悩むもの

さて、作家商売ともなればいまや切っても切れないのがPC。
そしてこの10年ほど、その配置や位置に悩まされる代物でもあります。

私の場合SONYと富士通、二社のワープロ時代(※80年代まで日本人は文章を打つのにはワープロという「機械」を使っていました)を経て、最初に所有したのがAppleのパワーブック100(友人のお下がりの中古品)、その次がiMac(2代目)だったので画面の位置は固定されていたのですが、仕事の都合でWindowsになって以来、モニタの位置は悩みどころであります。
椅子に深く腰掛けて背筋を伸ばし、真っ直ぐ見た視線のチョイ下ぐらいの位置がいい、というのが一般的でしたが、その「チョイ下」と机と椅子の関係がなかなか微妙でして、ベストポジションは未だに探せないで居ます。

20代の頃は執筆姿勢なんかよりも速度と勢いが問題だと思っていたので気にもしませんでしたが、腰やら肩やらがこの数年悲鳴をあげるようになってきました。

私の場合、特に集中するに従って背中が丸まってくる癖があるんで、ストレートネックの疑いがあると言われてからはなるべく背筋を伸ばして椅子に深く座って、を心がけているのですけれども、肘掛けの位置やら、机の高さやら、なかなか「これ」という位置が見つからぬまま、忙しくなるとまた姿勢が崩れて……というパターンの繰り返しでして。

問題なのは近年になると、腰や肩だけじゃなくて、眼と頭に……正確には眼精疲労から来るヒドイ頭痛が起こるようになってきたということ。

最初は脳神経の病気じゃ無いかと恐れおののいてかかりつけのお医者さんのところに飛びこみました(笑)

最近も一度ありました。目が覚める頃になるとずきずきと頭が痛み出し、こめかみ……というか側頭部全体がつっぱらかってる様な感覚。

眼精疲労から来るとは判っていても素人の判断は怖いので一応眼科に行って調べて貰い、それからいつものマッサージ屋さんにいって首と肩をほぐして貰って今はだいぶ楽になりましたが。

今度はどうやらモニタの位置が高すぎたようで。

結局あれこれ考えましたが、世間一般で言われてる「ギリギリの低さ」にすることにしました。

いっそ立ったまま仕事をするようにしたほうがいいのかもしれませんが、仕事が佳境に入ってくると体力も減ってくるんで、なかなか上手くいかないのですね。

バックアップのノートPCの置いてある机にはホームセンターで購入したすのこと踏み台で作った専用の嵩あげ台があるので立ち仕事はそちらでやれるようにしていますが…ともあれ、仕事をするにも健康でなければならないので、気をつけます、ハイ。