沖縄に雪はふるか?

拙作のアニメ版「あそびにいくヨ!」の最終回では軌道エレベーターの先端部分が地球に降下するさいの放射冷却で沖縄に雪が降るという、とても綺麗なラストを用意して貰いました(原作では静かに、音も無く地上に軌道エレベーターが下りていくところで該当する巻は終わっております)が、実を言いますと沖縄にも雪が降った記録はありますし、私も一度「らしきもの」を見たことがあります。

歴史的に記録されている(気象観測以前)のものとしては1774年久米島でみぞれまじりの雪が、1816年に伊平屋島で、1845年に本島では北谷で雪の記録があるそうです。

最新記録では1977年、公式には久米島で雪が降ったことになっていて、同年、本当内でも気象記録されていないだけでいくつかのところで「霰が降った」話があります。

実を言うと私も77年に霰は見ました。
当時小学2年生。
ただ積もるほどでは無くパラパラと音がしたと思って校庭に出たら、学校の生徒達数名が傘を逆さにして振ってきた霰を集めていた、という風景を覚えております。

明日がどうも気温が七度まで下がるということで、しかもこのところ雨模様、本気で雪が降るんじゃ無いかと期待する半面、お年寄りとかの体調が心配でなりません。

皆様もどうぞお身体には気をつけて……。