみたいな格好で街を駆け回る、それで家に帰ったらマスクを取ってたぶんこう思う『あんなことをしたのは俺じゃない、他の誰かだ』ってな。でも兵士はマスクなんかつけない、したくても許されない」

と鎖で縛り上げたデアデビルに向かって言い捨て、
「あんたが街でやることは何の役にも立たない判ってたか?」
「お前は役に立っているのか?」
「関係ない。俺は必要だからやってるだけだ」
「よく言うよ、お前ひとりだけじゃないんだぞ、誰を亡くした? 愛する人間だったのか? それは可哀想にでも誰かを失ったからって、こんなことをする必要は無い」
「失ったことでこうなる奴もいるってことさ」
「お前は本当に惨めだよ」
「そうだろうな……俺たちを癒やすものなんかないんだよ、俺たちを満たし、使命を与えるものもな。俺の霧は思いも寄らぬ時に晴れた」

もう冬の兵士というか、完全に原作の「止めようのない復讐者」キャラ立ちまくり。
映画にあった「実はいい人」描写が殆どなく、役者さんの演技も含めて乾ききったキャラなのが凄い。
S1は完全にキングピン役の人の演技力に悪党の側のドラマがおんぶに抱っこだったんですが、ここへ来てパニッシャーのキャラクターを上手く使って灰色の世界を描いております。

DVD出ないかなぁ。

いよいよ今週末発売です!

reute12「疾走れ、撃て!」最終12巻、いよいよ今週末発売です。
長いと言えば長い、短いと言えば短いあっという間の12巻と8年でした。
皆様、本当にありがとうございました。
彼らに相応しく、読者の皆さんのご期待に添える、良い最終回になったと思います。

今回部数が少ないので紙の本の入手は予約なされることをお薦めいたします!

では何卒紫神小隊のラストをお見届け下さい!

 

 

コントのような夜

とりあえず深夜近く、仕事が予定通りの進捗を見せたんで、もうひとがんばりする前に、と行き付けのお店にコーヒーを飲みに行こうとスクーターに乗ったのがことの始まり。

ほけっとそこに腰掛けて、美味しいアイスコーヒーを飲み、サア帰ろう、としたらこの数ヶ月あまり会えなかった知人に出会って色々とお話。楽しいうちに二時間近く画過ぎて、さあ、そろそろお勘定、と思ったら財布を忘れた愉快な磯野家長女状態なのに気づいて真っ青。
知らなかった行きはともかく、帰りに乗ったら免許不携帯。
さてどうしましょうと思っていたら一緒にお喋りしていた別の常連さんが車で送って下さることに。
有り難く家に帰り、領収書を整理するついでに机の上に置いたままになってた財布を回収、タクシーでとって返してお店の前に止めさせて貰っていたスクーターを回収、家に帰ってひと息ついて、さて寝ようかと思ったらジャンパーのファスナーが壊れて降りない。
四苦八苦して結局ハサミでファスナー周囲の布を上下に切断……で、気がつけば外は明るく……というわけでして。

こういうデキの悪いコントみたいな日もあるんですねえ。

明日はいい日になりますように。

3/11

5年前のこの日から、日本におけるTwitterを筆頭としたSNSはそれまでの「裏庭のお座敷芸用の小さなステージ」から「拡散装置」に変化したと思います。
同時に私個人は自分が大した人間では無い、大臣でも現場指揮官でもない民間人だと痛感するようになった日々の始まりでもありました。

亡くなられた方々に黙祷。

被害に遭われた方と地域が早く良い方向へ物事が向かいますように。

疾走れ、撃て!12巻PVを作りました

疾走れ、撃て!最終巻である12巻のPVを作りました。
今回、音楽を知りあいのDJ、ヘントナー大佐さんにお願いしました。
センス良く見えたらそれはRefeiaさん、守月史貴さんの絵と、ヘントナーさんの音楽のお陰です。

ヘントナーさん、本当にありがとうございました!

 

疾走れ、撃て! 最終巻の書影がでました

そんなわけで「疾走れ、撃て!」最終12巻の書影が無事に出ました。

reute12

 

 

 

 

最初はブラックなギャグものとして企画され、それが紆余曲折してこういうコメディともシリアスともつかない不思議な作品となりました。
それがさらに8年の長きにわたって皆さんに支えて頂けたのは本当に喜びです。

紫神小隊最後の戦い、どうぞお楽しみに!

MF文庫公式サイト

パシフィック・リム地上波放送の翌日に思うこと

パシフィック・リム地上波初放送のあと、色々思ったことをつらつら書いてみたんですが、思ったよりも長文になってしまったのでこちらに移しました。

例によって例のごとく、読み終わってお気に召したら、という方式なのでお気軽にどうぞー。

 

パシフィック・リム地上波放送の翌日に思うこと