仕事してたり考え込んだり

新規立ち上げというのは何にしても大変ですが、小説も同じです。

何しろキャラクターたちも世界観もお初なので、まず馴染まないといけない…………というかよく知らないといけない。
もちろんキャラクターのプロフィールや世界観設定書はちゃんと作り込むわけですが、それでも実作となるとなかなかこれが難しい。

動かして見るとどうもこのキャラクターが嘘をついているように見えたり、キャラ同士の絡みが上滑ってたり。
大抵そういうときはキャラクターに間違った行動をさせている=掘り下げと把握が十分ではない、ということになります。
中には少々世間の規範にズレたキャラもいるので、あまりキャラに沿いすぎると今度はストーリーが進まなくなったり別の方向に行ったり。

面白くなってきたと判るときはいいんですが、迷いながら書いていると作者の迷いがそのままお話に出てしまうので、この辺をどうすりあわせるか、その前に書いていた小説のキャラクターと同じ様な扱い(行動)をさせないかが鍵なのでしょう。

ともあれ、準備万端とはなかなか行かないものです、はい。