そういえば亡くなられてもう7年以上なんですね

森繁久彌、というともう今の20代の方は知らないかたのほうが多いでしょうね。
「もののけ姫」で暴走する山の神を演じた人です…………といってももうこれも二十年前以上ですが。
日本の芸能史による位置づけで言えば、第二次大戦後最大の喜劇役者(コメディアン)で、元祖マルチタレントと言うべきでしょうか。
舞台俳優でコメディも達者で、趣味人で、絵描きで、日本初のカラーアニメにおける「声優」で、エッセイストで、トーク番組を持っていた人で、何よりも「お笑いから入って徐々にシリアスな芝居の役者にシフトしていって、でも時折コメディの芝居も出来る人になる」という出世パターンを最初に行った人でも有ります。
「寅さん」こと渥美清が生涯の目標として掲げ、タモリもまた物真似のレパートリーに森繁久彌を持って居るぐらい(しかもまだ若い頃に「三男三女婿一匹」という下町の個人病院を舞台に下ドラマで共演、嫌味でセコい事務長役だったのが、最終回では私財をなげうって森繁久彌の病院を救い、その理由が…………という儲け役までしている縁があります)。

で、長いことその自伝はベストセラーだったのですが近年めっきり増刷がなく、読もうとしても高いプレミアが付いてたりしたんですが最近、Kindleになりまして。

さっそく購入してみました。

断片的にはこれまであちこちで目にしてきたのですが、通しで読むのは初めてです。

のっけから第二次大戦末期の新京ウイグル自治区のあたり、ソ連参戦でいよいよどん尻になってきて、色々あってうっかり進行してきたソ連兵の数名を「出迎え」るハメになってしまった森繁久彌(当時20代末)がノテノテと、いつ殺気に満ちたソ連兵に「マンダリン」の愛称で知られるPPSH短機関銃で蜂の巣にされるかと怯えながら彼らを新京にあるNHKの建物に案内するところから始まるというのがまた上手い。

普通の芸能人の自伝では自分の生まれから克明に書いていくのが常ですが、あっさり自分の人生の中で一番の危機(そしてそれまでの自分と決別した新天地のこと)から始めるということはなかなか出来ません。

そして当時の新京や、戦争に負けた後の様々な悲劇と、その中で出てくる笑えない喜劇的風景に自分の新京における生活を活写しながら……という。

時代の趨勢もあって、今読むと「なんでこう書くのか?」と思う部分もありますが、それは当時の歴史資料と照らし会わせるとよく分かると思います。

文体も歯切れ良く、朗読に力を注いでいた人らしいテンポなので、是非興味が出たらご一読を。

あら可愛い

昨日こういう商品が世に出たのでさっそく予約をかけました。

このサイズだとねんどろいど関係のアイテムが流用できるので、来たらウチのアシストロイドと絡ませてまた写真漫画もどきを作ろうと楽しみにしつつ、お仕事に励んでおります、はい。

仕事してたり考え込んだり

新規立ち上げというのは何にしても大変ですが、小説も同じです。

何しろキャラクターたちも世界観もお初なので、まず馴染まないといけない…………というかよく知らないといけない。
もちろんキャラクターのプロフィールや世界観設定書はちゃんと作り込むわけですが、それでも実作となるとなかなかこれが難しい。

動かして見るとどうもこのキャラクターが嘘をついているように見えたり、キャラ同士の絡みが上滑ってたり。
大抵そういうときはキャラクターに間違った行動をさせている=掘り下げと把握が十分ではない、ということになります。
中には少々世間の規範にズレたキャラもいるので、あまりキャラに沿いすぎると今度はストーリーが進まなくなったり別の方向に行ったり。

面白くなってきたと判るときはいいんですが、迷いながら書いていると作者の迷いがそのままお話に出てしまうので、この辺をどうすりあわせるか、その前に書いていた小説のキャラクターと同じ様な扱い(行動)をさせないかが鍵なのでしょう。

ともあれ、準備万端とはなかなか行かないものです、はい。

雪とは遠い夏の話

数日間が開いてしまいましたが、それぐらい寒かったです。

結論から言うと皆様ご存知の通り、沖縄に「雪」に分類されるものは降りました。
那覇でも霰が降ってきたところがあるそうですが、残念ながらその時間、私は睡魔に負けて眠っていたので確認出来ておりません(涙)。

さてそれとは真逆、今から30年以上昔の夏の思い出話を数回に分けて書くことにしました。

1981年:夏のお話その1

その2までは挙げてありますがそれ以後は当時の東京のラテ欄が必要&本筋の仕事を優先しなければならいので少々遅れます、申し訳無いですが……

沖縄に雪はふるか?

拙作のアニメ版「あそびにいくヨ!」の最終回では軌道エレベーターの先端部分が地球に降下するさいの放射冷却で沖縄に雪が降るという、とても綺麗なラストを用意して貰いました(原作では静かに、音も無く地上に軌道エレベーターが下りていくところで該当する巻は終わっております)が、実を言いますと沖縄にも雪が降った記録はありますし、私も一度「らしきもの」を見たことがあります。

歴史的に記録されている(気象観測以前)のものとしては1774年久米島でみぞれまじりの雪が、1816年に伊平屋島で、1845年に本島では北谷で雪の記録があるそうです。

最新記録では1977年、公式には久米島で雪が降ったことになっていて、同年、本当内でも気象記録されていないだけでいくつかのところで「霰が降った」話があります。

実を言うと私も77年に霰は見ました。
当時小学2年生。
ただ積もるほどでは無くパラパラと音がしたと思って校庭に出たら、学校の生徒達数名が傘を逆さにして振ってきた霰を集めていた、という風景を覚えております。

明日がどうも気温が七度まで下がるということで、しかもこのところ雨模様、本気で雪が降るんじゃ無いかと期待する半面、お年寄りとかの体調が心配でなりません。

皆様もどうぞお身体には気をつけて……。

 

今、新作を書いております

表記の通り新作の準備をしております。
ファンタジー物です。
少なくとも今手がけているのはちと変わった外交系をやりましょうということで、あれこれしてます(久々にファンタジー世界の地図と単語表を作ってます)。
主人公のキャラとか、少々アダルト方向に振ってて、今まであまり主役にしなかったようなタイプなので四苦八苦してますけれども、それはそれとして。
今一番苦労しているのは「言葉」です。
例えば「犬」と出てきた時それは本当に私たちの世界に居る「犬」と同じなのか、とか、「戦士」「騎士」というのは世界の前提条件が変われば呼び名も変わるはずだけど役割は一緒、さてこれは新しい言葉を作るべきなのか。
武器にしても「両手大剣」と書いて「ブロードソード」とルビを振るべきか、それとも振らないか、造語を作るべきか。
この辺「どうでもいい」といえばいいところですが、書いてる最中は結構決断するまで迷う部分であります。
「あそびにいくヨ!」ではすでに異星人がいる世界なので「ドレイクの方程式」は成り立たないということで騎央に異星人と出会う確率は……という話をさせたら「間違っている、ドレイクの方程式では……」と理解してくれなかったこともあり、「加減」を考えながら作業しております。

とはいえ、基本娯楽が最優先なので、そのフレーバーのレベルがお話を阻害しないように、と努力しております。

発表時期が来ましたらまた。

 

気前が良くて二枚目で

中村梅之助さんが1月18日に亡くなられていたという報道が昨日(1/20)出ました。
享年85。

父親が好きな役者さんで、子供の頃、初めてぱっと画面に移った姿を見たときは丸顔で愛嬌のある顔立ちの人なので、「二枚目」というと里見浩太朗とかの細面の固定イメージがあった私には、この人は三枚目なのかしら、と思っていたら仕草や口調でなるほどこれは「いい男」なのだ、と納得したのを覚えています。

主題歌では「気前が良くて二枚目でちょいとやくざな遠山桜」と歌われてましたが、あまり「やくざ」な部分はなく、スマートで粋でいなせな遠山様でした(後の伝七捕物帖で一人二役で出てきたときは唖然としましたが、これもまた後述するお客=視聴者の喜ぶ事を、という意志の表れでしょう)。

必殺シリーズの妙な影響を受けてしまった達磨大介はともかく、やっぱり金さんと伝七親分は永遠キャスティングでしょうね。

数年前「伝七捕物帖」の再放送をCSでやるときにインタビューを受け、「ヨヨイヨイヨヨヨイ、ヨヨヨイヨイ、めでてぇな!」がどうして出来たか、という話になったとき

「遠山の金さんは『これにて一件落着!』でお客さん(視聴者)を現実に戻すけど、岡っ引きの伝七は何がいい? ということでオヤジ(中村翫右衛門)が四谷怪談の蝙蝠安のしぐさから思いついたんだけどね、あれがウケすぎちゃって、蝙蝠安を舞台でやってるとクスクス笑われるって文句が来たよ」

と笑い、劇中で伝七親分が使う鎖術の免許皆伝を持っていることに関しても「まあ、テレビで鎖術を広めてくれたと言うことで、研修は受けましたけれども名誉勲章みたいなものなんですよ」と謙遜した姿が印象的でした。
そしてもう一つ、ドスの利いたナレーションも魅力的で、仕事人以後の必殺がOPだけは今でも好きなのは梅之助さんと芥川さんのナレーションの力が大きいです。

「遠山の金さん捕物帖」では親父さんの中村翫右衛門さんがセミレギュラーみたいな小悪党の坊主役で出ていて、楽しそうに親子掛け合いをしてらっしゃいましたが、後年NHKの「真田太平記」では今度は家康を演じる梅之助さんと、息子の梅雀さんが秀忠を演じていて、個人的にはTBSの「関ヶ原」の森繁久彌に並ぶ家康、だと思っております(これは気弱で不出来なことを自覚してコンプレックスになっている鬱屈した秀忠を演じた梅雀さんの力でもありますが)。

それにしてももうひとつの代表作「花神」が総集編をのぞき、再び全話揃わないまま逝かれてしまったのは残念です。これを期に全て揃うことがあればよいのですが……。

黙祷。

立ち仕事中間報告1

 

さすがに上のような専用机は購入してませんが、立ち仕事を開始して判ったこと。

ノートPCにテキストエディタの文字を画面一杯に表示されるようにしたので(通常は文字数を一行四十文字表示でやってもフォントの大きさは12Pぐらいなので画面の3分の1ぐらいなのを、24Pなどにあげて、文字数同じでフルスクリーン作業にした)、ワープロ時代のノリを設定。
これがノートの画面の大きさ(15インチ)だと眼が泳がなくて済むので最適だと判明(デスクトップのモニタは20インチなので、これをやると疲れてくるとゲシュタルト崩壊が起きて文章が逆に理解出来なくなる)。

で、立って仕事をすると確かに集中力が上がった気がするので通常より進む感じ。
特に「書くしか無い」という感じになるので、ひたすら書き続けて一度形を出してから編集というやり方には(自分にとって)最適かも知れない。

また座ったママと違い、疲れてきたらPCの前を離れてベッドに横になるようにしたので、作業自体にもメリハリがついた感じ。

問題なのは軽いヘルニア持ちなので、ちょっと座骨神経痛が出てしまい、昨日一昨日と整体とマッサージのお世話にならざるをえなくなったということと、文章や展開の構成などの変更…………すなわち物語の編集作業には座ってやったほうが楽だと言うことが判明。

とりあえず今日はその構造の変更に1日を費やしましたが、小説で一番キッツイ、「0を1にする」、すなわちあらすじから第1稿を作ることを短縮というか一気にやるには一番最適な手法かも、と思っております。

明日から再び立ち仕事。これからは毎日腰の柔軟体操を欠かさないようにして腰をケアして頑張ります。

しかしこれから寒くなるんだよなあ……。

あくまのれしぴ

ヌテラという悪魔の食い物がありまして。

ココアスプレッドの一種なのですがこれがまあ、甘党なら無限連鎖するぐらい美味しい。
ですが単価が高いんですよね、日本だと。
750gで1300円前後します。

で、実はこれが「溶けないチョコレート」だよなあと思った辺りからあれこれ試してみたんですが、どうやら明治のミルクチョコレート(板チョコ)を二枚と同じ分量より少し多めのココナッツオイルを湯煎して混ぜ合わせ続けると「よく似た何か」が出来上がることが判明しました。

ポイントはなるべく細かくチョコを砕く&ココナッツオイルから先に温めておくことと、湯煎の容器に耐熱素材のガラス瓶を使ってそのまま入れ物にしてしまうことでしょうか。

大体30分ぐらいかき混ぜたら蓋は開けた状態で室温で放置、一時間ぐらいしたら冷蔵庫に入れてもうちょっと冷やしたら、あとは必要に応じて30分ほど室温で放置すると指はもちろん、食パンの切れっ端ですくえるぐらい柔らかいチョコスプレッドになります。

ココナッツの風味が苦手でなければお薦めですが、まあカロリーも相当なものになるとおもわれるので、常備はしないほうがよさそうです……

沖縄は急に雨が降り出しました

この数日の雨のお陰で気温が14度(体感的には10度以下)ぐらいまで下がっているので肩や腰に来て往生しております。

でも頑張って今日も立って仕事しますです。

NCISニューオリンズやクリミナル・マインドのS9など、レンタルで借りてきた作品やCSの録画作品などを毎日一本は見ながら頑張るですよ。