最近見てるドラマの話

最近、海外ドラマのNCIS(本家)が第1シーズンから放送されているので、録画して時間が空いたときに見ております。
同じく海外ドラマの「クリミナル・マインド」は仲良し家族、CSIは優しい顧問に率いられた部活の雰囲気ですが、NCISは「頑固親父とその家族」という風なのが興味深いです。

私が最初に見たのはしっかりしてきた第3シーズン以後なので、ディノッゾ捜査官がこんなにウザい磯野カツオ系キャラだとは(笑)
いやあ、パワハラセクハラやりまくりで、よくギプスが後頭部をはたくだけで済ませてるなあ、と思いますねえ。

しかもFOX版吹き替え版だとダッキーことデヴィッド・マッカラムの声が亡くなられた納谷六郎さんなんで、感慨もひとしおです。

で第2シーズンの第7話「追憶の硫黄島」では「親友を殺してしまった」と出頭してきた硫黄島の生き残り(ややボケ気味な上にアル中気味)の英雄、アーネスト・ヨスト伍長の声が川久保潔さんで、「キャプテン・フューチャー」のサイモン教授として最初にこの方の声を認識した身としては、当時同じ番組でいかにもな若者ケン・スコットを演じた井上和彦さん演じる普段部下にも厳しいギブスが「歴戦の勇士」として伍長に優しく対応する姿にちょっと感慨を覚えたり。

最近だと「ニューオリンズ」という分家が始まって、そっちに「今の」CSIメンバーが出てきますが、なんかタイムマシンにのって未来を覗いているような気分ですね。

そしてマクギーの声の会一太郎さんがかつての三遊亭楽太郎、当代の円楽師匠の息子さんでご自身も落語家と声優の二足のわらじを履いてらっしゃるとは。

吹き替え版はDlife版も含めて四シーズン分しかないらしいですが、これを期に最新シーズンまでやって欲しいなあ。